Skip to main content
  • サウスダコタ州スーフォールズにあるフォールズパークの滝にかかる橋を自転車で渡っています
    詳細を表示

    スーフォールズ:巨大なアート、自然の驚異、都会のエンターテインメント

  • サウスダコタ州ヤンクトンのルイス・アンド・クラーク保養地でのセーリング
    詳細を表示

    ヤンクトン:ルイス・アンド・クラーク湖と出来立てビール

  • サウスダコタ州ミッチェルのミッチェル湖の景色を眺めながら波止場でひとやすみ
    詳細を表示

    ミッチェル:世界で唯一のコーンパレスと壮大な湖のある街

  • サウスダコタ州ウォータータウンのレドリン・アート・センターにて、テリー・レドリンの作品を鑑賞
    詳細を表示

    ウォータータウン:アメリカのアートと手作りビールを堪能

  • サウスダコタ州ブルッキングスにあるマクロリーガーデンズを散策
    詳細を表示

    ブルッキングス:人気のグルメ、アイスクリーム、花咲き誇るガーデン

サウスダコタ州ミッチェルにあるコーンパレスの前で記念撮影
詳細を表示

サウスダコタ州東部のドライブ旅:魅力的な街、美しい湖、ユニークな見どころ

提供 Zaida Rios

  • 経路の距離:
    664.00
  • おすすめの旅行期間:
    5 日間

出来立てビール、セーリング、彫刻、都会の滝、コーンパレス、数々の予想外の発見を体験しましょう。

サウスダコタ州東部を一周するロードトリップに出掛けませんか。アメリカ国内でもここにしかない見どころ、素晴らしい自然、ファーム・トゥ・テーブルの体験が盛りだくさんです。スーフォールズからブルッキングスまで、地元民の温かい心に触れながら進む壮大なロードトリップです。旅の起点であるスーフォールズリージョナル空港からスーフォールズまでは、車で 5 キロメートルです。

01
サウスダコタ州スーフォールズにあるフォールズパークの滝にかかる橋を自転車で渡っています
詳細を表示

スーフォールズ:巨大なアート、自然の驚異、都会のエンターテインメント

冷たい滝の水しぶきを浴びたいなら、大抵の場合、山をハイキングすることになるでしょう。しかしスーフォールズは違います。ダウンタウンのど真ん中に滝があるのです。フォールズパーク(Falls Park)では、ピンク色の珪岩石の上を 30 メートルに渡って流れ落ちる印象的な滝を見ることができます。自転車にまたがり、広大な園内の自然トレイルを散策したり、さらに公園を出て、長さ 48 キロメートルのサイクリングループを走ったりしてみるのもよいでしょう。その途中には、人気の屋外コンサート会場であるレビット・アット・ザ・フォールズ(Levitt at the Falls)や、その他の観光地も通ります。ダウンタウンには、スカルプチャーウォーク(SculptureWalk)や、ビッグスー川(Big Sioux River)にかかる長さ 100 メートル以上の巨大かつ壮大な金属製の橋、アーク・オブ・ドリームズ(Arc of Dreams)があります。フィリップスアベニュー(Phillips Avenue)で過ごす時間も取っておきましょう。地元のブティックや、ファーム・トゥ・テーブル(農場から食卓へ)の絶品料理を提供するレストラン、活気のあるバーやブルワリーが集まるメイン通りです。また、ビッグ・スー・リバー・レクリエーション・トレイル・アンド・グリーンウェイ(Big Sioux River Recreation Trail and Greenway)は、野生動物のいるクールで都会的な景勝地を通り、街の郊外へと続く曲がりくねったトレイルです。グッドアース州立公園(Good Earth State Park)のビッグスー川沿いは、サイクリングやハイキングにおすすめです。壮大な景色が楽しめる人気のハイキングコースがあり、展望台も設置されています。

