Skip to main content
  • テネシー州ナッシュビルのスカイラインを一望
    詳細を表示

    テネシー州ナッシュビル:音楽の町で小気味よい旋律を満喫

  • アラバマ州ハンツビルのアメリカ宇宙ロケットセンターを探訪
    詳細を表示

    アラバマ州ハンツビル:アメリカの歴史と自然美

  • アラバマ州、マッスルショールズ・サウンド・スタジオを見学
    詳細を表示

    アラバマ州マッスルショールズ:小さな町の、偉大な音楽

  • アラバマ州ベッセマーの象徴的なジューク・ジョイント、ギプスプレイスのネオンサイン
    詳細を表示

    アラバマ州バーミンガム:アラバマ州の中心部で文化とグルメを満喫

  • アラバマ州モンゴメリーのデクスター・アベニュー・キング・メモリアル・バプティスト教会
    詳細を表示

    アラバマ州モンゴメリー:南部の歴史に注目

  • アラバマ州モービルのウォーターフロントでの食事
    詳細を表示

    アラバマ州の海辺:ビーチで自然の美しさを満喫

  • ルイジアナ州ニューオーリンズ:路上ライブに合わせてダンス
    詳細を表示

    ルイジアナ州ニューオーリンズ:南部への旅行で必ず訪れたい場所

アラバマ州マッスルショールズの「ようこそ」の看板
詳細を表示

ナッシュビルからアラバマ州を通って、ニューオーリンズへ:ディープサウスの町巡り

提供 Zaida Rios

  • 経路の距離:
    1,331.00
  • おすすめの旅行期間:
    1 ~ 2 週間

歴史、音楽、文化、そして伝統的な南部料理。すべてがアメリカのディープサウスの気質を表しています。

ナッシュビルからニューオーリンズまで、アラバマ州を経由するロードトリップで、このエリアの名所を訪ねて回りましょう。途中で NASA の施設を発見し、おそらく初めて聞く音楽界で最も偉大な町を訪ね、受賞歴のあるグルメを味わい、歴史を学び、ビーチで休憩し、そして思い出に残るナイトライフを体験できます。

01
テネシー州ナッシュビルのスカイラインを一望
詳細を表示

テネシー州ナッシュビル:音楽の町で小気味よい旋律を満喫

ナッシュビル国際空港(BNA)に到着したら、まずはレンタカーを借りていざ出発。ナッシュビルは音楽の影響を強く受けた街です。なんと空港でも年間 700 を超えるライブパフォーマンスが催されています。メンフィスアラバマ州マッスルショールズと共に構成される、南部の音楽の三角地帯(Southern Music Triangle)の 1 つとして、ナッシュビルの音楽は他に引けを取りません。街の中心部に足を運んで、アメリカで最長記録の生放送を送るグランド・オール・オプリ(Grand Ole Opry)でカントリーミュージックを楽しんでください。カントリーミュージック殿堂博物館(Country Music Hall of Fame and Museum)で衣装、車、楽器、そしてアーティストゆかりの品々には目を見張るものがあります。ジョニー・キャッシュ博物館(Johnny Cash Museum)に行けば、「マン・イン・ブラック(Man in Black)」についてすべて知ることができます。RCA スタジオ B(RCA Studio B)ではエルビス・プレスリーが握ったマイクを見てその世界に浸りましょう。この地域のもう 1 つの自慢は、たる熟成されたジャック・ダニエル(Jack Daniel’s)のウィスキーです。リンチバーグ(Lynchburg)の蒸留所では、毎日ツアーを催行しています(アルコールを提供しないツアーもあります)。アラバマ州ハンツビルに向かう前に、ナッシュビルのホットチキン、じっくり焼かれたバーベキューや心癒される南部料理でお腹を満たしましょう。

