Skip to main content
  • セントルイスの交通博物館でヴィンテージカーの細部を見つめる
    詳細を表示

    セントルイス:大都市の名所の間にある定番の観光スポット

  • ミズーリ州メラメック洞窟で地下のトンネルを進む
    詳細を表示

    メラメック洞窟:地下を探検

  • ビバキューバ壁画プロジェクトで最初に完成した壁画
    詳細を表示

    キューバ:壁画の町を観光

キューバのボブズ・ガソリン・アレーに展示されているルート 66 にまつわる思い出の品々
詳細を表示

ミズーリ州のルート 66 の旅:定番の観光スポットとファミリー向けのアクティビティ

  • 経路の距離:
    280.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    2 日

アメリカ中西部の中央に位置するミズーリ州は、史跡、有名なランドマーク、美しい田舎など、心に残る観光スポットの宝庫です。

また、この州には「マザーロード(Mother Road)」と呼ばれるアメリカ有数の道路、ルート 66(Route 66)が長距離にわたり走っています。ルート 66 は、国内各地の地方のコミュニティと大都市を結ぶ道路として 1926 年に開設されました。沿道には旅行者をターゲットにしたアトラクションやビジネスが次々と登場し、典型的なアメリカのロードトリップが誕生しました。現在、ルート 66 は公式なハイウェイではありませんが、ロードトリップやポップカルチャーの愛好家たちは、この文化的アイコンを忘れていません。ミズーリ州のルート 66 沿いは、眺めのよい展望スポット、年代物のモーテル、ノスタルジックな思い出の品など、一度は体験したい冒険の宝庫です。

01
セントルイスの交通博物館でヴィンテージカーの細部を見つめる
詳細を表示

セントルイス:大都市の名所の間にある定番の観光スポット

ランバートセントルイス空港(STL)行きのフライトを利用して、ミズーリ州のルート 66の入り口の街へ向かいましょう。空港ではレンタカーを手軽に利用でき、旅をすぐに始められます。この旅の最初の目的地は、歴史あるチェーン・オブ・ロックス橋(Chain of Rocks Bridge)です。1929 年に開通し、かつてはルート 66 のミシシッピ川(Mississippi River)に架かる橋として利用されたこの橋は、1999 年にルート 66 バイクウェイ(Route 66 Bikeway)として再デビューしました。車を停め、絵のように美しい橋を、徒歩または自転車で渡ってみましょう。さらに南へ車を走らせ、イーズ橋(Eads Bridge)へ。橋のたもとには、地元経営のショップやレストランが軒を連ねる歴史あるリバーフロント地区、ラクリーズランディング(Laclede’s Landing)があります。イーズ橋は 1874 年に建設された魅力的な建築物です。ここからすぐの所に、あの有名なゲートウェイアーチ(Gateway Arch)がそびえています。屋内トラムに乗ってアーチの最高地点に行けば、息を呑むようなパノラマビューを楽しめます。伝説的なテッドドルーズ(Ted Drewes)で、逆さにしても流れ落ちないくらい固く混ぜ合わされたスイーツのトッピングとフローズンカスタードを体験した後は、交通博物館(Museum of Transportation)で車と鉄道の歴史を学びましょう。最後にメープルウッド(Maplewood)地区へ。マンチェスターアベニュー(Manchester Avenue)の 2 ブロックにわたる歩道には、ルート 66 全盛期に賑わった地元の店の記念板が設置されています。

103 km
1 時間車で
02
ミズーリ州メラメック洞窟で地下のトンネルを進む
詳細を表示

メラメック洞窟:地下を探検

セントルイスから南西に進むと、小さな町や田舎の景色が見えてきます。このエリアの歴史あるルート 66 と並行して、現代的なハイウェイである州間高速道路 44 号線(I-44)が走っています。セントクレア(St. Clair)とスタントン(Stanton)の町の中間で車を止め、次の目的地であるメラメック洞窟(Meramec Caverns)の広告が描かれた納屋の写真を撮りましょう。こんなことは、交通量が激しいお隣の高速道路では到底できません。かつては、複数の州にわたって多くの納屋に広告が描かれ、ミズーリ州最大の一般公開されている洞窟に観光客を呼び寄せるのに一役買っていました。ここでは、現存する数少ない「広告付き」納屋の 1 つを見ることができます。メラメック洞窟ではガイドツアーにぜひ参加しましょう。古代に形成されたこの石灰岩の洞窟は、オーセージ族インディアンが最初に発見し、次に火薬の原料である硝石の採掘所となり、後に有名な無法者、ジェシー・ジェームズの隠れ場所として使われました。自然が作り出したさまざまな造形にちなんで、地下の各「部屋」には、ワインルーム、ボールルーム、シアタールームといったユニークな名前がつけられています。メラメック洞窟では、リバーボートクルーズ、ジップラインツアー、キャンプ、金の採掘などのアクティビティも楽しめます。

42 km
0.5 時間車で
03
ビバキューバ壁画プロジェクトで最初に完成した壁画
詳細を表示

キューバ:壁画の町を観光

平和な景色の中を少しドライブすると、ミズーリ州キューバの「ルート 66 沿いの壁画の町」として知られる集落に到着します。商工会議所が運営するビジターセンターに立ち寄り、ウォーキングツアーのパンフレットを手に入れましょう。次に、ダウンタウンの通りを飾るカラフルな壁画と記念板を見学しながら、キューバの歴史を辿りましょう。ビバキューバ壁画プロジェクト(Viva Cuba Murals Project)により正式に認定された 12 の壁画に加え、地元のショップやレストランの内外にもたくさんの絵があります。いつでも写真が撮れるよう、カメラを準備しておきましょう。この小さな町には、歴史を物語る特別な店が数軒あります。ルート 66 を少し外れた所にあるボブズ・ガソリン・アレー(Bob’s Gasoline Alley)には、旧式の給油ポンプ、奇抜な像やマネキン、アンティークカーやたくさんの看板など、ルート 66 にまつわる思い出の品々が展示されています。数棟ある建物の外は自由に撮影できますが、屋内のコレクションを見学するには事前の予約が必要です。西部開拓時代の内装とおいしいバーベキューで知られるミズーリ・ヒック・バーベキュー(Missouri Hick BBQ)に行って、地元で有名なリブやブリスケット、プルドポークを堪能しましょう。ワゴン・ホイール・モーテル(Wagon Wheel Motel)は、キューバでの 1 泊にぴったり。開業 80 年以上の歴史を誇るワゴン・ホイール・モーテルは、ルート 66 で最も長期間営業を続けてきたモーテルです。思い出に残るアメリカのロードトリップを終えたら、充実感を胸にルート 66 を引き返してランバートセントルイス国際空港(STL)まで戻り、レンタカーを返却しましょう。

ミズーリ州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