Skip to main content
  • イリノイ州シカゴにあるルート 66 の起点、グラント公園にあるバッキンガム噴水
    詳細を表示

    シカゴ:イリノイ州とルート 66 への入り口

  • イリノイ州にあるジョリエット地域歴史博物でブルースブラザーズの像と共にくつろぐ人
    詳細を表示

    ジョリエット:アメリカのメインストリートをのんびり観光

  • イリノイ州ポンティアックにあるルート 66 のクラシックな壁画の前でポーズをとる家族
    詳細を表示

    ポンティアック:クラシックカーとクラシックな立ち寄り先

  • イリノイ州スプリングフィールドにあるエイブラハム・リンカーンの墓の胸像でリンカーンの鼻をこする子供
    詳細を表示

    スプリングフィールド:ルート 66 の象徴的なドライブインとその他の見どころ

  • イリノイ州エドワーズビル近郊のグレンカーボン屋根付き橋
    詳細を表示

    エドワーズビル:風光明媚でノスタルジックな立ち寄り先

イリノイ州アトランタの中心部を通るルート 66 をドライブ
詳細を表示

イリノイ州のルート 66:アメリカを代表する別名マザーロードで定番の観光スポット巡り

  • 経路の距離:
    510.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    3 日

「マザーロード」とも呼ばれるルート 66はアメリカを代表するロードトリップです。

州間高速道路網が整備されてから、ルート 66(Route 66)はかつての重要性を失いましたが、その後ルート 66 再興の機運が高まり、好奇心の強い旅行者が公道の自由さを再発見しました。この旅程では、ルート 66 のイリノイ州の部分を必見の象徴的スポットに立ち寄りながら、大都市シカゴから小さな町をいくつも巡ります。このルートをたどれば、ノスタルジックな道沿いの立ち寄り先、昔懐かしい食堂、ルート 66 にまつわる名所や博物館に出会えます。

01
イリノイ州シカゴにあるルート 66 の起点、グラント公園にあるバッキンガム噴水
詳細を表示

シカゴ:イリノイ州とルート 66 への入り口

シカゴオヘア国際空港(ORD)かミッドウェイ国際空港(MDW)に降り立ち、レンタカーを借りたら、旅の始まりです。でもその前に 2、3 日シカゴに滞在しましょう。ここではすべきことが実にたくさんあります。ダウンタウンの真ん中、イースト・アダムズ・ストリート(East Adams Street)のワバッシュアベニュー(Wabash Avenue)とミシガンアベニュー(Michigan Avenue)の間にある歴史的標識「Begin Route 66(ルート 66 の起点)」で写真を撮りましょう。その後ミシガンアベニューを渡ってシカゴ美術館(Art Institute of Chicago)を訪れます。1879 年に設立され、アメリカで最古、アメリカで第 2 の規模を誇る美術館です。

 

美術館はグラント公園(Grant Park)とミレニアム公園(Millennium Park)の境界にあります。どちらもシカゴで有数の人気スポットです。バッキンガム噴水(Buckingham Fountain)では壮観なウォーターショーが見られます。通常 5 月上旬から 10 月中旬まで開催されています。鏡のような彫像「クラウドゲート(Cloud Gate)」では群衆に交じって自撮り写真を撮影しましょう。この像は親しみを込めて「豆」と呼ばれることもあります。マギー・デイリー・パーク(Maggie Daley Park)に出かければ、ロッククライミングに挑戦したり、子供を巨大なプレイグラウンドで遊ばせたりできます。ミシガンアベニューのミシガン大通り橋(DuSable Bridge)より北のエリア、マグニフィセントマイル(Magnificent Mile)では高級品のショッピングを思い切り楽しみます。地上 400 メートル以上の高さがあるスカイデッキシカゴ(Skydeck Chicago)からシカゴ市街を見下ろすことをお忘れなく。次の立ち寄り先へ行く途中、ルート 66 の伝説のレストラン、ルー・ミッチェルズ・レストラン(Lou Mitchell’s Restaurant)で朝食かランチをぜひ。

