Skip to main content
  • ミシシッピ州ジャクソンにあるブレンツ・ドラッグスで昔風のミルクシェイクと料理を楽しむ人々
    詳細を表示

    ミシシッピ州ジャクソンの歴史と文化

  • ルイジアナ州ニューオーリンズのロイヤルストリートに建ち並ぶ色彩豊かな建物
    詳細を表示

    ルイジアナ州ニューオーリンズ:アート、フード、音楽にあふれる町

  • ルイジアナ州ラプラスにある 1811/キッド・オリー記念館の見学
    詳細を表示

    ルイジアナ州の川沿いの郡で自然と歴史ある邸宅を探訪

  • ルイジアナ州のエイブリー島にあるジャングルガーデン内を巡る人々
    詳細を表示

    バトンルージュとエイブリー島の名所

  • ルイジアナ州ブローブリッジのマーティン湖でカヤックを楽しむ人
    詳細を表示

    クレオール・ネイチャー・トレイルとスワンプ・ツアーで素晴らしきアウトドアの世界へ

ルイジアナ州ニューオーリンズの路上でライブミュージックに合わせてダンスをする人
詳細を表示

ミシシッピ州からルイジアナ州へ:南部の文化と食を体験する 5 日間

提供 Jason Macumber

  • 経路の距離:
    1,335 キロメートル
  • おすすめの旅行期間:
    5 日間

ミシシッピ州とルイジアナ州のロードトリップで、豊かな文化遺産、歴史、食を体験しませんか。

この 5 日間の旅は、アメリカの文化を形作った芸術や音楽に深い関心を寄せる歴史マニアや、風味豊かな南部料理を楽しみたい食通をも満足させる、エキサイティングで豊かな体験をお届けします。ジャクソン・メドガー・ウィリー・エバーズ国際空港(JAN)に到着したら、南部ならではのおもてなし、歴史、ジャズ、絵画のごとき自然の風景をお楽しみください。

01
ミシシッピ州ジャクソンにあるブレンツ・ドラッグスで昔風のミルクシェイクと料理を楽しむ人々
詳細を表示

ミシシッピ州ジャクソンの歴史と文化

冒険はミシシッピ州の州都ジャクソンから始まります。朝最初に訪れるのは、ミシシッピ公民権運動博物館(Mississippi Civil Rights Museum)。ここには 1945 年から 1976 年の期間に焦点を当てた 8 つのギャラリーがあります。訪問者は、命を懸けて活動した人々の言葉、奴隷制度下にあった人々の画像、活動家を称える展示、光と音楽を発する力強い彫刻を通じてこれらと対峙することで、黒人の苦闘と平等な権利と自由のための戦いについて学ぶことができます。

次に、復興の時代の1970 年代まで黒人経営のビジネスの歴史的な地区で中心地でもあったファリッシュストリート地区(Farish Street District)に向かいます。ミシシッピ・ブルース・トレイル(Mississippi Blues Trail)には、ブルースの誕生に貢献した多くの有名なミュージシャン、レコーディングスタジオ、演奏会場を示す標識があるので、お見逃しなく。この地区には飲食店がたくさんあります。エネルギー補給をしましょう。ジョニー・ティーズ・ビストロ・アンド・ブルース(Johnny T’s Bistro & Blues)ではおいしい南部料理を、ザ・マンシップ・ウッド・ファイヤード・キッチン(The Manship Wood Fired Kitchen)では、南部の味に地中海のテイストを取り入れた料理を提供しています。

午後には、フォンドレン地区(Fondren District)のショップ、アートギャラリー、建築物を見て回ります。1946 年の開業以来、地元の人気スポットとなっているダイナーとソーダファウンテンの店、ブレンツ・ドラッグス(Brent’s Drugs)では、伝統的なモルツを注文しましょう。ミシシッピ農林業博物館(Mississippi Agriculture and Forestry Museum)は、農業の 500 年を屋内と屋外で年代順に紹介する歴史博物館です。街の交差点が再現されていて、ガラスのボトルに入ったコカコーラや昔風のロックキャンディーが買える雑貨店(General Store)などがあります。ディナーはババルー(BABALU)で。中南米のテイストを加えた南部料理を提供しています。一日の締めくくりに、歴史的なジュークボックスがある店、ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Café)でライブミュージックを楽しみましょう。ハイウェイ 49 号線を降りたところにあります。夜は、ダウンタウンの中心部にあるウェスティン・ジャクソン・ホテル(The Westin Jackson Hotel)でゆっくりお休みください。明日は次の目的地に向かいます。

300キロメートル
車で 3 時間
02
ルイジアナ州ニューオーリンズのロイヤルストリートに建ち並ぶ色彩豊かな建物
詳細を表示

ルイジアナ州ニューオーリンズ:アート、フード、音楽にあふれる町

コーヒーを飲んだら、次の目的地の活気あふれるルイジアナ州ニューオーリンズへ向かいましょう。途中、ナチェス・トレース・パークウェイ(Natchez Trace Parkway)を通ります。曲がりくねった道が続き、森林や湖の美しい景色や野生動物が見られます。到着したらバイウォーター(Bywater)地区へ行き、昼食を取りましょう。エリザベス(Elizabeth’s)で昔ながらの料理、またはザ・カントリー・クラブ(The Country Club)でクレオール料理はいかがでしょうか。次に JAMNOLA(Joy Art Music New Orleans:ジョイ・アート・ミュージック・ニューオーリンズ)を訪れます。ニューオーリンズの芸術、音楽、料理、劇場のパワーを称える、びっしりと装飾された 12 室の部屋でその雰囲気に浸れる博物館です。すぐに定員に達してしまうので、必ず事前にチケットを予約してください。

次の目的地は、フレンチクォーター(French Quarter)の中心部に位置するジャクソンスクエア(Jackson Square)です。現役の大聖堂では北米で最古のセントルイス大聖堂(St. Louis Cathedral)の美しさには圧倒されます。地元のアーティストの作品を鑑賞したり、有名なカフェ・デュ・モンド(Café du Monde)のコーヒーやベニエで一休み。ニューオーリンズならではの色彩豊かな建築物や特徴のあるバルコニーを眺めたり、道行く人を楽しませるライブストリートパフォーマーのショーを楽しんだり、夜になるとバーやレストランから漏れ聞こえてくるジャズに耳を傾けながら街を散策したりしてみましょう。

ディナーはウェアハウス地区(Warehouse District)のバー・マリルー(Bar Marilou)で。キハダマグロやホタテ貝を使った料理や、ブラックベリーを添えたパンナコッタを提供しています。ティピティーナズ(Tipitina's)では、カクテルとコンサートで寛いだ時間を過ごしましょう。1977 年にジュースバーとしてオープンし、現在は地元のミュージシャンを称える場所となっていて、地元の人々や観光客に人気のスポットです。フレンチクォーターに戻ったらエース・ホテル・ニューオーリンズ(Ace Hotel New Orleans)にチェックインして、ゆっくり休息を取りましょう。

103キロメートル
車で 1.5 時間
03
ルイジアナ州ラプラスにある 1811/キッド・オリー記念館の見学
詳細を表示

ルイジアナ州の川沿いの郡で自然と歴史ある邸宅を探訪

翌朝は、車で西へ 30 分ほどのラプラスのジップノーラ(Zip NOLA)に向かいます。ルイジアナ州の名高い湿地生態系を探索する素晴らしい体験をお楽しみください。糸杉の大木を囲むように取り付けられたらせん階段を上り、5 本のジップラインで空中を移動し、2 本のスカイブリッジを渡ります。その間ずっとモルパ湿地(Maurepas Swamp)の美しい景色と在来種の野生生物の姿を楽しむことができます。また、歴史あるフレニエの町、ポンチャートレイン湖(Lake Ponchartrain)、ニューオーリンズのスカイラインも一望できます。ツアーの後は、ウォーターフロントにあるフレニエ・ランディング・レストラン・アンド・オイスター・バー(Frenier Landing Restaurant & Oyster Bar)でカキやシーフードガンボを味わうか、車でラプラス・フロストップ(LaPlace Frostop)に移動してジューシーなバーガーやキンキンに冷えたルートビールを楽しみましょう。エネルギー補給が完了したら、1811/キッド・オリー記念館(1811/Kid Ory Historic House)に向かいます。セント・ジョン・ザ・バプテスト郡で最も古い建造物のひとつであるこの博物館には、この地で 1811 年に始まった奴隷の反乱に関する詳しい展示を行っています。1886 年にこの建物で生まれたジャズのパイオニア的ミュージシャン、キッド・オリーの生涯も紹介しています。

ルイジアナ州のミシシッピ川周辺の郡を見て回ったらニューオーリンズに戻り、タブロー(Tableau)でジャクソンスクエアを見下ろしながらのんびりディナーを楽しみましょう。メニューには、地元で水揚げされた魚のソテーやカモのコンフィなど、伝統的なフランチクレオール料理が並んでいます。エース・ホテル・ニューオーリンズに戻る前に、マリニー地区で夜のひとときをお過ごしください。活気あふれるアートシーンで知られるこのエリアには、ギャラリー、ライブミュージック会場、アートマーケットがあります。多くのワインバー、ジャズクラブ、深夜営業の酒場があり、地元のクリエイティブな人々が集まってきて楽しい時間を過ごします。

438キロメートル
車で 4.75 日
04
ルイジアナ州のエイブリー島にあるジャングルガーデン内を巡る人々
詳細を表示

バトンルージュとエイブリー島の名所

この日はまずバトンルージュへ車で向かい、ステンドグラスのドームが素晴らしい国定歴史建造物、オールド・ステート・キャピトル博物館(Old State Capitol Museum)を見学します。ガイド付きのツアーに参加したり、ルイジアナ州の歴史を称えるさまざまな企画展を見て回りましょう。見学後、ラムチョップがおいしいストローブ・シーフード・アンド・ステーキ(Stroubes Seafood & Steaks)か、スキレットコーンブレッドやジャーキー風味のポークシャンクなどのルイジアナ料理のテイストを取り入れたメニューで知られるチェチェリア・クレオール・ビストロ(Cecelia Creole Bistro)で地元の人々とランチを楽しみましょう。

午後は車でエイブリー島(Avery Island)へ向かい、タバスコ・ブランド・ファクトリー・ツアー・アンド・ミュージアム(Tabasco Brand Factory Tour & Museum)とジャングルガーデンズを(Jungle Gardens)を見学します。セルフガイドツアーで、有名なホットソースとその製造方法について学びます。その後、隣接する植物園と、バイユー・プティ・アンス(Bayou Petite Anse)沿いに広がる鳥類保護区を散策します。

この日の最後は車でレイクチャールズへ移動して、ゴールデン・ナゲット・レイク・チャールズ・ホテル・アンド・カジノ(Golden Nugget Lake Charles Hotel & Casino)にチェックインします。ここでは地元のミュージシャンやコメディアンによるライブショーなど、ラスベガススタイルのさまざまなエンターテインメントを楽しむことができます。絶品料理もぜひお試しください。ソルトグラス・ステーキ・ハウス(Saltgrass Steak House)の柔らかいベイビー・バック・リブは絶対に外せません。ブルー・マティーニ・ラウンジ(Blue Martini Lounge)では、おしゃれな雰囲気の中でタパスをつまみながらカクテルを楽しめます。

372キロメートル
車で 4 時間
05
ルイジアナ州ブローブリッジのマーティン湖でカヤックを楽しむ人
詳細を表示

クレオール・ネイチャー・トレイルとスワンプ・ツアーで素晴らしきアウトドアの世界へ

レイクチャールズからクレオール・ネイチャー・トレイル(Creole Nature Trail)をドライブして、ルイジアナ州の手つかずの自然を体験しましょう。海岸沿いの湿地帯の絶景に目を見張り、野生生物の保護区を通過し、広大な沼地の写真を撮影します。Creole Nature Trail All-American Road アプリをダウンロードして、地元の情報を入手すれば、ツアーガイドが車に同乗しているようなものです。

ラファイエットに向かい、バーミリオンビル・ヒストリック・ビレッジ(Vermilionville Historic Village)にあるラ・キュイジーヌ・ドゥ・ママン(La Cuisine de Maman)でお昼の休憩を取りましょう。おいしいガンボとナマズのフライがおすすめです。それともルイジアナ州ラファイエットのローラズ II(Laura's II)で、オクラとキャベツの蒸し煮を添えた定番のプレートランチはいかがでしょうか。

午後は、ブローブリッジにあるシャンペインズ・ケイジャン・スワンプ・ツアーズ(Champagne's Cajun Swamp Tours)が開催する、エアボート、スワンプボート、カヤックによるマーティン湖(Lake Martin)のクルージングを楽しみます。マーティン湖は野生動物観察愛好家のパラダイスです。糸杉の大木に覆われた自然の生息地で暮らすオオアオサギ、ペリカン、アリゲーターの姿を見ることができます。

この日の締めくくりは、美しい風景を眺めながらのニューオーリンズへのドライブです。もう一度エース・ホテル・ニューオーリンズに戻ってチェックインしたら、ルーフトップバーのプールサイドでカクテルを楽しんだり、街のかなたに沈みゆく太陽を眺めながら天然もののカキを味わってください。翌朝、気持ちよく目覚めたら、ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港(MSY)からのフライトで帰路につきます。

さらに調べる