185 km
2時間/車で
02
アラバマ州ハンツビルのアメリカ宇宙ロケットセンターを探訪
詳細を表示

アラバマ州ハンツビル:アメリカの歴史と自然美

州を越えると、小さな町や素朴な田舎町が続きます。ディープサウスの真ん中で最初に停まるのは、ハンツビルです。この町はコットンと鉄道から、南北戦争中は北軍が前哨基地として、そして科学と宇宙探査の中心地として成り立っています。今日はこの土地に関連する史跡、現存する中で最古の鉄道駅の 1 つや、南北戦争前の家が最も広く集まった歴史的背景のある場所から、最前線のNASA のマーシャル宇宙飛行センター(Marshall Space Center)公式ビジターセンターとスペースキャンプ(Space Camp)の本拠地である、アメリカ宇宙ロケットセンター(Space & Rocket Center)まで幅広く見ていきましょう。宇宙旅行機器の膨大なコレクションや本物のサターン V ロケット、そして世界で唯一のスペースシャトル、ロケットブースター、外部燃料タンクを「フルスタック」で備えています。ドイツ式のビアガーデンでの軽食もお忘れなく。ハンツビル植物園(Huntsville Botanical Garden)やモンティサーノ州立公園(Monte Sano State Park)でハンツビルの自然の一面を探索するのもお勧めです。のどかな山の景色、季節ごとに変化する樹木、アウトドアアクティビティを楽しめるこの公園は、ハンツビルで最もリラックスできる場所です。次の旅先は、南部の音楽の三角地帯のもう 1 つの町、マッスルショールズです。

113 km
1.15 時間/車で
03
アラバマ州、マッスルショールズ・サウンド・スタジオを見学
詳細を表示

アラバマ州マッスルショールズ:小さな町の、偉大な音楽

迷うことなく州間道路 65 号線から 1 時間程離れたマッスルショールズへ向かいましょう。同じ名前のドキュメンタリーを見たことのない方でも、すぐになぜこの僻地の町が「世界のヒット音楽の中心(Hit Recording Capital of the World)」と呼ばれているのかわかるでしょう。1960 年代にFAME スタジオ(FAME Studios)とマッスルショールズ・サウンド・スタジオ(Muscle Shoals Sound Studio)が設立されて、伝統的なブルースとゴスペルが、R &B とカントリーミュージックと混じり合った、いわゆるマッスルショールズ・サウンドが発展しました。たとえば、ローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」、ポール・サイモンの「僕のコダクローム」、ザ・ステイプル・シンガーズの「アイル・テイク・ユー・ゼアー(I’ll Take You There)」、そして言うまでもなくアレサ・フランクリン、エタ・ジェームズ、オーティス・レディング、ロッド・スチュワート、ボブ・ディランらのヒット曲で聞かれるサウンドです。これらのスタジオを見て回り、この街が音楽に与えた影響の偉大さを感じてください。近隣の町、タスカンビアには、ヘレン・ケラーの生家があります。月曜から土曜日の間はガイド付きツアーが催行され、毎年 6 月には彼女の功績をたたえるお祭りが開かれます。音楽の町で 1 日を過ごした後は、バーミンガムでバラエティに富んだアクティビティーや文化を体験しましょう。

182 km
2時間/車で
04
アラバマ州ベッセマーの象徴的なジューク・ジョイント、ギプスプレイスのネオンサイン
詳細を表示

アラバマ州バーミンガム:アラバマ州の中心部で文化とグルメを満喫

州最大の都市、バーミンガムに向かっていると、田舎の景色は街並みへと変わっていきます。鉱業、製鉄業、鉄道業を基盤としていたバーミンガムは、本場の南部流のホスピタリティに出会える文化の中心地へと変化を遂げました。バイク好きなら、バーバー・ビンテージ・モータースポーツ博物館(Barber Vintage Motorsports Museum)の世界最大のバイクやロータス(Lotus)車のコレクションに大興奮すること間違いなしです。16 番通りバプティスト教会(16th Street Baptist Church)やバーミンガム公民権運動博物館(Birmingham Civil Rights Institute)などが 4 ブロックにわたって並び、数多くの展示やゆかりの品々が置かれたバーミンガム公民権運動国定史跡(Birmingham Civil Rights National Monument)で大切な歴史についても学びましょう。夕食にはジェームズ・ビアード財団(James Beard Foundation)の受賞歴を持つシェフ、フランク・スティットが地元で開いたレストラン、ハイランズバー&グリル(Highlands Bar & Grill)、シェ・フォンフォン(Chez Fonfon)、またはボッテガ(Bottega)レストランを予約しておきましょう。ベッセマー(Bessemer)で 60 年以上音楽好きの心を揺さぶり続けた、大通りから遠く離れたブルースのロードハウス、ギプスプレイス(Gip’s Place)で生演奏を堪能しましょう。次の旅先は、モンゴメリーです。