77 km
1 時間/車で
02
イリノイ州にあるジョリエット地域歴史博物でブルースブラザーズの像と共にくつろぐ人
詳細を表示

ジョリエット:アメリカのメインストリートをのんびり観光

歴史あるルート 66 はいくつかの高速道路と州道を経てジョリエットに到着します。ルート 66 は長年にわたってルート変更が行われたため、いくつものルートがあるので、地図で調べてください。しばらくすると、ジョリエットの中心部にひときわ目を引く、そしておそらく見たことのある建物が見えてきます。旧ジョリエット刑務所(Old Joliet Prison)です。1858 年から 2002 年まで刑務所として使われ、1980 年代の映画「ブルースブラザーズ(Blues Brothers)」や大人気のテレビ番組「プリズンブレイク(Prison Break)」に登場しました。見学ツアーは開催されていませんが、写真は絶対に撮影しましょう。次に、ジョリエット地域歴史博物館(Joliet Area Historical Museum)とルート 66 ウェルカムセンター(Route 66 Welcome Center)で現地の歴史に関する記念の品々や対話式の展示を見学しましょう。ギフトショップで買い物をするのをお忘れなく。1926 年頃に建てられたギリシャ、ローマ、フランス、ビザンチンの様式の影響を見て取れる内装のリアルトスクエア劇場(Rialto Square Theatre)は、ルート 66 でも異彩を放つ寄り道ポイントです。ガイド付きツアーに参加して、この建物のすばらしい建築を堪能しましょう。ルート 66 パーク(Route 66 Park)にある「Kicks on 66」(66 号線に出発)の標識の前で記念撮影して、次の目的地への 1 時間のドライブに出発です。

99 km
1 時間/車で
03
イリノイ州ポンティアックにあるルート 66 のクラシックな壁画の前でポーズをとる家族
詳細を表示

ポンティアック:クラシックカーとクラシックな立ち寄り先

歴史あるルート 66 は高速道路 53 号線(Highway 53)を通ります。ポンティアックまでそのまま走ります。ポンティアックは、ルート 66 のランドマークがいくつかあるあたたかい雰囲気の町です。ちなみに町の名前はオタワインディアンの酋長から取られており、あのアメリカの自動車会社とは関係ありません。エディンガーズ・フィリング・ステーション(Edinger’s Filling Station)は、すべて自家製のパイ、ダイナースタイルの朝食とランチのメニューで地元では人気店となっています。ポンティアック-オークランド自動車博物館(Pontiac-Oakland Automobile Museum)で台数は少ないですがクラシックカーのコレクションを見学し、ルート 66 協会伝統博物館(Route 66 Association Hall of Fame & Museum)で見学ツアーに参加しましょう。この博物館は 100 年ほど前に建てられた消防署を利用しており、ルート 66 全体にまつわる品々のすばらしいコレクションとランドマークの写真を展示しています。博物館の外壁に描かれたルート 66 の巨大な壁画の写真を撮り、ダウンタウン界隈に 20 以上あるほかの壁画を探してみましょう。アメリカ歴史マニアなら、1875 郡庁舎に立ち寄って、若き日のエイブラハム・リンカーンの像と並んで写真を撮らずには帰れません。この町には、イリノイ州の「リンカーンを探す(Looking for Lincoln)」トレイルの 9 つの史跡があります。