127 km
1.25 時間/車で
02
サウスダコタ州ヤンクトンのルイス・アンド・クラーク保養地でのセーリング
詳細を表示

ヤンクトン:ルイス・アンド・クラーク湖と出来立てビール

州間高速道路 29 号線を南下しヤンクトンに向かいましょう。湖畔のレジャー、自家製ビールや料理が楽しめるこの街は、のんびりと過ごし、シンプルな生活を楽しむのにぴったりです。セーリングは、ルイス・アンド・クラーク保養地(Lewis & Clark Recreation Area)での人気の余暇の過ごし方です。午後のひとときをヨットクルーズで過ごしたら、ルイス・アンド・クラーク・リゾート(Lewis and Clark Resort)の屋外施設を活用しましょう。砂のビーチや設備の整ったマリーナ、美しい森に囲まれたハイキングコースなど、ゆったりとした時間を過ごせる設備が用意されています。ビールの作り方を学びたいなら、6th メリディアン・ホップ・ファーム(6th Meridian Hop Farm)のツアーに参加しましょう。ちょっとしたホップの歴史や、ホップからビールを作る基本的な方法を学べます。もちろん学びだけではありません。ライブ音楽や気さくな雰囲気のオープンエアのビアガーデンも楽しめます。ビールのお供には、フードトラックのカウンターフェイトカーブサイド(Counterfeit Curbside food truck)の軽食をどうぞ。リラックスしたひとときを過ごせます。市内での名所めぐりには、徒歩が最適です。ミズーリ川国立レクリエーション地域(Missouri National Recreational River)に架かる歩道橋、メリディアン橋(Meridian Bridge)を散策してはいかがでしょう。橋からメリディアンプラザ(Meridian Plaza)や、ダウンタウンのショップやレストランにも足を延ばします。隠れ家的なパブ、ザ・コッパー・ルーム(The Copper Room)を併設するブルワリー、ベンズブルーイングカンパニー(Ben’s Brewing Co.)も忘れずに立ち寄ってください。パイナップル・ハラペーニョ・マルガリータを味わいながら、落ち着いた夜のひとときを過ごし、次のロードトリップに備えましょう。

146 km
1.5 時間/車で
03
サウスダコタ州ミッチェルのミッチェル湖の景色を眺めながら波止場でひとやすみ
詳細を表示

ミッチェル:世界で唯一のコーンパレスと壮大な湖のある街

州道 50 号線を西方面へ、37 号線を北方面に進み、田園風景を眺めながらミッチェルへと向かいます。農園地帯の精神に満ち、アメリカ先住民の遺跡が数多くあるハートランドです。まずは町のメインの見どころ、有名なコーンパレス(Corn Palace)を訪れましょう。地元の主力農産物に敬意を表して、トウモロコシで作られたこの建物は、世界中の人を引き付けています。外観の基礎部分はムーア風のデザインが施され、壁はいろいろな色の軸付きトウモロコシと穂でデコレーションされています。内部には、ユニークな壁画とトウモロコシを使った商品がたくさんあります。外では、外装に使われる種や穀物を補充して修復するコーン・パレス・デコレーターズ(Corn Palace Decorators)を見ることができます。次は、考古学の旅に出掛けましょう。ミッチェル・プレヒストリック・インディアン・ビレッジ(Mitchell Prehistoric Indian Village)とアキオドーム(Archeodome)では、ミッチェルの古代の歴史を垣間見ることができます。サウスダコタ州唯一の一般公開されている遺跡発掘現場です。さらに歴史を学ぶならダコタディスカバリー博物館(Dakota Discovery Museum)へ。サウスダコタ州の先住民や初期の入植者たちについて、特色ある展示や、家屋、教会など保存された建物などから学ぶことができます。次の目的地へ移動する前に、美しいミッチェル湖(Lake Mitchell)に立ち寄る時間を確保しておいてください。ハイキングやサイクリング、カヤック、パドルボード、釣りなどアウトドアアクティビティが楽しめます。

