Skip to main content
  • バーベキュースタイルで有名なカンザスシティ:時間をかけてスモークした肉と糖蜜入りトマトソース
    詳細を表示

    ミズーリ州カンザスシティで最高の美食を体験しましょう

  • ミズーリ州インディペンデンス市の美味しいバーベキュー
    詳細を表示

    ミズーリ州インディペンデンス市:小さな街の大きな味わい

  • スプリングフィールド近郊のルート 66 上で伝統的なミルクシェイクを楽しむカップル
    詳細を表示

    ミズーリ州スプリングフィールドの本場アメリカ式バーベキュー

  • ゲートウェイアーチはセントルイスの摩天楼で最も象徴的な ランドマークです
    詳細を表示

    風味と甘さが調和する ミズーリ州セントルイス

  • ケンタッキー州オーエンズボロの美しいオーエンズボロ橋の眺め
    詳細を表示

    マトンやバーグーだけではないケンタッキー州オーエンズボロ

  • ケンタッキー州ルイビルのメーカーズ・マーク・バーボンハウス・アンド・ラウンジでスピリッツを楽しむ人々
    詳細を表示

    ケンタッキー州ルイビルでバーボン、ビール、ブリスケットを堪能

ケンタッキー州オーエンズボロの国際バーベキューフェスティバルの情景
詳細を表示

バーベキューと醸造酒の旅 ミズーリ州からケンタッキー州へ

  • 経路の距離:
    1144.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    5 日

南東部の最高の味わいを求めて

テキサス州、南北カロライナ両州、そしてテネシー州はいずれも、アメリカ最高のバーベキューの拠点だと自負するかもしれませんが、やはりミズーリ州とケンタッキー州の美味しい店で体験できるスモーキーな風味と絶品の肉料理に叶うものはありません。 ここではおそらく初めてのマトン(羊肉)を味わえるだけでなく、運が良ければ大きなスヌート(豚の鼻)も試すことができるでしょう。 冷たい醸造ビールで流し込めば、ビールとバーベキューなら中西部に行けと言われる理由がわかることでしょう。

01
バーベキュースタイルで有名なカンザスシティ:時間をかけてスモークした肉と糖蜜入りトマトソース
詳細を表示

ミズーリ州カンザスシティで最高の美食を体験しましょう

この美食の旅のスタート地点であるカンザスシティ国際空港に降り立つと、すぐにバーベキューソースの匂いに気づくことでしょう。 この珠玉の都市は、ジャズ、名高い噴水、そしてもちろんバーベキューで知られています。 KC と略記されるカンザスシティには、アーサー・ブライアントによって生み出された独自のユニークなバーベキュースタイルがあります。彼が 1 世紀近くも前に開発した、トマトと糖蜜をベースとした甘いソースは、ポークリブ、スモークターキー、プルドポーク、その他さまざまな肉料理にぴったりです。 2 階建てでレンガ造りの老舗アーサー・ブライアンツ(Arthur Bryant’s)で、ぜひその味をお試しください。 もう 1 つ必見の店はゲイツバーベキュー(Gates Bar-B-Q)です。ここでは 60 年以上前から、人々がさまざまな種類のソースでスモークバーベキューを楽しんでいます。 より高級なバーベキューを体験したい方は、3 ヵ所あるジャック・スタック・バーベキュー(Jack Stack Barbecue)の店舗に足を運べば、ヒッコリーの薪によるレンガのかまどで焼き上げたデンバーカットのラムリブを楽しむことができます。でもまだお腹に余裕は残しておきましょう。次のお店では、新しいレベルのバーベキューを体験できます。

16 km
1日車で
02
ミズーリ州インディペンデンス市の美味しいバーベキュー
詳細を表示

ミズーリ州インディペンデンス市:小さな街の大きな味わい

カンザスシティからわずか 16 キロメートル東に位置する、由緒あるインディペンデンス市は、セントルイスに向かう道中でランチに立ち寄るには うってつけの場所です。 ここには手頃な素晴らしいバーベキューの店が軒を連ねています。 ア・リトル・バーベキュー・ジョイント(A Little BBQ Joint)でスモークミートローフや南部のプルドポークを楽しんだり、カンザスシティエリアのスポットとして人気の KC スモークハウスバーベキュー(KC Smokehouse Bar-B-Que)の支店では、スイート・コーン・ナゲット、ポテトスキン、ビーフリブ、ポークスペアリブ、骨付きチキンやバーントエンドを味わいながらくつろぐことができます。 さらにバンダナズバーベキュー(Bandana’s Bar-B-Q)では、ポーク、ビーフ、チキン、リブなどを本物の木材による燻製器で 14 時間もかけて焼き上げており、厳選された硬材が独特のスモークの風味を醸し出しています。 そして次の目的地スプリングフィールドでは、さらに多くの美味しい料理が待ち受けています。

273 km
3時間車で
03
スプリングフィールド近郊のルート 66 上で伝統的なミルクシェイクを楽しむカップル
詳細を表示

ミズーリ州スプリングフィールドの本場アメリカ式バーベキュー

アメリカ中部地域にあるスプリングフィールドは、オザーク高原の女王の街(Queen City of the Ozarks)、またルート 66 誕生の地(Birthplace of Route 66)とも呼ばれており、巨大小売店バス・プロ・ショップ「アウトドアワールド」(Bass Pro Shops Outdoor World)の本店があるほか、なんといっても美味しいバーベキューが人気です。 小さな建物の窓に「美味しい料理(Good Food)」とだけ書かれているパピーズプレイス(Pappy’s Place)は、ことによると見過ごされてしまうかもしれません。 でもこの地元で人気の店には素晴らしいプルドポークがあり、冷えたバドワイザーで流し込むと最高です。 ハイズマン賞の受賞者ビリー・シムズが開いた店であるビリー・シムズ・バーベキュー(Billy Sims Barbecue)では、ランニング・バック・リブ・ディナー、トリプル 20 プルドポーク、ハイズマンサンドウィッチなど、アメリカンフットボールの用語にちなんださまざまな料理を注文できます。 またシティ・ブッチャー・アンド・バーベキュー(City Butcher and Barbecue)は、テキサス式のバーベキューメニューで人気を博しています。 この店のブリスケット、バーントエンド、そしてポークベリーには熱狂的なファンがいます。 ピクルスのバーもあり、手作りソーセージ、パテ、カモのパストラミ、その他の珍味を含む肉料理もオーダーできます。 この店は先着順で、お肉がなくなればそれまでなので、早めに到着するようにしましょう。 自分好みのさまざまなソースやサイドディッシュを探すなら、受賞歴のあるホール・ホグ・カフェ(Whole Hog Café)がよいでしょう。ここには 6 種類のソース(カウンターにだけ置いてあるボルケーノソースも入れれば 7 種類)が用意されており、チーズ掛けコーンやポテトサラダも有名です。 次の目的地であるセント ルイスはここから数時間かかるため、到着までにまた十分お腹を空かせられることでしょう。

348 km
4時間車で
04
ゲートウェイアーチはセントルイスの摩天楼で最も象徴的な ランドマークです
詳細を表示

風味と甘さが調和する ミズーリ州セントルイス

象徴的なゲートウェイアーチとルート 66 で知られるセント ルイスでは、バーベキューの風味の豊かさと奥深さに驚くことでしょう。 スイートアップルとチェリーウッドの材木を使い 14 時間かけて燻製される、香辛料をすり込んだドライラブのリブ料理で全国的に有名なパピーズスモークハウス(Pappy’s Smokehouse)のような店では、味覚が魅了されることうけあいです。 この店ではフリトスのコーンチップにお好みのバーベキュー肉、ベークドビーンズ、チェダーチーズとオニオンを載せたパピーズ・フリト・パイ(Pappy’s Frito Pie)などの料理を目当てにやってくる人々の行列が入り口の外まで続いています。 姉妹店のボガーツスモークハウス(Bogart’s Smokehouse)も、さまざまな美味しい肉料理やサイドディッシュを、甘くスモーキーなカンザスシティスタイルのスイート・ミーガン・アン(Sweet Maegan Ann)などのオリジナルソースを添えて提供しています。 ただ単に最高の燻製肉と美味しいサイドディッシュだけを味わいたいなら、パピーズとボガーズの姉妹店であるアダムズスモークハウス(Adam’s Smokehouse)をお試しください。そしてセントルイスを発つ前には、 必ず街の名前を冠した料理である セントルイス・スタイル・リブもお忘れなく。これはポークスペアリブを小さな長方形に切り分けた料理です。最も美味しい店の 1 つは ミス・ピギーズ・スモークハウス(Ms. Piggies’ Smokehouse)で、ここではリラックスして気軽に料理をオーダーできます。 その後は、次のケンタッキー州でバーベキューにまたどのような独自の味わいが加えられているかを楽しみにしてください。

330 km
3時間車で
05
ケンタッキー州オーエンズボロの美しいオーエンズボロ橋の眺め
詳細を表示

マトンやバーグーだけではないケンタッキー州オーエンズボロ

世界のマトンの中心地として知られ、家族連れに優しくブルーグラス音楽のメッカでもあるオーエンズボロでは、ぜひ薄切りや裂いたマトンを、「バーグー」という濃い肉入りシチューとともにお試しください。軽く味見するなら、オールド・ヒッコリー・バーベキュー(Old Hickory Bar-B-Q)をお勧めします。この店では独自に食肉の加工を行い、それをスライスしてから 18~22 時間ほど調理しています。 その場でマトンをオーダーしたら、ついでにデザートの自家製コブラーやバナナプディングもお忘れなく。 街の反対側にあるムーンライト・バーベキュー・イン(Moonlite Bar-B-Que Inn)では、ケンタッキー州の極上の伝統に従って、マトンをカスタム設計の燻製器で最大 18 時間ほどかけて調理しています。 その他のお勧めメニューには、ビーフブリスケットやボストンバットなどがあります。 この店は早朝 9 時から営業しているため、試しにここでいつもと違った朝食をとってから、その後ルイビルへと出発するのもよいでしょう。

174 km
2時間車で
06
ケンタッキー州ルイビルのメーカーズ・マーク・バーボンハウス・アンド・ラウンジでスピリッツを楽しむ人々
詳細を表示

ケンタッキー州ルイビルでバーボン、ビール、ブリスケットを堪能

ルイビルに到着すると、この街では「B」で始まる名物がバーベキューだけではないことがわかります。この街はにぎやかなケンタッキーダービーの本拠地であり、バーボン、ビール、そしてブリスケットでも有名です。 これらすべてを 1 ヵ所に集めたダウン・ワン・バーボン・バー・アンド・レストラン(Down One Bourbon Bar & Restaurant)のような場所では、160 種類のバーボンから好きなものを選んで味わいながら、ゴルゴンゾーラチーズを詰めたナツメヤシのベーコン巻きや、国内でも最高のバーベキューサンドイッチの 1 つと言われる有名な 3 匹の子豚サンドイッチも楽しむことができます。 カジュアルな雰囲気の中で最高のビールと肉料理を味わうなら、フランクフォート・アベニュー・ビール・ディーポ(Frankfort Avenue Beer Depot)にお立ち寄りください。この店にはリブやサンドイッチ、サイドディッシュなど味わい豊かな料理が取り揃えられており、さらに無料でミニゴルフも楽しめます。 また、ママズ・マスタード・ピクルス・アンド・バーベキュー(Momma's Mustard, Pickles & BBQ)に足を伸ばせば、カンザスシティスタイルのバーベキューが、文字通りオーナーの母親によるレシピで作られたマスタードやピクルスとともに用意されています。 バーベキュー以外の料理を試したければ、ハンマーヘッズ(Hammerheads)に向かうとよいでしょう。チキンやワッフル、鴨の脂で揚げたダック・ファット・フライ、ポークベリー・ベイクドビーンズ、スモーク・チェダー・グリッツ・ケーキなども楽しめます。 またブルーグラス・ブルーイング・カンパニー(Bluegrass Brewing Company)やアゲンスト・ザ・グレイン(Against the Grain)では、ルイビルでも最高の地元産ビールを味わうことができますが、運転する前には必ず十分な消化の時間を取ってください。 それから、ルイビル国際航空を出発しましょう。 次にお腹が空くまでには、かなり時間がかかるでしょう!

オフィシャル・トラベル・サウス情報

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