Skip to main content
  • ウェストバージニア州ハーパーズフェリーの歴史ある建築物と美しい景色
    詳細を表示

    ハーパーズフェリー:2 つの川が出会う歴史ある町

  • ウェストバージニア州バークレースプリングスを散策
    詳細を表示

    バークレースプリングス:ミネラル温泉を体験

  • ウェストバージニア州ルイスバーグの近くにあるグリーンブライアーリゾート
    詳細を表示

    ルイスバーグ:ラグジュアリーと文化の遺産

  • ウェストバージニア州パーカーズバーグにあるブレナーハセット島歴史公園のブレナーハセット邸
    詳細を表示

    パーカーズバーグ:興味深い歴史と伝承

  • ウェストバージニア州ホイーリングのお店でウィンドウショッピング
    詳細を表示

    ホイーリング:アパラチア山脈の文化と歴史

ウェストバージニア州カナンバレーのロードトリップ
詳細を表示

ウェストバージニア州の史跡と自然の驚異を巡る旅

提供 Zaida Rios

  • 経路の距離:
    1,070 キロメートル
  • おすすめの旅行期間:
    1 ~ 2 週間

ワシントン D.C. からほんの数時間のウェストバージニア州には、たくさんの歴史と文化が待ち受けています。

小さな町を巡って、あふれるほどの美しい景色、アウトドアアドベンチャー、歴史の宝庫を旅してみましょう。ハイキングにぴったりのトレイルやミネラル温泉、歴史ある優雅な邸宅、先史時代の遺跡に出会えます。バージニア州のダレス国際空港(IAD)から車で 1 時間ほどで、ハーパーズフェリーに到着します。

01
ウェストバージニア州ハーパーズフェリーの歴史ある建築物と美しい景色
詳細を表示

ハーパーズフェリー:2 つの川が出会う歴史ある町

旅のスタートは、ポトマック川(Potomac River)とシェナンドー川(Shenandoah River)の合流地点、美しいハーパーズフェリー国立歴史公園(Harpers Ferry National Historical Park)です。ハーパーズフェリーは、アメリカ公民権トレイル(U.S. Civil Rights Trail)沿いの有名な町であり、このトレイルには公民権運動で歴史的に重要な役割を果たした町が集まっています。公園を歩いて、南北戦争と奴隷制度廃止の鍵となった5 つの名所を巡ってみましょう。北軍兵士のための病院だったロックウッドハウス(Lockwood House)を訪ね、南北戦争のきっかけとなった奴隷制廃止運動の拠点、ジョン・ブラウンズ・フォート(John Brown’s Fort)を見学します。ハーパーズフェリーはまた、ハイキング、カヌー、カヤック、ジップラインを楽しむにも絶好のロケーション。ハイキングブーツを用意して、アパラチアン・ナショナル・シーニック・トレイル(Appalachian National Scenic Trail)のハイキングに備えましょう。まずは、ハーパーズフェリーの町にあるアパラチアン・トレイル・ビジター・センター(Appalachian Trail Visitor Center)で、トレイルマップを入手します。3 メートルの立体地図を見れば、ジョージア州からメイン州まで伸びるこの素晴らしいハイキングトレイルが、いかに広大か実感できるはず。トレイルの約 5 キロメートルは、ハーパーズフェリー国立歴史公園内にあります。そして、ぜひ挑戦していただきたいのが、メリーランド・ハイツ・トレイル(Maryland Heights Trail)内のオーバールックトレイル(Overlook Trail)。ここからは、ハーパーズフェリーの町と川の絶景が望めます。さらに、公園のロウアータウン地区とキャンプヒル地区の間には、トーマス・ジェファーソン大統領が命名したジェファーソンロック(Jefferson Rock)もありますので足を運んでみてください。お食事の時には、ハーパーズフェリーの歴史地区から徒歩圏のザ・カナル・ハウス・カフェ(The Canal House Café)で、歴史的な料理を堪能しましょう。1700 年代の由緒ある石造りの建物で、大人気のカナルバーガーや、牧草で育てられたアンガスサーロインのバーガーなど、ファーム・トゥ・プレート(農地直送)のモダンなメニューを提供しています。

77キロメートル
車で 1 時間
02
ウェストバージニア州バークレースプリングスを散策
詳細を表示

バークレースプリングス:ミネラル温泉を体験

由緒ある景勝道路、ワシントン・ヘリテージ・トレイル(Washington Heritage Trail)を北西へ 1 時間ドライブすると、歴史的な風情漂うバークレースプリングスです。さっそく、いわゆる「アメリカ初のスパ」が待つバークレースプリングス州立公園(Berkeley Springs State Park)を訪ねましょう。静けさの中で温泉に癒やされ、スパ施設を活用してリフレッシュ。もちろんこの他にも、この魅力的な小さな町には、18 世紀から人々を魅了してきた歴史的なスパがたくさんあります。そのうえ、ここでしかできないショッピングも楽しめます。ダウンタウンの中心に行ってみましょう。フロッグ・バレー・アルティザン(Frog Valley Artisans)は、地元アパラチア山脈のインスピレーションが感じられる、この地ならではの工芸品が買えるお店です。さまざまな色合いの陶器から、個性的な金属彫刻、宝石のような色を放つステンドグラスまで、手作りの宝物が豊富に見つかります。作り手のアーティストに会えることも多いので、作品の裏話を聞けるかもしれません。町を離れる前に、数十年の時をさかのぼるようなスター・ムービー・シアター(Star Movie Theatre)へ行ってみましょう。クラシックなネオン看板が輝き、週末にオープンする映画館です。地元の文化を味わえる、ちょっと面白い経験になります。ルイスバーグへ向かう途中には、小さな山の町ワーデンズビルでひと休み。ロストリバー州立公園(Lost River State Park)でクラニークロウ(Cranny Crow)の見晴らしを楽しみ、アートギャラリーやアンティークショップが入った歴史的建造物を見て歩きましょう。