206 km
2.25時間/車で
04
サウスダコタ州ウォータータウンのレドリン・アート・センターにて、テリー・レドリンの作品を鑑賞
詳細を表示

ウォータータウン:アメリカのアートと手作りビールを堪能

北東に向かい、ウォータータウンを訪れます。アートからビールまで、すべてにおいて地域の特色を感じることができる街です。まずはレドリン・アート・センター(Redlin Art Center)に立ち寄りましょう。3 階建てのアートセンターは驚くほど美しく、有名なアメリカの油絵画家テリー・レドリンによる 165 作品の原画が展示されています。レドリンの作品のほとんどは、ウォータータウンとその周辺の自然環境の影響を色濃く受けています。ストークス‐トーマス・レイク・シティ・パーク(Stokes-Thomas Lake City Park)では、自然と触れ合いましょう。さまざまな風光明媚なトレイルを散策したり、カンペスカ湖(Lake Kampeska)でカヤック、パドルボード、ボートなどの水のアクティビティを楽しんだりできます。人々との交流を楽しむなら、ウォータータウンのダウンタウンへ。デンプシーズ・ブルワリー・レストラン&パブ(Dempsey’s Brewery Restaurant & Pub)では、さまざまな風味の地ビールが味わえます。常連なら、グラシカル・レイクス・ディスティラリー(Glacial Lakes Distillery)の限定スピリッツも味見できるかもしれません。醸造所も蒸留所も、どちらも地元産の原材料を用いて特別なお酒を作り出すことに、大きな誇りを持っています。夜にはダウンタウンをのんびりと散策して、1 日を終えましょう。

82 km
1 時間/車で
05
サウスダコタ州ブルッキングスにあるマクロリーガーデンズを散策
詳細を表示

ブルッキングス:人気のグルメ、アイスクリーム、花咲き誇るガーデン

州間高速道路 29 号線を南下して最後の目的地、居心地の良い雰囲気の大学町であるブルッキングスに行きます。この趣のある大学町にはある種の魅力があり、アクティビティも豊富です。サウスダコタ州立大学(South Dakota State University)のダイアリーバー(Dairy Bar)で「牛からコーンへ(cow-to-cone)」ツアーに参加しましょう。ダイアリーバーでは、学生が協力して 60 種類以上のフレーバーのアイスクリームを作っています。ツアーの後は、ここのアイスクリームをぜひ購入してください。人気のフレーバーは看板メニューのクッキー・アンド・クリームです。地元の言い伝えでは、このフレーバーはこの町で生まれたそうです。ブルッキングスのダウンタウンを離れる前に、ニックス・ハンバーガー・ショップ(Nick’s Hamburger Shop)にも必ず立ち寄ってください。昔ながらの食堂の雰囲気をした地元の店で、門外不出のレシピで作ったレリッシュをトッピングした作り立てのミニバーガーを、1929 年から提供しています。次の行先は、たくさんの花が咲き誇る穏やかな場所、マクロリーガーデンズ(McCrory Gardens)です。ハミングバードガーデン(Hummingbird Garden)やバタフライガーデン(Butterfly Garden)など、10 ヘクタールの幾何学式庭園を散策できます。春に訪れるなら、チューリッパルーザ(Tulipalooza)をお見逃しなく。1 万株以上のチューリップが植えられた花の楽園です。1 日の締めくくりには、チルドレンズ・ミュージアム・オブ・サウスダコタ(Children’s Museum of South Dakota)はいかがでしょう。ブルッキングスのダウンタウンのキドール通り(Kidoodle Way)の角にあり、興味を引く参加型の展示がたくさん集められた、ためになる博物館です。どんな年代の子供でも、サウスダコタ州の大草原の生活について学ぶことができ、ファーム・トゥ・テーブル(農場から食卓へ)の仕組みを知ったり、自分だけのアート作品を作ったりすることができます。この楽しい旅を終えたら、スーフォールズに戻って帰路につくか、次のアドベンチャーに出掛けましょう。

サウスダコタ州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる