Skip to main content
  • カリフォルニア州サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを望む浜辺でくつろぐ母親と子供
    詳細を表示

    スタート地点:サンフランシスコ

  • カリフォルニア州サンタクルーズでサーフボードを抱えて夕日の中を歩く 2 人のサーファー
    詳細を表示

    フェルトンとサンタクルーズ

  • カリフォルニア州ビッグサーのビックスビーブリッジから景色を眺める若者たち
    詳細を表示

    ビッグサー

  • カリフォルニア州カンブリアの外れにあるパラダイスビーチ
    詳細を表示

    カンブリア

  • 早朝の日差しを受けたカリフォルニア州モロベイのモロロック
    詳細を表示

    モロベイ

  • カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポの歴史の中心地
    詳細を表示

    サン・ルイス・オビスポ

  • カリフォルニア州ロスオリボスでジャンプする女性
    詳細を表示

    ロスオリボスとソルバング

  • カリフォルニア州の晴れた空に映えるサンタバーバラの街並み
    詳細を表示

    サンタバーバラ

  • カリフォルニア州ロサンゼルス市内を貫くパシフィック・コースト・ハイウェイ
    詳細を表示

    ロサンゼルス

  • カリフォルニア州サンディエゴでバイクを降りて休憩している 2 人の女性
    詳細を表示

    サンディエゴ

カリフォルニア州ビッグサーのビックスビーブリッジを走る車
詳細を表示

パシフィック・コースト・ハイウェイのロードトリップ

  • 経路の距離:
    951 キロメートル
  • おすすめの旅行期間:
    6 日間

サンフランシスコからサンディエゴまでカリフォルニア州の美しい海岸線を走り抜けましょう

伝説になりそうなほど有名なパシフィック・コースト・ハイウェイ(Pacific Coast Highway)は 1930 年代に開通して以来、カリフォルニア州の起伏の激しい美しい海岸線を 900 キロメートルにわたり 1 本につないだ驚くべき偉業として現在も語り継がれています。世界でも指折りの絶景ロードであり、山々、そびえ立つ木々、広大なビーチ、そしてどこまでも続く空に感動しながらゆっくりと走るのにうってつけです。旅行者にとっては、先駆的なショップ、サーフィン村、産地直送の食品、地元産ワイン、道路脇のアート、ハリウッドの華やかさとボヘミアンなど、カリフォルニア州の魅力を一通り体験できる、またとない機会にもなります。サンフランシスコからサンディエゴまで 1 日で行くこともできます。でも、どうして急ぐ必要があるでしょうか。そんなに頑張らずに、パシフィック・コースト・ハイウェイをゆっくりと辿り、数日か 1 週間、あるいはもっと時間をかけて、のんびり走ってみてはいかがでしょう。

01
カリフォルニア州サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを望む浜辺でくつろぐ母親と子供
詳細を表示
シャッターストック

スタート地点:サンフランシスコ

パシフィック・コースト・ハイウェイのロードトリップは、豊かな緑と洗練された雰囲気で知られる丘陵地帯のサンフランシスコから出発します。緑あふれるサンフランシスコの至宝、ゴールデン・ゲート・パーク(Golden Gate Park)は、1,000 エーカーを超える敷地に 2 つの世界的な美術館、日本茶の茶園、バイソン放牧場、風車など、さまざまな施設を擁しています。この公園を散策してから、かつてビートニクやイタリア文化のメッカだったノースビーチ(North Beach)に向かいます。世界的に有名な広々としたシティ・ライツ・ブックストア(City Lights Bookstore)の店内を一巡りしたら、雑然とした雰囲気のヴェスヴィオカフェ(Vesuvio Cafe)で一息入れましょう。ここはジャック・ケルアック・アレイ(Jack Kerouac Alley)に面した店で、名前に反して居心地の良いバーです。ノースビーチの隣には北アメリカで最も古いチャイナタウンがあり、派手で賑やかな料理店が軒を連ねています。ウォーターフロントの活気あふれるフェリービルディング(Ferry Building)に向かい、サンフランシスコ湾の景色を眺めながら食欲をそそるローカルフードを買い込んだら、いよいよ出発です。