150 km
1.5 時間/車で
05
アラバマ州モンゴメリーのデクスター・アベニュー・キング・メモリアル・バプティスト教会
詳細を表示

アラバマ州モンゴメリー:南部の歴史に注目

バーミンガムとモンゴメリーはディープサウスの共通の話で結びついています。1861 年にアメリカ連合国(Confederate States of America )が創設され、その 1 世紀後にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが無名の牧師として入り、後にアメリカの公民権運動で中枢をなす平和的抗議を体系化した場所がモンゴメリーです。公民権記念会館(Civil Rights Memorial Center)、ローザ・パークス博物館(Rosa Parks Library and Museum)、キング牧師が有名なモンゴメリー・バス・ボイコット(Montgomery Bus Boycott)の統制を支援した、デクスター・アベニュー・キング・メモリアル・バプティスト教会(Dexter Avenue King Memorial Baptist Church)など、歴史的な意義の詰まった文化の中心部を訪れましょう。歩いて回れるほどコンパクトなモンゴメリーのダウンタウンには、ハンク・ウィリアムズ博物館(Hank Williams Museum)や大統領官邸(First White House of the Confederacy)など、一見の価値がある見どころが詰まっています。そして、オールド・クロバーデール(Old Cloverdale)近郊の、ジャズ時代の有名なカップルの邸宅、スコット&ゼルダ・フィッツジェラルド博物館(The Scott and Zelda Fitzgerald Museum)も訪れましょう。アラバマ川のほとりで夕食、飲み物、そしてライブパフォーマンスを楽しんで、1 日を締めくくります。海に向かって出発する前に、リバーフロントにある人気のキャピトル・オイスター・バー(Capitol Oyster Bar)に立ち寄ることもお忘れなく。

270 km
2.5時間/車で
06
アラバマ州モービルのウォーターフロントでの食事
詳細を表示

アラバマ州の海辺:ビーチで自然の美しさを満喫

メキシコ湾のビーチタウンでリラックスした贅沢な滞在を求めて、海へ向かいましょう。モービル湾(Mobile Bay)に位置するモービル市は、フランス、イギリス、スペイン統治下に置かれていたため、7 つの国家歴史登録財の中には建築やその雰囲気にそれらの文化の影響が見られるものもあります。1703 年にアメリカで初めてマルディグラの祭典が開かれた町でもあるモービルでのパーティーは大いに盛り上がります。マルディグラは 2 週間半も続く毎年恒例のお祭りです。また、アメリカのアマゾンとして知られ、この国で 2 番目に大きい河口でもあるモービル・テンソー・デルタ(Mobile-Tensaw Delta)をボートで渡り、モービルの静かな一面も楽しんでください。海辺では、ガルフショアーズが輝く白砂と暖かなメキシコ湾の海水をたたえ、ビーチ好きの人たちを呼んでいます。ビーチに出て、ビーチフロントのバーで飲み物を持って、美しい水辺の景色とライブ音楽を楽しみましょう。食事をするなら、地元の人に人気のタッキージャックス(Tacky Jacks)か、オリジナル・オイスター・ハウス(Original Oyster House)で新鮮なシーフードを注文すれば間違いありません。リラックスできましたか?最後の滞在地、ニューオーリンズへ向かう準備は整いました。

232 km
2.15時間/車で
07
ルイジアナ州ニューオーリンズ:路上ライブに合わせてダンス
詳細を表示

ルイジアナ州ニューオーリンズ:南部への旅行で必ず訪れたい場所

州間道路 10 号線の西部を進み、伝説のニューオーリンズに入りましょう。お祭りのような雰囲気と絶品のグルメで知られるニューオーリンズは、南東部の旅行には欠かせない街です。ほとんどの場所に行くのに車は必要ないため、車はフレンチクオーター(French Quarter)や近隣の地区のホテルに停めておきましょう。ストリートカーのセントチャールズ線(St. Charles)は、アメリカ最古で今なお運航を続けています。これに乗って趣のある一帯や歴史ある豪邸、苔で覆われたオークの木々を写真に収めましょう。どこに行っても往復 2 ドル 50 セントです。フレンチマーケット(French Market)で地元のお土産やスナックを買い、カフェ・デュ・モンド(Café du Monde)でチコリコーヒーや粉砂糖がかかったベニエを楽しみ、ジャクソンスクエア(Jackson Square)では写真撮影や手相占いをしましょう。夜はフレンチメンストリート(Frenchmen Street)の格別なライブ音楽で締めくくります。その他にも、マルディグラワールド(Mardi Gras World)で見る色鮮やかな山車や衣装、家族で楽しめるオーデュボン動物園(Audubon Zoo)、アメリカ水族館(Aquarium of the Americas)、国立第二次世界大戦博物館(National World War II Museum)、そして景色の良いニューオーリンズ・シティ・パーク(New Orleans City Park)などの見どころがあります。ご自宅への帰国便は、ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港(Louis Armstrong New Orleans International/MSY)から世界のあらゆる目的地まで、簡単にアクセス可能です。

さらに調べる