Skip to main content
  • タモンベイで過ごすのんびりとした時間
    詳細を表示

    タモンベイで過ごすのんびりとした時間

  • 地元の味:ビーチ沿いで楽しむ軽食
    詳細を表示

    地元の味:ビーチ沿いで楽しむ軽食

  • リティディアン岬で一息
    詳細を表示

    リティディアン岬で一息

  • イナラハン天然プールで海水浴
    詳細を表示

    イナラハン天然プールで海水浴

  • ハガニアの人々との触れ合い
    詳細を表示

    ハガニアの人々との触れ合い

手つかずの自然美の中でこの地ならではの味覚を堪能
詳細を表示

グアム島:自然美と文化の魅力に満ち溢れた島

提供 Amy Lynch

  • 経路の距離:
    116.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    2 日

手つかずの自然美の中でこの地ならではの味覚を堪能

「アメリカの 1 日が始まる場所」として知られるグアム島は、その文字どおり、アメリカで一番早く日の出を迎えます。息をのむようなトロピカルな美しさが人気のグアムは、行くところどころに新しい、味、冒険、発見のある、ロードトリッパーのパラダイスです。グアム旅行で目を引くものの 1 つはこの島のチャモロの文化でしょう。スペインの影響を深く受けていて、グアムのどこにいても、音楽や芸術、建築物、色鮮やかでおいしい料理などから、それを少なからず感じることができます。グアム島は、南北が最大で 48 キロメートル、東西が最大で 15 キロメートルしかないので、移動は難しくありません。旅行を最大限に楽しむためにも、このロードトリップを参考にして、島を余すことなく満喫しましょう。

01
タモンベイで過ごすのんびりとした時間
詳細を表示

タモンベイで過ごすのんびりとした時間

ほとんどの旅行者がタモンベイ(Tumon Bay)にあるタムニング(Tamuning)か、すぐ隣のアルパンビーチ(Alapung Beach)から旅を始めます。どちらも空港からルート 10A(Route 10A)とサウス・マリン・コア・ドライブ(South Marine Corps Drive)を通って車ですぐのところにあります。長く延びる海岸線には、パラセーリング体験、バナナボートのレンタル、シュノーケリングツアー、イルカとのふれあい、ほかにも色々なアクティビティを提供するウォータースポーツ店があります。またずらりと並んだダイビング会社は、旅慣れた人でもスリルを味わえるスキューバ体験を用意しています。

グアム島は一部をマリアナ海溝に囲まれています。つまり地球上で最も深い海底の近くに位置しており、ライセンスを持っているダイバーならどのようなスキルレベルでも見逃せない場所です。2 つの人工岩礁は、海中の探検家達にとっては忘れられない、世界的にも大切な名所です。1 つは第一次世界対戦時のドイツの軍艦、そして、もう 1 つは第二次世界大戦時の日本の貨物船で、この島の戦争の歴史を伝承しています。

1 km
02
地元の味:ビーチ沿いで楽しむ軽食
詳細を表示

地元の味:ビーチ沿いで楽しむ軽食

グアム島の本場の味を体験したい方に、いくつかの料理をご紹介しましょう。この島ならではの最高の味覚を求める旅行客が絶対に試すべき料理リストのトップに挙がる品々です。グアム島の代名詞と言えばケラグエンです。主要な材料は、鶏肉、レモン、玉ねぎ、ココナッツ。鶏肉の代わりに魚、牛肉、スパムが使われる場合もあります。辛みよりも柑橘系の酸味が効いた、さわやかながら複雑な味わいの料理です。

タモンベイで太陽を浴びてお腹を空かせた旅行客は、タモンビーチから 1 ブロック入ったところにあるビーチンシュリンプ(Beachin' Shrimp)に、山盛りのケラグエン目当てに向かいます。また、もう 1 ブロック先のメスクラドス(Meskla Dos)にも、クラシックなアメリカンスタイルのハンバーガー、ポテトフライとオニオンリング目当てに群がります。熱帯海洋性気候の下で涼みたい旅行客も地元の人も、瓶入りのレモンティーやアッサム・ミルク・ティー、そしてチャモロパンチなどの飲み物を楽しみます。また、タモンベイにある美しいクリスタルチャペル(Crystal Chapel)から北へわずか 100 メートルのガンビーチ(Gun Beach)は静かな場所です。そこには、長く静かな海岸沿いの端に佇むひっそりとしたすてきなパブがあります。このグアム・ビーチ・バー(Guam Beach Bar)では、地元料理のバーベキューチキンとスペアリブにレッドライス、軸つきコーンが人気です。グアムでは定番の調味料、塩味の醤油をベースにしたフィナデニソースを添えて召し上がれ。

30 km
1 時間車で
03
リティディアン岬で一息
詳細を表示

リティディアン岬で一息

自然が作り出す壮大な絶景を求めて、グアムルート 3A を進み、リティディアン岬(Ritidian Point)へ向かいます。この島最北端の場所には、国立野生生物保護区があります。緑豊かな自然に覆われ、目の前には果てしなく青い色が広がっています。グアムのはるか遠くの沖の波からは、穏やかで威厳のある自然の声が聞こえてくるようです。この保護区には、ハイキングトレイル、洞窟ツアー、白い砂浜のビーチ、ネイチャーセンター、近年発見された古代の村の遺跡などもあります。土曜日、日曜日、月曜日、火曜日のみ開園しています。

55 km
1.5 時間車で
04
イナラハン天然プールで海水浴
詳細を表示

イナラハン天然プールで海水浴

グアムならではの体験を求めるなら、リティディアン岬から島の中心に戻る際、曲がりくねった 55 キロメートルの道路をドライブするのもよいでしょう。グアムルート 4 を南東部に向けて進みます。公共の公園に続くイナラハン天然プール(Inarajan Natural Pool)に辿りつきます。一連の珊瑚礁が隆起して自然に形成されたことで、浅瀬での海水浴を楽しめます。シュノーケル初心者にも、たまに海水浴に行く人にも、あらゆる種類の熱帯魚を間近で見られる最高のスポットです。

30 km
1 時間車で
05
ハガニアの人々との触れ合い
詳細を表示

ハガニアの人々との触れ合い

地元の文化に五感でどっぷりと浸らなければ、グアムの旅は終わりません。地元の文化のほとんどは、天然プールからルート 4 を車で 30 キロメートル北に進んだ場所にある地域の中心ハガニア村で体験できます。この村はアルパンとタムニング/タモンベイから少し南部に位置し、さまざまな体験ができます。人口わずか 1000 人強の村ですが、一年を通じて、文化体験や、博物館、大聖堂、レストラン、マーケットを目当てに好奇心旺盛な旅行客が訪れます。

特にグアムミュージアム(Guam Museum)では島の歴史を垣間見ることができます。一方、村のレストランやお店では手作りの品やチャモロ料理を介して地元を身近に感じる体験ができます。典型的な地元体験をお望みなら、水曜の夜にハガニアにあるチャモロビレッジを訪れてみてください。この夜は、村の中心のマーケットがバーベキューの匂いや生演奏で活気付きます。グアムのアーティスト、職人、商店主の屋台がたち並び、それを目当てに集まる客で祭りのような賑わいになります。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