Skip to main content
ニューメキシコ州のアルバカーキ国際バルーンフィエスタ

ニューメキシコ州でアメリカを感じる素晴らしい体験を楽しみましょう

文化、自然美、アクティビティにあふれた場所を探検しませんか

アルバカーキの世界的に名高い熱気球の祭典、魅惑的な砂丘、砂漠にそびえ立つ驚異の奇岩にいたるまで、ニューメキシコ州はもっと知りたいという気持ちにさせてくれる旅先です。

ニューメキシコ州サンタフェに建つアッシジの聖フランシス大聖堂

青い空と太陽

アルバカーキの年間晴天日数は 310 日にのぼり、青い空と太陽が楽しめます。ですから、このニューメキシコ州最大の都市が「世界の熱気球の都」であっても何ら不思議はありません。10 月第 1 週には、アルバカーキ国際バルーンフィエスタ(Albuquerque International Balloon Fiesta)が開催され、数百という熱気球が空を舞います。この時期に訪れるのが難しくても大丈夫。アルバカーキには 300 人以上の熱気球乗りが住んでいるので、1 年中いつでも見るチャンスがあります。アンダーソン・アブルッツォ・アルバカーキ国際気球博物館(Anderson-Abruzzo Albuquerque International Balloon Museum)を訪問するのもよいでしょう。レインボウライダーズ(Rainbow Ryders)なら、熱気球に実際に乗ることもできます。

熱気球を堪能したら、ザ・スプラウティング・キッチン(The Sprouting Kitchen)で 1 日を過ごしましょう。ここでは自然と触れ合ったり、料理を学んだり。農場で採れたばかりの食材を使った料理を友人とシェアするのもよいでしょう。次は車で 1 時間ほど行ったところにあるサンタフェへ向かい、アート好きにはたまらない夢のような 1 日を過ごします。有名なインタラクティブ・アート・スペース、ミャオウルフ(Meow Wolf)で異空間に入り込みましょう。ジョージア・オキーフ美術館(Georgia O’Keefe Museum)や現代アートのSITE サンタフェ(SITE Santa Fe)もおすすめです。

ニューメキシコ州サンタフェの山腹に建ち並ぶプエブロ様式の邸宅

文化に親しみましょう

ニューメキシコ州には 23 ものアメリカ先住民族が住んでおり、アルバカーキはこの地域の部族の遺産や文化を学ぶのに絶好の拠点です。インディアン・プエブロ・文化センター(Indian Pueblo Cultural Center)で、ニューメキシコ州のプエブロ族について学びましょう。ここには博物館のほかに、レストラン、プエブロハーベスト(Pueblo Harvest)があります。このレストランでは、伝統的なプエブロの味と現代的な料理を組み合わせた新しいアメリカンインディアン料理が食べられます。「天空都市」の名で知られるアコマプエブロ(Acoma Pueblo)では、より深く先住民の文化に触れることができます。現在まで居住する集落としては北アメリカ最古であると考えられており、その歴史は西暦 15 年にまで遡ります。

ニューメキシコ州サンフアンのナバホネイションで砂漠平原にそびえ立つシップロック

自然の驚異

ニューメキシコ州では、アメリカでも有数の美しい自然の景観を見ることができます。まずはサンフアン郡へ。ここには高さ 482 メートルの翼のような形状の岩石シップロック(Shiprock)があります。ナバホネイションの管理下にあり、ナバホ族の歴史と宗教にとって重要な意味を持つ場所です。次は、ニューメキシコ州の名高いホワイトサンズ国定記念物(White Sands National Monument)を見に、トゥラロサ盆地へ行ってみましょう。砂漠に覆われた 700 平方キロメートルの大地は、ぎらぎらと光る砂丘が波打つ、世界最大の石こうの砂丘地帯となっていて、是非見ておきたい驚異的な光景です。

現地のおすすめリスト