170 km
1.75 時間/車で
04
イリノイ州スプリングフィールドにあるエイブラハム・リンカーンの墓の胸像でリンカーンの鼻をこする子供
詳細を表示

スプリングフィールド:ルート 66 の象徴的なドライブインとその他の見どころ

広大な農場の風景を眺め、車を止めてイリノイ州アトランタにある巨大なポール・バニヤンの像の写真を撮ります。この像の向かい側にあるパームズ・グリル・カフェ(Palms Grill Café)で軽くランチを取ります。ここは、ルート 66 の冒険にぴったりな、クラシックなメニューがある 1930~1940 年代風の食堂です。次に立ち寄るのはイリノイ州の州都スプリングフィールド。尊敬を集めるアメリカの第 16 代大統領リンカーンとの関係から、リンカーンゆかりの地として知られています。最先端の設備を誇るエイブラハム・リンカーン大統領博物館(Abraham Lincoln Presidential Museum)でツアーに参加し、リンカーン邸国立史跡(Lincoln Home National Historic Site)を訪れ、旧州会議事堂(Old State Capitol)を見学します。町の北西部に約 20 分車を走らせると、リンカーンズ・ニュー・セーラム州立史跡(Lincoln's New Salem State Historic Site)があります。ここは、成人したリンカーンがイリノイ州に戻って最初に居を構えた 1830 年代の村を再現しています。リンカーン、妻のメアリー、3 人の子供はスプリングフィールドのオークリッジ墓地(Oak Ridge Cemetery)のリンカーンの墓に葬られています。

9 月の最終週末にゆっくりスプリングフィールドを訪れるなら、国際ルート 66 マザーロード・フェスティバル(International Route 66 Mother Road Festival)にぜひ出かけてください。ダウンタウンの通りはクラシックカー、ライブミュージック、おいしい食べ物で埋め尽くされます。ルート 66 の象徴的なダイナー、コージー・ドッグ・ドライブイン(Cozy Dog Drive In)でスティックに刺したオリジナルのホットドッグをぜひ。日が沈んだら、ルート 66 ドライブイン(Route 66 Drive-In)の映画館に車を止め、売店でバケツ一杯のポップコーンを調達して、星空の下でハリウッドのヒット映画を楽しみましょう。次の日南に向かう途中、オーバーンの近くでちょっと回り道をして、米国国家歴史登録財に登録されている ルート 66 の旧道を通ってみましょう。手作業でれんがを敷き詰めた 2.25 キロメートルの区間です。

119 km
1.25 時間/車で
05
イリノイ州エドワーズビル近郊のグレンカーボン屋根付き橋
詳細を表示

エドワーズビル:風光明媚でノスタルジックな立ち寄り先

旅の最終行程には、道沿いにどうしてもチェックすべきすてきなスポットがいくつかあります。スプリングフィールドから歴史的なルート 66 を南に 1 時間走ると、ピンク・エレファント・アンティーク・モール(Pink Elephant Antique Mall)があります。ここはとにかくぜったいに立ち寄るべきスポットです。モールの外に、水着姿の男の巨大な像、UFO のような形の家、そしてもちろん巨大なピンクの象のオブジェもあります。立ち寄って、めまいがするほどたくさんあるアンティークや小物類を見て回ったり、巨大なソフトクリームのコーンのような形の老舗のアイスクリームショップ、トゥイスティートリート(Twistee Treat)で甘いものを食べたり。さらに南へ車を走らせ、再び回り道をしてウィージーズ・バー&グリル・イン・ハーメル(Weezy’s Bar & Grill in Hamel)を訪れます。いい意味でのクラシックな場末の酒場で、壁にはルート 66 の記念碑がたくさん飾られています。次に車を止めるのは、家族連れにやさしく趣のあるエドワーズビルです。徒歩で回れるダウンタウンエリアにはチェックすべきスポットがいくつかあります。たとえば、これまでで一番おいしいピッツァならデューイズピッツァ(Dewey’s Pizza)、ウィルディーシアター(Wildey Theatre)は 1909 年に設立されたコンサートホール兼映画館です。エドワーズビルのすぐ南にあるグレンカーボンでは、屋根付きの橋と 1853 年にこの町の鍛冶屋が建てたヤンダ・ログ・キャビン(Yanda Log Cabin)の美しい写真を撮影しましょう。家路につくためにセントルイス国際空港(St. Louis International Airport)へ向かう途中、オールド・チェーン・オブ・ロックス橋(Old Chain of Rocks Bridge)を見物するのもいいかもしれません。この橋は、ミシシッピ川を越えてイリノイ州とミズーリ州を結ぶ歴史的ルート 66 の一部です。

イリノイ州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
フォックス川沿いのリバーエッジパークでの生演奏

旅行先

オーロラ

ミシシッピ川の展望台でピクニックをする家族

旅行先

ガリーナ