Skip to main content
  • ケンタッキーダービー博物館の体験型展示
    詳細を表示

    最初の目的地:ケンタッキー州ルイビルで行われる競馬界最大のイベント

  • ケンタッキー州レキシントンにあるキーンランド競馬場の出走ゲートの様子
    詳細を表示

    ケンタッキー州レキシントン:世界の馬の首都

  • ケンタッキー州ボーリンググリーン中心部のファウンテン・スクエア・パーク
    詳細を表示

    自動車、コンサート、そして馬車の町、ケンタッキー州ボーリンググリーン

  • ナッシュビルのベル・ミード・プランテーション
    詳細を表示

    テネシー州ナッシュビルで大邸宅などの壮麗な景色を堪能

  • テネシー州シェルビービルの農場で馬と触れ合う子供たち
    詳細を表示

    テネシー州シェルビービル:気品を湛えた馬たち

ケンタッキー州ルイビルのチャーチルダウンズで毎年 5 月の第 1 土曜日に開催されるケンタッキーダービー
詳細を表示

ケンタッキー州とテネシー州に広がるホースカントリーを巡る旅

  • 経路の距離:
    569.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    3 days

馬の文化が花開いた南東部の町を訪ねて

ケンタッキー州のブルーグラス地方とテネシー州中央部のなだらかな丘陵地帯には、競馬と馬の繁殖の伝統が深く根付いています。 ケンタッキー州で培われたサラブレッドやアメリカンサドルブレッド種の繁殖技術がテネシー州に伝わり、テネシー・ウォーキング・ホース種が生み出されました。 今日は、博物館、記念建造物、稼働中の飼育場、競馬場が点在する美しい田園地帯を巡りながら、両州の共有財産の素晴らしさに触れましょう。

01
ケンタッキーダービー博物館の体験型展示
詳細を表示
ケンタッキー州観光局

最初の目的地:ケンタッキー州ルイビルで行われる競馬界最大のイベント

ルイビル国際空港(Louisville International Airport)に降り立ったら、そうではなくシンシナティ・ノーザン・ケンタッキー国際空港(Cincinnati/Northern Kentucky International Airport)から車で数時間走ってきた場合も、鞄から蝶ネクタイと帽子を取り出しましょう。これから、かの有名なチャーチルダウンズ競馬場のお膝元に深く足を踏み入れるのですから。 この競馬場を象徴する毎年 5 月第 1 土曜日開催のケンタッキーダービーは見逃すことのできないイベントですが、ここにはオフシーズンでも見どころがたくさんあります。 1 年を通してレースが生中継されます。 4 月~ 6 月と 9 月~ 11 月は、数ドルでゴール付近の席を確保し、競馬を観戦できます。 ルイビルには、アーバン・バーボン・トレイル(Urban Bourbon Trail)、モハメド・アリ・センター(Muhammad Ali Center)、活気溢れるレストラン街もあります。 ケンタッキーダービー博物館(Kentucky Derby Museum)も見逃せません。360 度のビデオでレースを体験でき、ロボットホースに乗って騎乗シミュレーションができるほか、本物の馬の訓練風景を見ることもできます。 ダービーデイの数週間前にルイビルを訪れるのであれば、ケンタッキー・ダービー・フェスティバルに足を運び、北アメリカ最大の花火大会を見てから、東へ 125 キロのレキシントンに向かいましょう。

詳細情報
124 km
1 時間/車で
02
ケンタッキー州レキシントンにあるキーンランド競馬場の出走ゲートの様子
詳細を表示

ケンタッキー州レキシントン:世界の馬の首都

「世界の馬の首都(Horse Capital of the World)」として広く知られる町で馬の文化を探求していきましょう。レキシントンは、馬の歴史だけでなく、国際都市の雰囲気と南部の魅力も併せ持っています。 この街には、一流レストラン、地ビール醸造所、ギャラリー、ブティック、歴史的建造物もあります。 競馬産業の舞台裏を覗くために、486 ヘクタールの敷地に博物館、ショー会場、記念建造物を擁するケンタッキー・ホース・パーク(Kentucky Horse Park)に向かいましょう。ウォーキング・バーン・ツアー(Walking Barn Tour)、国際馬事博物館(International Museum of the Horse)、馬やポニーの乗馬体験、チャンピオンの殿堂(Hall of Champions)を楽しむことができます。 4 月下旬に開催されるロレックス・ケンタッキー・スリーデイ・イベント(Rolex Kentucky Three-Day Event)に合わせて旅程を組むと、馬場馬術、クロスカントリー、障害飛越競技を観戦できます。 時間に余裕があるなら、レキシントンから 1 時間ほど東へ向かい、競馬場も経営するサラブレッド競売会社のキーンランド社で 1 日過ごしてみてはいかがでしょう。 レースシーズンには、ガイド付きウォーキングツアー、パドックの実演、ジョッキーとの触れ合いを楽しむことができます。 ここで得た馬に関する知識は、2 時間ほどで到着する次の目的地ボーリンググリーンで大いに役立ちます。

