Skip to main content
  • アラバマ州バーミンガムのケリー・イングラム・パークにある牧師の銅像
    詳細を表示

    アラバマ州バーミンガムでキング牧師の足跡をたどりましょう

  • アラバマ州タスキーギーのダウンタウン、 アメリカ国立公園局の史跡から車ですぐ
    詳細を表示

    アラバマ州タスキーギーの公民権闘争の縮図

  • アラバマ州モンゴメリーのローザ・パークス博物館で、バスボイコット事件を体感しましょう
    詳細を表示

    セルマとモンゴメリーを結ぶ国立歴史トレイルをたどりましょう

  • ミシシッピ州ジャクソンのアラモ劇場
    詳細を表示

    ミシシッピ州ジャクソン: 公民権運動の中心地

  • リトルロック・セントラル・ハイスクール国定史跡、アメリカで最も重要な公民権運動史跡のひとつ
    詳細を表示

    アーカンソー州リトルロック:セントラルハイスクール国定史跡とその他の見どころ

  • テネシー州メンフィスの国立公民権運動博物館
    詳細を表示

    テネシー州メンフィスの公民権運動博物館と音楽

  • ジョージア州アトランタの APEX 博物館
    詳細を表示

    ジョージア州アトランタにあるマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生家

バーミンガムの 16 番通りバプティスト教会の前で記念写真を撮影
詳細を表示

自由への道のりの変遷: 公民権の歴史ツアー

  • 経路の距離:
    2091.00 km
  • おすすめの旅行期間:
    6 日

南東部での闘争に敬意を表し、いにしえの偉人たちを讃えましょう

アメリカ南部を語る上で、公民権は最も二面性のあるテーマです。 このテーマは 1 つの区分であるだけではなく、その糸をたどることは浮き沈みを追体験し、沈んでいた時代がポジティブな変化をもたらす注目とエネルギーをいかにして引き出したかを理解することであるためです。 マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生家や 彼に縁のある場所、祈念碑、博物館、史跡を巡ることで、運動の戦士たち、子供、同僚、聖職者たちに出会えることでしょう。

01
アラバマ州バーミンガムのケリー・イングラム・パークにある牧師の銅像
詳細を表示

アラバマ州バーミンガムでキング牧師の足跡をたどりましょう

飛行機でバーミンガム(Birmingham)のシャトルズワース国際空港(Shuttlesworth International Airport)(公民権運動の活動家ロバート・フレッド・シャトルズワースにちなんで名付けられた)に向かうか、あるいはハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport)から車で移動します(約 1 時間半)。 いたるところにマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Dr.Martin Luther King, Jr.)牧師の足跡が残っている、活気に溢れ、文化遺産がそこかしこにあるこの都市の中心部が近づくにつれて、 心が高鳴ることでしょう。 バーミンガムで歴史的な公民権イベントが開催された 1963 年 4 月に、近年で最も偉大な活動家がこの都市を訪れました。 まずは、バーミングハム公民権運動博物館(Birmingham Civil Rights Institute)を訪問しましょう。ここでは、デモ参加者がケリー・イングラム・パーク(Kelly Ingram Park)で集った場所が展示されています。 バーミングハム公民権運動博物館には、キング牧師が「バーミンガム監獄からの手紙(Letter from a Birmingham jail)」を書いた独房のドアと鉄格子、「わたしには夢がある(I Have a Dream)」というスピーチのフィルムが展示されています。 その近くのフォース・アベニュー・ノース・ヒストリック・ディストリクト(Fourth Avenue North Historic District)も訪れてみましょう。ここは、キング牧師の時代の黒人たちのビジネス地区でした。 16 番通りバプティスト教会(16th Street Baptist Church)で現在行われている日曜礼拝は、キング牧師が訪れた頃より少し変化しています。 この都市を離れる際には、ベッセマー(Bessemer)の町に立ち寄り、ギプスプレイス(Gip's Place)の裏庭にあるアメリカで最も古い現存している最後の「ジュークジョイント」を訪れてみましょう。 

211 km
2時間/車で
02
アラバマ州タスキーギーのダウンタウン、 アメリカ国立公園局の史跡から車ですぐ
詳細を表示

アラバマ州タスキーギーの公民権闘争の縮図

タスキーギー(Tuskegee)には、公民権の歴史を物語るさまざまなモニュメントや博物館があります。 まずはタスキーギー大学(Tuskegee University)を訪れましょう。ここはかつてはタスキーギー・インスティテュート(Tuskegee Institute)と呼ばれ、 ブッカー・T・ワシントン(Booker T. Washington)によって 1881 年にアフリカ系アメリカ人教師を育成するための学校として設立されました。 週末なら、ワシントンの家「オークス(The Oaks)」へのガイド付きツアーに参加しましょう。あるいはジョージ ワシントン カーバー博物館(George Washington Carver Museum)や歴史地区に指定されているキャンパスを散策するのも良いでしょう。 大学のチャペルも覗いてみましょう。「歌う窓(Singing Windows)」と呼ばれるステンドグラスに 11 人の黒人聖歌が描かれています。また、タスキーギ・エアメン・ナショナル・ヒストリック・サイト(Tuskegee Airmen National Historic Site)も必見です。ここでは、格納庫博物館、通路の展示、飛行機の乗り入れなどの定期的なイベントによって、黒人パイロットの先駆者たちの物語が紹介されています。 タスキーギーを離れる前に、タスキーギー人権&公民権多文化センター(Tuskegee Human & Civil Rights Multicultural Center)を訪れましょう。ここでは、 20 世紀中頃のアメリカ公民権闘争と、いにしえのヨーロッパの探検家とアメリカ原住民の間の闘争の類似点に関する詳細な資料が展示されています。その後、西のセルマ(Selma)に向かいます。

64 km
1 時間/車で
03
アラバマ州モンゴメリーのローザ・パークス博物館で、バスボイコット事件を体感しましょう
詳細を表示

セルマとモンゴメリーを結ぶ国立歴史トレイルをたどりましょう

タスキーギーとジャクソン(Jackson)の間を移動するとき、モンゴメリー(Montgomery)とセルマ(Selma)を通過します。1965 年に投票権を求めて行進した人々を記念する、セルマとモンゴメリーを結ぶ国立歴史トレイル(National Historic Trail)の出発地点と終点の間の距離は 98 キロメートルです。 モンゴメリーでは、ダウンタウンを散策する前に、公民権運動の礎となった場所の 1 つ、デクスター・アベニュー・キング・メモリアル・バプティスト教会(Dexter Avenue King Memorial Baptist Church)を訪れましょう。ここは、 キング牧師が生活し、説教を行い、モンゴメリー・バス・ボイコット(Montgomery Bus Boycott)を計画した場所です。 その後、ローザ・パークス博物館(Rosa Parks Library and Museum)、隔離された公共交通機関に対して抵抗したあらゆる人種の人々を記念するフリーダムライド博物館(Freedom Rides Museum)を訪れましょう。 ヘインズビル(Haynesville)とラウンズ郡利用案内センター(Lowndes Interpretive Center)に移動し、ルート沿いの展示を見学します。 セルマに到着したら、セルマ利用案内センター(Selma Interpretive Center)に向かいます。ここでは、「血の日曜日」に武装していない最前列の行進者たちを軍隊が攻撃した様子が説明されています。 ミシシッピ州に移動する前に、行進の出発点となったブラウン・チャペル・アフリカン・メソジスト聖公会(Brown Chapel African Methodist Episcopal Church)、国立投票権博物館(National Voting Rights Museum and Institute)、奴隷制&南北戦争博物館(Slavery & Civil War Museum)にも一見の価値があります。

399 km
4時間/車で
04
ミシシッピ州ジャクソンのアラモ劇場
詳細を表示

ミシシッピ州ジャクソン: 公民権運動の中心地

ミシシッピ州の首都に向かう途中で、公民権運動の中心地であったメリディアン(Meridian)に立ち寄り、1964 年の「自由の夏(Freedom Summer)」に死亡したジェームス・チェイニー(James Chaney)など、公民権運動で亡くなった人々に思いをはせましょう。 その後、ジャクソン(Jackson)に移動し、ミシシッピ州で最初のアフリカ系アメリカ人向けの公立学校内にあるスミス・ロバートソン博物館&文化センター(Smith Robertson Museum and Cultural Center)を訪れます。 次に、トゥーガルー大学(Tougaloo College)を訪問し、ファリシュ通り(Farish Street)を探索しましょう。ここには改装されたアラモ劇場(Alamo Theater)があり、黒人ビジネスの歴史的中心地でした。 お腹が空いたら、温かいスモークソーセージのサンドイッチをお試しください。 ジャクソンは有名な公民権運動の先駆者であったメドガー・エバーズ(Medgar Evers)の出身地でもあります。彼の名を冠した博物館では、その生涯と 1963 年の白人至上主義者による暗殺が伝えられています。 次の目的地に向かう途中で、グリーンウッド(Greenwood)でシルベスター・フーバー(Sylvester Hoover)と落ち合い、マネー(Money)の町にあるブライアントの食品雑貨店(Bryant’s Grocery)に案内してもらいます。これは、当時 14 歳だったエメット・ティの殺害事件に縁のある場所です。 ティルの死はアメリカ公民権の闘争について言及される際にしばしば 取り上げられます。 時間に余裕があれば、ミシシッピ州の市民権運動にまつわるその他の場所に寄り道してくれるようにフーバーに頼んでみてください。

423 km
4.5時間/車で
05
リトルロック・セントラル・ハイスクール国定史跡、アメリカで最も重要な公民権運動史跡のひとつ
詳細を表示

アーカンソー州リトルロック:セントラルハイスクール国定史跡とその他の見どころ

ジャクソンから車を走らせること 4 時間半。アーカンソー州リトルロックには、アメリカの公民権運動におけるもっとも重要な史跡、セントラルハイスクール国定史跡(Central High School National Historic Site)があります。この史跡は、1957 年に 9 名のアフリカ系アメリカ人の生徒たちが立ち上がり、質の高い教育を求めて、それまで白人生徒のみだった高校の門戸を黒人生徒にも開放した場所です。この勇気ある生徒たちは「リトルロックの 9 人」(Little Rock Nine)として知られています。また、アーカンソー州公民権歴史ツアー(Arkansas Civil Rights History Tour)アプリを使うと、リトルロック地域にある 35 ヵ所以上のアフリカ系アメリカ人に関連する史跡について深く知ることができます。ダウンタウンを通るアーカンソー・シビル・ライツ・ヘリテージ・トレイル(Arkansas Civil Rights Heritage Trail)に沿って歩いてみましょう。このトレイルは、アーカンソー州で人種や民族の正義のために闘った人々が払った犠牲や成し遂げた偉業を称えるものです。リトルロックの滞在の締めくくりに、モザイクテンプラー文化センター(Mosaic Templars Cultural Center)、クリントン・プレジデンシャル・センター(Clinton Presidential Center)とそこに展示されているアンネ・フランク・ツリー(Anne Frank Tree)、デイジー・ベイツの家(Daisy Bates House)など、バラエティ豊かな見どころも見学しておきましょう。公民権関連としては、アメリカ南部の州議事堂に敷地に設置された初の記念碑であるリトルロックの 9 人の記念像「テスタメント(Testament)」も外せません。テネシー州にある次の目的地に向けて出発する前に、ラッシイン(Lassis Inn)またはシムズバーベキュー(Sims Bar-B-Que)で食事をしていきませんか。どちらの店もリトルロックでは昔からの名店です。オーナーはアフリカ系アメリカ人で、長年にわたり全国的に絶賛されています。

220 km
2.25時間/車で
06
テネシー州メンフィスの国立公民権運動博物館
詳細を表示

テネシー州メンフィスの公民権運動博物館と音楽

メンフィス(Memphis)は民権運動の引き金となった場所であり、伝説的な音楽業界と関連しています。まずはメンフィスの旧ロレインモーテル(Lorraine Motel)の中にある国立公民権運動博物館(National Civil Rights Museum)を訪れ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Dr.Martin Luther King, Jr.)牧師が暗殺されたモーテル内の部屋やバルコニーを 見学しましょう。 博物館の向かいには、狙撃犯が立っていた宿泊施設があります。 この古い建物の中には、キング牧師暗殺に関する調査、捜索、足跡の詳細が展示されています。 メンフィスにはほかにも、バークルエステート(Burkle Estate)や地下鉄道(Underground Railroad)が停車したと噂される場所から、アイダ・B・ウェルズ(Ida B. Wells)などの活動家を讃える歴史的な記念碑、 キング牧師が最後の演説を行ったメイソン・テンプル(Mason Temple) まで、市民権運動にまつわる重要な場所が数多くあります。 ビールストリートの ウィザーズ・コレクション・ミュージアム&ギャラリー(Withers Collection Museum & Gallery)は必見です。 旅の締めくくりはメンフィス・ロックン・ソール博物館(Memphis Rock ‘n’ Soul Museum)かスタックスアメリカンソウルミュージック博物館(Stax Museum of American Soul Music)で。ここでは、メンフィスの音楽業界の内情と南部の公民権運動とのつながりを知ることができます。 これらの場所を訪れることで、このアトランタへの旅の最終目的地のサウンドトラックが自然の頭に浮かぶかもしれませんね。

610 km
6時間/車で
07
ジョージア州アトランタの APEX 博物館
詳細を表示

ジョージア州アトランタにあるマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生家

歴史の舞台であり、文化が豊かなアトランタへのドライブには時間がかかりますが、訪れる価値があります。教会、フェスティバル、新しい市民権・人権博物館(Center for Civil and Human Rights)などが公民権運動の中心地であったことを物語っています。 アトランタを最も有名にしているのはマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Dr.Martin Luther King, Jr.)牧師の生誕地であるという事実です。 オーバーン通りにあるキング牧師の生家へのガイド付きツアーに参加し、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師について知りましょう。 国立史跡(Lincoln Home National Historic Site)では、キング牧師一家が 3 世代にわたって説教を行ったエベニーザーバプティスト教会(Ebenezer Baptist Church)、キング牧師とその妻コレッタ(Coretta)が埋葬されているキングセンター(The King Center)、ローザ・パークス(Rosa Parks)、デズモンド・ツツ(Desmond Tutu)などの足跡が埋め込まれている国際民権名誉の殿堂(International Civil Rights Walk of Fame)をガイドなしで見学します。 その周囲のスイートオーバーン地区(Sweet Auburn District)を散策してみましょう。 3 月から 11 月までは、アトランタ保護センター(Atlanta Preservation Center)の講師がガイドとして案内してくれます。あるいは、自分で見て回り、中世から 1800 年代までのスイートオーバーンの歴史が展示されている APEX 博物館(APEX Museum)に立ち寄るのも良いでしょう。 ダウンタウンからアトランタのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport)まではわずか 13 キロメートルです。

オフィシャル・トラベル・サウス情報