370キロメートル
車で 4.5 時間
03
ウェストバージニア州ルイスバーグの近くにあるグリーンブライアーリゾート
詳細を表示

ルイスバーグ:ラグジュアリーと文化の遺産

南へ約 4 時間の所にあるルイスバーグは、グリーンブライアー川(Greenbrier River)沿いの趣ある小さな町で、川はそのルーツとしっかりと結びついています。最初に訪れるのは、アメリカのミレニアム・レガシー・トレイルのトップ 50 に選ばれているグリーンブライアー・リバー・トレイル(Greenbrier River Trail)。かつて鉄道が走っていたこの道は今、穏やかなグリーンブライアー川に沿った全長 125 キロメートルのトレイルになっています。ここでの宿泊は、アレゲーニー山脈に位置する豪華なリゾート、グリーンブライアー(The Greenbrier)がお勧めです。チャンピオンシップ・ゴルフ・コース、高級スパ施設、多彩なレストランで知られているうえ、かつて冷戦時代に使われていた極秘の核シェルターもあります。現在、建物の地下の山側に作られた実際の核シェルターを見学することができます。ブティックホテルをご希望なら、ルイスバーグのダウンタウンにあるジェネラル・ルイス・イン(General Lewis Inn)がお勧めです。高級スイートにハイエンドなアメニティを揃え、ジェファーソン・ダイニング・ルーム(Jefferson Dining Room)ではエレガントな料理を提供しています。次は特別なもの、カーネギーホール(Carnegie Hall)をご紹介しましょう。アメリカのカーネギーホールのうち、舞台芸術の会場として現在も使われているのは 4 つだけですが、その 1 つがルイスバーグにあるのです。事前にチケットを予約して音楽鑑賞はいかがですか。カーネギーホールの 3 つのギャラリーも必見です。ほかにも「アート・フロム・ザ・アッシュ(Arts from the Ashes/灰からの芸術)」という常設美術展では、カーネギーホールの歴史を知ることができます。カーネギーホールにはウェストバージニア州音楽の殿堂(West Virginia Music Hall of Fame)もあります。ロードトリップを続ける前に、グルメな人々に人気のスターダストカフェ(Stardust Café)で、エネルギーをチャージしましょう。ベスト・エバー・BLT サンドイッチは期待どおり。トラスト・ミー・サラダは食べてよかったと思わせてくれます。

304キロメートル
車で 2.83 時間
04
ウェストバージニア州パーカーズバーグにあるブレナーハセット島歴史公園のブレナーハセット邸
詳細を表示

パーカーズバーグ:興味深い歴史と伝承

歴史をさらに探求するなら、ルイスバーグから北西に 3 時間ドライブして、パーカーズバーグへ向かいましょう。先史時代の遺跡から最新の観光スポットまで、一見の価値がある町です。たとえばヘンダーソン・ホール・プランテーション(Henderson Hall Plantation)のホールを歩くと、まるで別の時間に運ばれるよう。この 29 室あるビクトリア様式の邸宅は保存状態が良く、広大な敷地と一族の墓地を含め、国家歴史登録財に登録されています。敷地内には 2,000 年以上前のものとされる先史時代の埋葬地、アデナ・インディアン・マウンド(Adena Indian Mounds)もあります。続いて、ボートで行けるオハイオ川(Ohio River)の小さな島、ブレナーハセット島歴史州立公園(Blennerhassett Island Historical State Park)を訪れてみましょう。公園では、最高にゾクゾクするゴーストツアーの出発点となる、パラディオ様式のブレナーハセット邸(Blennerhassett Mansion)をお見逃しなく。ツアーは、死に装束を着て馬に乗った死を呼ぶ幽霊「マルタウンのバンシー(Banshee of Marrtown)」や、この地に潜むという赤く光る目に巨大な翼を持つ生き物「不気味なモスマン(eerie Mothman)」の伝説などを中心にしています。地元の伝承はどれも面白いものばかりですから、あまり怖がり過ぎませんように。次の目的地は、北東に 2 時間もかからないホイーリングの山々です。

170キロメートル
車で 1.75 時間
05
ウェストバージニア州ホイーリングのお店でウィンドウショッピング
詳細を表示

ホイーリング:アパラチア山脈の文化と歴史

アパラチア山脈の丘陵地帯に位置するホイーリングは、あらゆる年齢層が楽しめる歴史ある町です。1853 年に設立されたセンターマーケット(Centre Market)を覗いてみましょう。さまざまな地元のお店が勢ぞろいしています。アンティーク、衣類、ビンテージジュエリーなど、じっくりご覧ください。伝統的なパブ料理や自家製ピザも試せます。2 つの異なるマーケットハウス、各国料理のセクションもあります。ウェストバージニア州発祥の地について詳しく知りたい方は、ルネッサンス様式の国定歴史建造物、ウェストバージニア州独立記念館(West Virginia Independence Hall)が必見です。ガイドなしのツアーで丹念に復元された内装を見学できるほか、ウェストバージニア州が南北戦争にどのような影響を与えたか詳しく説明されています。最後に、子どもたちや子どもの心を持った方へ。クルーガー・ストリート・トイ・アンド・トレイン博物館(Kruger Street Toy and Train Museum)は見逃せません。懐かしい記憶をたどりながら、レトロなおもちゃや年代物の電車を見て回りましょう。ここは楽しく活気に満ちた終点です。その後は、ペンシルバニア州ピッツバーグまで車で向かい、ピッツバーグ国際空港(PIT)から帰途につきます。

ウェストバージニア州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる