Skip to main content
  • ユタ州ザイオン国立公園のキャニオン・オーバールック・トレイルの夕景
    詳細を表示

    ザイオン国立公園:赤岩に囲まれて星空観察

  • ユタ州ブライスキャニオン国立公園近郊のレッドキャニオンを通る、シーニックバイウェイ 12 のトンネル
    詳細を表示

    ブライスキャニオン国立公園で天体観測ツアー

  • ユタ州キャピトルリーフ国立公園のヒックマンブリッジの夜空
    詳細を表示

    シーニック・キャピトル・リーフ国立公園で星空観察

  • ユタ州ソルト・レイク・シティのテンプルスクエアの夕暮れ
    詳細を表示

    山あいの州都ソルト・レイク・シティを満喫

ユタ州キャピトルリーフ国立公園の岩石層「月の神殿」の夜空
詳細を表示
Royce Bair MMXIV

ユタ州の星空観察ツアー:フードゥーから天の川まで

提供 Zaida Rios

  • 経路の距離:
    672.00
  • おすすめの旅行期間:
    1 ~ 2 週間

ユタ州の美しい国立公園に出かけて、日帰りの絶景ハイキングや星がいっぱいの素敵な夜を 1 週間分お楽しみください。

忘れられないような美しい風景の中を車で旅して、目の前に広がる見事な地形をご覧ください。自然光が降り注ぐユタ州南部の国立公園には、フードゥーと呼ばれる超自然的な岩柱、洞窟の多い峡谷、砂岩の風景を横切って橋のように伸びる赤茶色の岩石層など、畏怖の念を感じさせる光景があります。でも、ひとたび太陽が沈むと、暗い空が驚くべき星空の舞台となるのです。飛行機でネバダ州ラスベガスのマッカラン国際空港(LAS)に入り、レンタカーでザイオン国立公園(Zion National Park)まで 2 時間半ドライブします。

01
ユタ州ザイオン国立公園のキャニオン・オーバールック・トレイルの夕景
詳細を表示
David Swindler

ザイオン国立公園:赤岩に囲まれて星空観察

車でユタ州南西部に入ったら、ザイオン国立公園から旅が始まります。まるで別世界のような風景の中に、細長い峡谷、赤岩の累層や崖などが現れ、これ以上写真映えするシーンはないと言えましょう。ここでは、歴史あるザイオン国立公園ロッジ(Zion National Park Lodge)に 1 泊か 2 泊してみてください。内装は素朴ですが、設備は 100 %モダンです。

観光は全長 3.5 キロメートルの舗装された遊歩道、リバーサイドウォーク(Riverside Walk)での軽いハイキングから始めましょう。バージン川の穏やかなせせらぎが、最高のバックグラウンドミュージックです。息をのむような洞窟や、絵のように美しい橋を通る人気のエメラルド・プール・トレイル(Emerald Pools trail)は、ぜひとも歩いてみたい遊歩道。このトレイルは、低部、中央部、上部のトレイルに分かれていますが、後の 2 つはやや難易度が高くなっています。ハイキングの穴場スポットは、全長 5 キロメートルのゆるやかなウォッチマントレイル(Watchman Trail)。ここからザイオンや近くのスプリングデールの町を見晴らすことができます。美しい景色とドライブを組み合わせるには、地元のアウトドア専門店でロードバイクや電動自転車をレンタルするのがおすすめです。それから公園のシャトルバスに乗ってザイオン・キャニオン・ロード(Zion Canyon Road)の頂上まで行き、自転車でビジターセンターまで戻ります。

夜間は気温が低くなるので、ジャケットをお持ちください。ザイオンは 24 時間年中無休でオープンしているので、うっとりするような星空観察も楽しめます。星座や惑星の位置を調べるため、参照用にモバイルアプリをダウンロードしておきましょう。天の川の壮大な眺めは、人類史博物館(Human History Museum)のパティオからも見ることができます。ここからはバージニア州の岩壁が織りなすタワーズ(Towers)も見渡せます。このほか、コロブキャニオン展望台(Kolob Canyons Viewpoint)も絶好の展望スポットで、コロブ・キャニオン・シーニック・ドライブ(Kolob Canyon Scenic Drive)沿いに見晴らし台が複数あります。天空の光が赤岩の尖塔を照らすと、あたりはますます荘厳な雰囲気に包まれることでしょう。また、チェッカーボードメサ(Checkerboard Mesa)も星座を見つけるのに最適な場所で、イースト・エントランス・レンジャー・ステーション(East Entrance Ranger Station)の近くにあるので便利です。

136 km
2時間/車で
02
ユタ州ブライスキャニオン国立公園近郊のレッドキャニオンを通る、シーニックバイウェイ 12 のトンネル
詳細を表示
Steve Greenwood

ブライスキャニオン国立公園で天体観測ツアー

ロードトリップ中であれば、峡谷を通る景色の良いルートに嬉しくなるはず。この後たどるコースは、途中にフードゥーの写真を撮れるフォトスポットがあり、ザイオン・マウント・カーメル・ハイウェイとトンネル沿いの絶景も楽しめる、ブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)への最速ルートです。公園に着いたら、真っ先にクイーンズ・ガーデン・トレイル(Queens Garden Trail)へ向かいましょう。単独でも、ナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)の一部としても利用できる 3 キロメートルのハイキングコースです。比較的楽なトレッキングで、峡谷の崖付近の最高の眺めを堪能できます。ポンデローサ松の森に囲まれた、フェアリーランドキャニオン(Fairyland Canyon)の谷底に立つフードゥーや粘土塚を見渡せるのです。クイーンズガーデン(Queens Garden)は細長く浸食された岩の尖塔が半円状をなしている場所で、オレンジ、ピンク、ブラウン、イエローといったさまざまな色が尽きることなく花を咲かせています。また、ブライス・キャニオン・アンフィシアター(Bryce Canyon Amphitheater)のはずれのサンセットポイント(Sunset Point)から始まり、100 メートル以上も下ってフードゥーやヒッコリー松の中に続くナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)も、ぜひ歩いてみたいコースです。この 2.2 キロメートルの環状トレイルは人気があるため、早めに到着することをおすすめします。

この日の宿泊施設としては、国定歴史建造物のブライス・キャニオン・ロッジ(Bryce Canyon Lodge)が申し分ありませんが、眠りにつく時間はどうぞ早すぎないように。春、夏、秋には、アメリカ屈指の歴史を誇る天文学プログラムのレンジャーにより、星空観察セッションが開催されます。ブライスキャニオン国立公園は国際ダークスカイ公園(Dark Sky Park)に認定されていて、夜には 7,000 以上の星を観測できます。ここで見る天の川の巨大さには驚かずにいられません。木星や金星などの惑星をじっくり観測し、北斗七星やオリオン座を探しましょう。筋金入りの天体ファンの方は、毎年 6 月下旬に開催されるブライスキャニオン天文フェスティバル(Bryce Canyon Astronomy Festival)へぜひお出かけください。

189 km
2.5時間/車で
03
ユタ州キャピトルリーフ国立公園のヒックマンブリッジの夜空
詳細を表示
Ariel Solomon

シーニック・キャピトル・リーフ国立公園で星空観察

ブライスキャニオン国立公園からキャピトルリーフ国立公園(Capitol Reef National Park)への道のりは大部分が州間高速道路ですが、最後の 12 キロメートルほどは、キャピトルリーフに入る前にシーニックドライブ沿いの車窓風景を楽しめます。キャピトルリーフ国立公園は、赤と白の砂岩の崖が入り組んで岩壁を作っていることで知られ、際立ったトレイルが 2 つあります。まずは、ヒックマン・ブリッジ・トレイル(Hickman Bridge Trail)。巨大な白い砂岩のドームを背景にして側峡谷に架かる自然の橋、ヒックマンブリッジ(Hickman Bridge)までは、2 キロメートルの緩やかなハイキングコースです。40.5 メートルの橋の下をハイキングすれば、ひと味違った角度から景色を見ることができるでしょう。壮大な風景だけでなく、道中では小さな洞窟も目にします。さて次は、グースネックストレイル(Goosenecks Trail)をハイキングしてみましょう。1 キロメートル足らずと短いのですが、素晴らしいトレイルです。赤岩に沿って歩くと、グースネックス展望台(Goosenecks Overlook)にたどり着き、眼下にサルファークリーク峡谷(Sulfur Creek Canyon)の見事なパノラマを一望できます。この辺りのくねくねと蛇行する小川がグースの首に似ていることから、グースネックの名が付いたということです。

日が暮れて暗くなったら、いよいよ魔法が始まる時間です。国際ダークスカイ公園にも認定されているキャピトルリーフの漆黒の夜空は、肉眼でも天の川を見られる驚異の星空の夜を演出します。サンセット・ポイント・トレイル(Sunset Point Trail)のはずれに向かって歩くと、澄んだ夜空に何千もの星がきらめく夢のような景色が見られます。また、レンジャーが率いる星空観察ツアーに参加することもできます。旅の最終行程に向けてソルト・レイク・シティへ出発する前に、趣ある町トーリーで、ボリュームたっぷりの朝食をお楽しみください。トーリーは、ダーク・スカイ・コミュニティに認定されている町です。

347 km
3.5時間/車で
04
ユタ州ソルト・レイク・シティのテンプルスクエアの夕暮れ
詳細を表示

山あいの州都ソルト・レイク・シティを満喫

一方はウォサッチ山脈、もう一方はグレートソルト湖に面しているソルト・レイク・シティは、楽しいことが大好きなアウトドア派の街。ロードトリップを締めくくるハッピーな場所です。都会を満喫して 1 日をお過ごしください。グリーンバイク(GREENBike)に乗って、ダウンタウンの観光はいかがでしょうか。おしゃれなコーヒーハウスやショップ、レストランも数多くあります。冬には近くのパークシティで、格別のスキーが楽しめます。パークシティはユタ州のリゾートタウンで、ハリウッドのレジェンド、ロバート・レッドフォードが創設したサンダンス映画祭(Sundance Film Festival)で名高い町です。毎年 1 月に開催されるこのフェスティバルでは、インディペンデント映画の最高峰の作品が上映されます。市内から 1 時間ほど離れた所には、塩分濃度が高いことからアメリカの死海とも呼ばれるグレートソルト湖もあります。白い砂浜を散歩したり、ひと泳ぎしたりはいかがでしょう。水曜日の夜にソルト・レイク・シティに着く場合は、ユタ大学のサウスフィジックス天文台(South Physics Observatory)の天体観測会に事前申し込みをしましょう。惑星、星座、月を見つける星空観察イベントに参加できます。さて、最後のハイキングは、ユタ州自然史博物館(Natural History Museum of Utah)の近くにある、リビングルームトレイル(Living Room Trail)です。このトレイルは石が積み重なったスポットへと続いており、市街地や山々の景色を一望することができます。次に戻るまで、ユタ州の夕焼けにお別れを告げるには最高の席ではないでしょうか。ソルトレイク国際空港(SLC)を飛び立つときには、1 週間分の素晴らしい思い出を家に持ち帰れることでしょう。

さらに調べる