245 km
3時間/車で
03
ケンタッキー州ボーリンググリーン中心部のファウンテン・スクエア・パーク
詳細を表示

自動車、コンサート、そして馬車の町、ケンタッキー州ボーリンググリーン

ボーリンググリーンの魅力的な中心街で気分を変えましょう。この町では、馬車に乗って、ギャラリー、レストラン、ショップ、ビクトリア様式の建築を巡ることができます。 7 月と 8 月の金曜日には無料の公園コンサートが開かれますので、夜まで滞在することをお勧めします。 コルベット組立工場(Corvette Assembly Plant)と国立コルベット博物館(National Corvette Museum)があるボーリンググリーンは、独特な形の馬力も生み出しています。 組立工場を見学し、「アメリカのスポーツカー」を製造している世界で唯一の場所をその目で確認してください。 ビーチ・ベンド・レースウェイ(Beech Bend Raceway)では、全米レベルのドラッグレースで轟音を耳そして体で感じることができます。敷地内にはアミューズメントパークもあり、スリル満点のジェットコースターを楽しむことができます。 存分に楽しんだら、ナッシュビルに向かい、再びホースカントリーに浸りましょう。

108 km
1 時間/車で
04
ナッシュビルのベル・ミード・プランテーション
詳細を表示

テネシー州ナッシュビルで大邸宅などの壮麗な景色を堪能

ボーリンググリーンから南へ 1 時間ほど行くと、この有名な都市があります。この街はカントリーミュージックで知られていますが、郊外も見逃すことはできません。 まず、1845 年に建てられたギリシャ復興様式の大邸宅があるベル・ミード・プランテーション(Belle Meade Plantation)を訪れましょう。 邸宅のメインホールには、アメリカ産馬として初めてイギリスのダービーで優勝したイロコイなど、前の所有者の有名なサラブレッドの絵が飾られています。 田園地帯や富豪の農場に建つ邸宅を眺めながら車で少し行くと、毎年 5 月の第 2 土曜日に開催され、25,000 人を超える観客が集まるイロコイ障害レース(Iroquois Steeplechase)の会場があります。 一休みしてから、南へ 1 時間のドライブに出かけ、シェルビービルという小さな町の大きな馬文化に触れましょう。

92 km
1 時間/車で
05
テネシー州シェルビービルの農場で馬と触れ合う子供たち
詳細を表示

テネシー州シェルビービル:気品を湛えた馬たち

テネシー・ウォーキング・ホース種とサドルブレッド種の故郷に深く踏み込むには、のどかなシェルビービルの町と、隣接するウォートレイスの保存状態の良い歴史地区を見逃すわけにはいきません。 ウォートレイスでは、テネシー・ウォーキング・ホース国立博物館(Tennessee Walking Horse National Museum)を見学し、歴史的工芸品、写真、記録などから、この 4 ビートで走るユニークな馬種の歴史を学びましょう。 9 月の労働者の日の直前に開催されるシェルビービルのテネシー・ウォーキング・ホース・ナショナル・セレブレーション(Tennessee Walking Horse National Celebration)も見逃せません。2,000 頭あまりの馬が出場する競技会が 10 日間にわたり開催されます。 続いて、シェルビービルのクリアビュー・ホース・ファームに向かい、この 60 ヘクタールの農場を歩くトレイルライドに申し込みましょう。 テネシー・ウォーキング・ホース種の馬に乗ることもできます。乗馬を楽しんだら、車で 1 時間ほどのナッシュビル国際空港(Nashville International Airport)に向かいましょう。

オフィシャル・トラベル・サウス情報

さらに調べる
ダウンタウンのガゼボで演奏するミュージシャンたち

旅行先

パデューカ

オーク・ヘイブン・リゾートのログキャビン

旅行先

セバービル