139キロメートル
車で 2 時間
02
カリフォルニア州サンタクルーズでサーフボードを抱えて夕日の中を歩く 2 人のサーファー
詳細を表示
シャッターストック

フェルトンとサンタクルーズ

サンフランシスコからサンタクルーズへと続く曲がりくねった道を進み、途中のデビルズスライド(Devil’s Slide)に立ち寄ります。ここは 2 キロメートルにわたって広がる土地で、かつてはハイウェイ 1 号線の一部でしたが、現在はパシフィカの風光明媚な散策路となっています。パシフィック・コースト・ハイウェイの旅の素晴らしさに半信半疑だった人も、海岸に迫る道を滑走し、通り過ぎる海の景色を目にすると、すっかり気持ちが変わることでしょう。サーファーの聖地サンタクルーズに近付いたら、その手前に位置するセコイアの林に囲まれた山間の静かな町フェルトン(Felton)に立ち寄ります。日当たりの良いテラスが設えられたバー、モンティーズ・ログ・キャビン(Monty’s Log Cabin)で一休みしましょう。丸太小屋を意味する名前のとおり素朴な造りの店です。さらに、ビッグフット・ディスカバリー・ミュージアム(The Bigfoot Discovery Museum)に足を延ばし、カリフォルニア州で人気の未確認動物の謎に迫ります。そしていよいよ、大学、見事なセコイアの林、世界中のサーファーを引き付ける波で有名な親しみやすい海辺の街サンタクルーズに向かいます。1907 年に開園したサンタ・クルーズ・ボードウォーク(Santa Cruz Boardwalk)の魅力は、太平洋を見渡せる年代物のジェットコースター、アーケード、そして海風と綿菓子とホットドッグが醸し出す独特の香りです。おもしろ情報を 1 つ。1980 年代の映画『ロストボーイ(The Lost Boys)』はここで撮影されました。

114キロメートル
車で 2 時間
03
カリフォルニア州ビッグサーのビックスビーブリッジから景色を眺める若者たち
詳細を表示
ゲッティイメージズ
カリフォルニア州カンブリア近くにあるビッグサーの岩に覆われた海岸の群生地でキタゾウアザラシを観察する人々
詳細を表示
シャッターストック

ビッグサー

見事なセコイアの森に覆われた険しい山々が印象的な海岸線にせり出す風景をご覧ください。森の中でキャンプすることもできますが、ベッドの方が良いという方には、ディートジェンズ・ビッグ・サー・イン(Deetjen’s Big Sur Inn)がお勧めです。寓話に出てくるボヘミアンの叔母さんと過ごしているような気分を味わえます。近くのヘンリー・ミラー記念図書館(Henry Miller Memorial Library)も訪れてください。歩いたせいでお腹が空いてきたら、ネペンス(Nepenthe)の立派なテラスで海を眺めながら産地直送の農産物を使った伝統的なカリフォルニア料理を地元産のワインとともにお楽しみください。

120キロメートル
車で 2 時間
04
カリフォルニア州カンブリアの外れにあるパラダイスビーチ
詳細を表示
ゲッティイメージズ

カンブリア

カンブリア(Cambria)へ向かう途中で、ゾウアザラシの群生地ピエドラス・ブランカス・フレンズ・オブ・ザ・エレファント・シール(Piedras Blancas Friends of the Elephant Seal)に立ち寄ります。ここでは、団子鼻のアザラシが群れを成して寝そべり、求愛や格闘をする様子が見られます。ただし、アザラシの体重は 4 トンを超えるため、あまり近づきすぎないでください。旅を再開し、岩で覆われた海岸、断崖絶壁、多くの海洋生物が見られる潮溜りと出会える魅力的な海辺の町カンブリアへと向かいます。カンブリア一番のレストラン、リンズレストラン(Linn’s Restaurant)でバニラアイスクリームを添えた厚みのある温かいオラベリーパイを味わってください。

33キロメートル
車で 1 時間
05
早朝の日差しを受けたカリフォルニア州モロベイのモロロック
詳細を表示
シャッターストック

モロベイ

驚くべきことに大きな湾と入り江の上に位置する小さな町モロベイでは、カリフォルニア州のさまざまな動物に出会うチャンスが高まります。モロベイ州立公園(Morro Bay State Park)では、アオサギ、オオ