Skip to main content
  • ルイジアナ州のチャールズ湖で、新鮮な地元のエビとザリガニの食卓を囲む家族
    詳細を表示

    レイクチャールズ:素晴らしいものづくり文化

  • ルイジアナ州アレクサンドリア郊外のキサッチー・ナショナル・フォレストでカヤック
    詳細を表示

    アレクサンドリア - パインビル:歴史物語とトレイル

  • ルイジアナ州ラファイエットのストリートフェスティバルで、ライブ音楽に合わせてダンス
    詳細を表示

    ラファイエット:ケイジャン風やクレオール風の楽しみ方

  • ルイジアナ州コヴィントンにあるウォーターフロントのザ・チャイムズで楽しむ食事
    詳細を表示

    ニューオーリンズのノースショア:湖上とトレイルを楽しむ旅

ルイジアナ州ラファイエットのダウンタウンのカラフルな通り
詳細を表示

ルイジアナ州の小さな町を巡る旅:湿原とバイウェイに沿って

提供 Idoia Gkikas

  • 経路の距離:
    831.00
  • おすすめの旅行期間:
    5 日間

お祭りのような雰囲気、人を惹きつけてやまない料理で有名なルイジアナ州は多様性に富み、歴史豊かで魅力にあふれています。

大小の都市では、ケイジャンとクレオールの文化が、現代の名所や施設と調和しています。このルイジアナ州のロードトリップで、ツーリストがあまり行かない街にも足を運んで、おいしい料理、素晴らしい音楽、美しい自然、変化に富んだルイジアナ州の個性をお楽しみください。

01
ルイジアナ州のチャールズ湖で、新鮮な地元のエビとザリガニの食卓を囲む家族
詳細を表示

レイクチャールズ:素晴らしいものづくり文化

国際空港のあるテキサス州ヒューストンからわずか 2 時間、同じく国際空港のあるニューオーリンズから 3 時間半のレイクチャールズは、アートや音楽から食べ物や飲み物まで、豊かなケイジャン文化の影響がいっぱいです。お腹が空いたら、スパイシーなジャンバラヤ、ザリガニのエトゥフェ、ブーダンなどの地元料理をお試しください。それから、レイクチャールズにあるクラフトビール醸造所&スピリッツトレイル(Craft Brews and Spirits Trail)に向かい、ドリンクでごちそうを胃に収めましょう。朝はアカディアナ・コーヒー・ロースターズ(Acadian Coffee Roasters)へ。100%オーガニックのコーヒーが魅力的です。その後は、バイユーラム蒸留所(Bayou Rum Distillery)で見学や試飲をしたり、クライング・イーグル・ブルーイング・カンパニー(Crying Eagle Brewing Company)でクラフトビールを試したりはいかがでしょう。人気のビールは、ホップブラディッド IPA、レディ・トゥ・ミングルという軽めのベルギービールなど。レイクチャールズのダウンタウンを散策しながら、地元のお店にイエローフィン蒸留所(Yellowfin Distillery)が作ったウォッカがあるか探してみてください。きっと素敵なお土産になることでしょう。レイクチャールズは、ルイジアナ州のフェスティバルの都としても知られています。3 月のアイオワうさぎ祭(Iowa Rabbit Festival)、5 月のルイジアナ海賊祭、7 月のケイジャンフード&ミュージックフェスティバル(Cajun Food and Music Festival)、そして州でも最大級のマルディグラのお祭りなど、カレンダーをぜひチェックしてください。次は、アレクサンドリア - パインビル地域に向かいましょう。

159 km
1.75 時間/車で
02
ルイジアナ州アレクサンドリア郊外のキサッチー・ナショナル・フォレストでカヤック
詳細を表示

アレクサンドリア - パインビル:歴史物語とトレイル

ルイジアナ州の中心に向かって車を走らせると、目に飛び込むのは田舎町や、高くそびえるうっそうとした木々。アレクサンドリアに着くと、ダウンタウンにエレガントなホテルベントレー(Hotel Bentley)がたたずんでいます。ここは歴史上有名なホテルで、地域の歴史や芸術、文化をたどるのにぴったりの拠点です。ホテルでは、第二次世界大戦に関する興味深い展示品が見られます。アメリカ陸軍が戦争に備えた訓練行事、ルイジアナ演習を紹介するものです。1941年 に行われた演習のために、50 万人近くがルイジアナ州の中心部を通ることになり、ホテルベントレーはアメリカの軍事指導者たちが集まる場所としての機能を果たしました。ジョージ・S・パットン、ドワイト・D・アイゼンハワーをはじめとする指導者たちは、このホテルでヨーロッパの枢軸国軍と戦う計画を練ったのです。

さて、ホテルの外に出かける準備ができたら、眺めの良いアレクサンドリア・リバーフロント・センター(Alexandria Riverfront Center)に出かけて、コンサートを楽しむのはいかがでしょう。地元のアーティストの作品を鑑賞するなら、リバー・オークス・スクエア・アーツ・センター(River Oaks Square Arts Center)です。歴史ファンにおすすめなのは、ノーサップ・トレイル・バイウェイ(Northup Trail Byway)。ソロモン・ノーサップが1853 年に出版した、有名な奴隷物語『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』に関連するスポットが目白押しです。この物語は 2013 年に映画化され、アカデミー賞で「作品賞」を含む 3 つの賞を受賞しました。また、バイウェイの近くには、面積 24 万ヘクタール超のキサッチー・ナショナル・フォレスト(Kisatchie National Forest)が広がっており、ハイキング、サイクリング、バードウォッチング、キャンプ、狩猟など、アウトドアを満喫できます。静かな湖もいくつもあり、ボート、釣り、カヤックなどが楽しめます。ホテルベントレーに戻ったら、往年のカクテルラウンジを思わせるミラー・ルーム・ラウンジ(Mirror Room Lounge)でお休み前の 1 杯を片手におくつろぎください。次に向かうのは、「アメリカで最も幸せな都市」に選ばれたラファイエットです。

143 km
1.5 時間/車で
03
ルイジアナ州ラファイエットのストリートフェスティバルで、ライブ音楽に合わせてダンス
詳細を表示

ラファイエット:ケイジャン風やクレオール風の楽しみ方

ケイジャンとクレオールカントリーの中心部に位置するラファイエットは、ファミリーと予算にやさしい目的地です。もちろん、この地域の自慢料理の中でも、最高のものを提供する人気レストランにも事欠きません。カジュアルなレストランなら、手作りホットドッグのお店ダットドッグ(Dat Dog)がおすすめです。トッピングはザリガニのエトウフェやアンドゥイユソースなど、30種 の中からお好きなものを選べます。本格的なソウルフードなら、ローラズ II(Laura's II)へ。人気メニューは、フライドチキン、グレイビーソースをかけたごはん、詰め物入りの七面鳥の手羽などです。クラフトビールはもう飲み尽くしてしまったという方も、ご安心ください。パリッシュ・ブルーイング・カンパニー(Parish Brewing Company)が、ゴースト・イン・ザ・マシン・ダブル・IPA、ノバ・ヴァート・IPA、定番のケインブレイクのウィートエールなど、個性的なビールで喉の渇きを癒やしてくれます。お食事の合間には、野外ミュージアムのアカディアンビレッジ(Acadian Village)や、バーミルオンビル歴史村(Vermilionville Historic Village)など、ラファイエットの文化的名所をめぐってみましょう。バーミルオンビル歴史村は、アメリカ先住民、アカディア、クレオールの文化を称えて伝統的な居住地を再現したものです。ブルー・ムーン・サロン(Blue Moon Saloon)でライブ音楽を聴いて、滞在を締めくくりましょう。最後に訪ねるのは、ニューオーリンズのノースショア地域です。

241 km
2.5時間/車で
04
ルイジアナ州コヴィントンにあるウォーターフロントのザ・チャイムズで楽しむ食事
詳細を表示

ニューオーリンズのノースショア:湖上とトレイルを楽しむ旅

車で州を気軽に横断して、ポンチャートレイン湖(Lake Pontchartrain)を渡り、目指すはニューオーリンズ郊外の賑やかなノースショア。この湖畔の町には、たくさんの楽しいイベント、美味しい料理、1 年中楽しめる水上レクリエーションが待っています。地元の歴史を知るなら、ジャン・バプティスト・ラング・クレオール・ハウス博物館(Jean Baptiste Lang Creole House Museum)、1876 年頃雑貨店を開業した H・J・スミス家の雑貨店博物館(Sons General Store and Museum)、アビタ・スプリングス・トレイルヘッド・ミュージアム(Abita Springs Trailhead Museum)へ。全長 50 キロメートルのタミー・トレース・トレイル(Tammany Trace trail)に沿って、美しい景色を眺めながらサイクリングしたり、ポンチャートレイン湖でチュービング、パドリング、釣り、スタンドアップパドルボードを楽しんだり。お食事のときは、新鮮な魚介類をぜひお試しください。ルイジアナ州の名物料理は、スパイシーなカニのボイル、ザリガニ、エビ、シーフードの炒め物、ポーボーイというサンドイッチなどです。ザ・チャイムズ(The Chimes)やリップス・オン・ザ・レイク(Rips on the Lake)などの人気店で、こういった名物を試してみてください。どちらも湖からすぐです。グルメな方は、サンデー・アビタ・スプリングス・アート&ファーマーズ・マーケット(Sunday Abita Springs Art & Farmers Market)、アビタブルワリー(Abita Brewery)での醸造所見学、ジャズン・ザ・ヴァイン(Jazz’n the Vines)コンサートを主催するポンチャートレインヴィンヤーズ(Pontchartrain Vineyards)は見逃したくないでしょう。ルイジアナ州のロードトリップは、レイク・ポンチャートレイン・コーズウェイ(Lake Pontchartrain Causeway)を渡る絶景ドライブで終わりに近づきます。この橋は、一続きの水上橋としては世界最長を誇っています。そして、車はニューオーリンズのルイアームストロング国際空港(MSY)へと向かいます。

ルイジアナ州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる