Skip to main content
  • キーンランド競馬でゴールへ向かって勢いよくスタートするサラブレッド
    詳細を表示

    レキシントン:ケンタッキー州の食のルーツ

  • ケンタッキー・バーボン・ハウスにある年代物の貨車でふるまわれるおいしい料理とバーボンの試飲
    詳細を表示

    バーズタウン:バーボンカントリー

  • オーエンズボロにあるムーンライト BBQ ではおなじみのメインディッシュ、ピリ辛味のバーベキューリブ
    詳細を表示

    オーエンズボロ:ウエスタン・ケンタッキー・バーベキュー

  • 前菜のボーンマロー(骨髄)と付け合わせの炭火焼きパン
    詳細を表示

    ルイビル:トップにランクされる料理

バーズタウンで少量生産されているバーボンの深い琥珀色のボトル
詳細を表示

ケンタッキー州の味:燻製肉、滑らかな飲み口のバーボンなど

提供 Idoia Gkikas

  • 経路の距離:
    457.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    3 日

ケンタッキー州ではバーボンとバーベキューが君臨しています。

「アメリカ生まれの蒸留酒」として知られるバーボンウィスキーは、アメリカの名産品では唯一のアルコール飲料です。ケンタッキー州の人々は、世界のバーボンの 95 %という驚くべき量を生産するバーボンの蒸留所を誇りにしています。そしてバーベキューなら、ケンタッキー州はじっくりローストするマトンとビネガーベースのディップで有名です。ブルーグラスの州を通るこのロードトリップでは、ピリ辛のケンタッキーバーベキューを焼く技と滑らかな飲み口のバーボンの製造法が呼び物です。

01
キーンランド競馬でゴールへ向かって勢いよくスタートするサラブレッド
詳細を表示

レキシントン:ケンタッキー州の食のルーツ

ルイビル国際空港でレンタカーを借りて、1 時間半のドライブでレキシントンへ向かいます。コスモポリタンの雰囲気と伝統的な南部のもてなしの精神が混じり合うレキシントンでは、ケンタッキー州が誇る最高のもののいくつかに出会うことができます。たとえばケンタッキーバーボンです。タウン・ブランチ・バーボン(Town Branch Bourbon)のメーカーであり、ケンタッキー・バーボン・トレイル(Kentucky Bourbon Trail)にある 9 の蒸留所のひとつであるオルテック・レキシントン・ブルーイング・アンド・ディスティリング・カンパニー(Alltech Lexington Brewing and Distilling Co.)を訪れましょう。この蒸留所は、バーボンとクラフトビールの両方を製造している点で他とは異なっています。レキシントンのブルーグラストレイル(Brewgrass Trail)のガイドを手に入れて、地元のその他の醸造所をチェックしてみましょう。シンプルなサービスが売りのレッド・ステート・BBQ(Red State BBQ)では、お好みの伝統ソースでたっぷりのバーベキューランチを楽しんでください。国定歴史建造物に指定されているキーンランド競馬場(Keeneland)では、サラブレッドのレースや馬の飼育を見て回ることができます。4 月と 10 月のレースにはアメリカの大富豪も訪れます。近隣のフランクフォートではバッファロートレース蒸留所(Buffalo Trace Distillery)を訪れるのをお忘れなく。禁酒法時代に「医薬用」のウィスキーの製造許可を得て営業していた数少ない蒸留所のひとつです。

97 km
1 時間車で
02
ケンタッキー・バーボン・ハウスにある年代物の貨車でふるまわれるおいしい料理とバーボンの試飲
詳細を表示

バーズタウン:バーボンカントリー

レキシントンからケンタッキー・バーボン・トレイルをたどれば、フォア・ローゼズ・バーボン(Four Roses Bourbon)やワイルドターキー(Wild Turkey)の蒸留所を訪れることができます。どちらもローレンスバーグにあります。次は、レキシントンから西に 1 時間の所にあるバーズタウンです。この小さな町のことは聞いたことがないかもしれませんが、「USA トゥデイ(USA Today)」紙、フォーダーズ(Fodors)のガイドブック、「トラベル+レジャー(Travel + Leisure)」誌、ランドマクナリー社(Rand McNally)などから、アメリカで最も美しい町のひとつとして認識されてきました。6 つの注目に値する蒸留所があるのどかな町は、世界のバーボンの都としても知られるようになりました。ジム・ビーン・アメリカン・スティルハウス(Jim Beam American Stillhouse)ではぜひガイドツアーに参加してみてください。200 年以上の歴史があるジムビーン(Jim Beam)は、世界最高の売り上げを誇るバーボンです。要予約のツアーに参加し、ギフトショップでこの店の自慢の品を手に入れましょう。1787 年頃に建てられたチャペーズマンション(Chapeze Mansion)にあるケンタッキー・バーボン・ハウス(Kentucky Bourbon House)は昔ながらの南部の雰囲気があり、ウィスキーの飲み比べをしたり、バーボンカクテルのクラスを受けたり、丁寧につくられたミントジュレップを飲んだりすることができます。ミントは庭から摘んできたばかりのものが使われています。予約が必要です。最後にマイ・オールド・ケンタッキー・ディナー・トレイン(My Old Kentucky Dinner Train)に乗りましょう。バーボンエクスカーション(Bourbon Excursion)ツアーには、おいしい食事とバーボンの試飲が含まれています。

188 km
1.75 時間車で
03
オーエンズボロにあるムーンライト BBQ ではおなじみのメインディッシュ、ピリ辛味のバーベキューリブ
詳細を表示

オーエンズボロ:ウエスタン・ケンタッキー・バーベキュー

オーエンズボロまでは、ケンタッキー州の農地を通る美しい風景を楽しみながらのドライブです。オーエンズボロで有名なのは、ブルーグラスミュージックと人気のフェスティバル。そしてバーグーも忘れてはいけません。バーグーと呼ばれる郷土料理のシチューは、いくつかの種類の肉でつくられます。一般的には、マトン、豚肉、鶏肉、そしてビーフ。それに野菜、さらに通常はバーボンも使います。各レストラン、各家庭でそれぞれのベストの作り方があるのです。達人のアドバイス:おいしいバーグーは、スプーンがバーグーの中で立つくらい濃厚です。5 月から 9 月までの期間なら、市内の教会で盛んに開催されるバーベキューピクニックを探してみてください。国際バーベキューフェスティバル(International Bar-B-Q Festival)がお目当てなら、5 月の第 2 週末に訪れるようスケジュールを調整してください。一年中どの時期にこの町を訪れても、ムーンライト・バーベキュー・イン(Moonlite Bar-B-Q Inn)ならいつでもおいしいバーベキューにありつけます。ここは、ウェスターン・ケンタッキー BBQ トレイル(Western Kentucky BBQ Trail)の立ち寄りスポットになっています。1963 年創業のムーンライト・バーベキュー・インの伝説となっているビュッフェは、バーベキューの肉、南部風の付け合わせ、自家製のデザートが盛大にふるまわれます。食べすぎを気にすることはありません。にぎやかなルイビルを訪れるにはエネルギーが必要ですから。オーエンズボロからルイビルまでは2 時間弱で到着します。

172 km
1.75 時間車で
04
前菜のボーンマロー(骨髄)と付け合わせの炭火焼きパン
詳細を表示

ルイビル:トップにランクされる料理

チャーチルダウンズ競馬場(Churchill Downs)、ケンタッキーダービー(Kentucky Derby)、ルイビルスラッガー(Louisville Slugger)の野球バット、モハメド・アリで知られるルイビルは、多様な顔をもつ魅力的な観光都市です。しかし、最近この町の名声を押し上げているのは、すばらしいグルメシーンです。ルイビルは「ジェットセッター(Jetsetter Magazine)」誌でニュー・フード・シティのベストテンのひとつに、「USA トゥデイ」紙のベスト・ローカル・フード・シーン部門で第 2 位にランクされました。農場主が経営するハーベストレストラン(Harvest Restaurant)で地元の素朴なメニューをぜひお試しください。デッカ(Decca)の郷土料理と個性的なカクテルもおすすめです。もちろん、このおしゃれな南部の都市に来たらバーボンを試さずに帰るわけにはいきません。ケンタッキー州のバーボンの 3 分の 1 がここルイビルで生産されているのです。アーバン・バーボン・トレイル(Urban Bourbon Trail)をたどれば、バーボンがメインのカクテルや料理を提供するお気に入りのバーやレストランに何軒も出会えます。なかには100 種類以上のバーボンを揃えているところもあります。ルイビル国際空港から家路につく前に、お気に入りの蒸留所でバーボンを 1 本お土産に調達しましょう。

ケンタッキー州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