Skip to main content
  • ケンタッキー州ルイビルのダウンタウンにあるオールドフォレスター蒸留所を見学
    詳細を表示

    ケンタッキー州ルイビル:ケンタッキーバーボンにつながる都会の玄関口

  • ケンタッキー州レキシントンのキーンランド競馬場で競馬がスタート
    詳細を表示

    ケンタッキー州レキシントン:エンターテインメントと牧歌的な風景

  • ケンタッキー州オーエンズボロのロンプフェスティバルで演奏するブルーグラスのバンド
    詳細を表示

    ケンタッキー州オーエンズボロ:ブルーグラスとバーベキュー

  • ミズーリ州セントルイスのゲートウェイアーチ国立公園
    詳細を表示

    ミズーリ州セントルイス:アメリカの象徴

  • ミズーリ州ブランソンの人気ライブショー「ヘイグッズ」
    詳細を表示

    ミズーリ州ブランソン:注目のオザークスをご紹介

  • アーカンソー州ユリーカスプリングスのダウンタウンを散策するカップル
    詳細を表示

    アーカンソー州ユリーカスプリングス:趣深い山の歴史

  • アーカンソー州ベントンビルにあるクリスタル・ブリッジズ・ミュージアム・オブ・アメリカン・アートの展示
    詳細を表示

    アーカンソー州ベントンビル:小さな町の魅力からワールドクラスの芸術まで

  • アーカンソー州マウンテンビュー近郊にあるブランチャードスプリングス洞窟と保養地の地下通路
    詳細を表示

    アーカンソー州マウンテンビュー:オザークの自然と文化の中心地

レキシントンのケンタッキー・ホース・パークの緑豊かな丘陵地帯
詳細を表示

バーボン、ブルーグラス、バーベキュー:ルイビルからオザークまで南部を体験

提供 Jason Macumber

  • 経路の距離:
    1,800.00
  • おすすめの旅行期間:
    1 ~ 2 週間

南部の魅力たっぷりの 3 つの州、ケンタッキー州、ミズーリ州、アーカンソー州を巡るこの旅では、自慢のソウルフード、数々の史跡、そして素晴らしい風景に出会うことができます。

南部のホスピタリティの典型と言える町を巡りながら、贅沢なバーベキューを堪能し、魂のこもったブルーグラスに耳を傾け、上質なバーボンを一杯。南部の玄関口であるケンタッキー州ルイビル、ミズーリ州ブランソンの文化的モニュメント、アーカンソー州オザーク山地の驚くべき魅力を訪ねる旅です。光輝く都会から、心温まる田舎の夕べまで。飲んで、食べて、冒険への呼びかけに応える時です。

01
ケンタッキー州ルイビルのダウンタウンにあるオールドフォレスター蒸留所を見学
詳細を表示

ケンタッキー州ルイビル:ケンタッキーバーボンにつながる都会の玄関口

空路でルイビル国際空港(SDF)に入り、レンタカーを借りて一般道に出ます。旅のスタートは、この気持ちのいい街のダウンタウンからです。まずは「アメリカ初の瓶詰めバーボン」の商標で知られる、オールドフォレスター蒸留所(Old Forester Distillery)へ向かいましょう。蒸留所を見学すると、ウイスキー作りの一部始終がわかります。そしてもちろん、実際に味わうことができます!お酒を楽しんだら、馬好きの方はチャーチルダウンズ競馬場(Churchill Downs)と併設のケンタッキーダービー博物館(Kentucky Derby Museum)へぜひ足を運んでみてください。体験型の展示や、競馬の伝統にちなんだ品々が自慢の博物館で、午後を過ごすのにぴったりの場所です。すぐ隣のチャーチルダウンズ競馬場では、サラブレッドたちの活躍を見るだけでも圧倒されます。また、ルイビルは、単なるお酒と馬の街ではありません。まるで違う視点からも、この街を体験できます。自転車を借りて、チェロキー公園(Cherokee Park)をサイクリングしてみませんか。ペダルをこいでビッグ・フォー・ペデストリアン・アンド・バイク・ブリッジ(Big Four Pedestrian & Bike Bridge)を渡れば、がぜん食欲がわいてくるはず。この食欲を満たしてくれるベストなお店は、ヌル芸術地区(NuLu Arts District)にあるハーベスト(Harvest)でしょう。この受賞歴を誇るファーム・トゥ・テーブル(農場から食卓へ)のレストランは、飾らない郷土料理が評判で、新鮮な旬の食材を使っているため、メニューは定期的に変更されます。

126 km
1.5 時間/車で
02
ケンタッキー州レキシントンのキーンランド競馬場で競馬がスタート
詳細を表示

ケンタッキー州レキシントン:エンターテインメントと牧歌的な風景

ハーベストでお腹いっぱいになったら、車でケンタッキー州レキシントンへ。なだらかにうねる緑の草原と美しい農家、そして絶品のバーボンが待っています。到着したら、ケンタッキー大学(University of Kentucky)のケンタッキー州立樹木園・植物園(The Arboretum State Botanical Garden of Kentucky)で、キャンパスに広がる 44 ヘクタールの樹木園を散策して 1 日を過ごしてみませんか。バラ園では 1,200 種類のバラを観賞できます。また、レキシントンでは、ケンタッキー・ホース・パーク(Kentucky Horse Park)が必見です。敷地内には景色の良いトレイルがあるので、馬に乗って出かけましょう。教育目的の馬のテーマパークを兼ねた、馬牧場もご覧ください。この街で 1 泊する場合は、地元で人気のライブスポット、バール(The Burl)をのぞいてみてください。かつて列車車庫として使われていた所で、夜通し流行の曲を楽しめます。さて、オーエンズボロに向かう前に、ジェームズ・E・ペッパー蒸留所(James E. Pepper Distillery)を見学しましょう。バーボン製造の技術に感動した後は、採れたてのおいしい農産物を味わいに、目指すはミドル・フォーク・キッチン・バー(Middle Fork Kitchen Bar)です。パリパリした食感がお好みなら、農場特製のピクルスははずせません。

283 km
2.83時間/車で
03
ケンタッキー州オーエンズボロのロンプフェスティバルで演奏するブルーグラスのバンド
詳細を表示

ケンタッキー州オーエンズボロ:ブルーグラスとバーベキュー

たまらなくおいしいバーベキューを夢見て、車は一路、ケンタッキー州オーエンズボロへ。食欲を満足させてくれるのは、ムーンライト・バーベキュー・イン(Moonlite Bar-B-Q Inn)です。この田舎風の家族経営レストランは、ケンタッキー州独自のマトンで知られ、受賞歴のあるバーベキューでも有名です。新鮮な牛肉、食欲をそそるマトン、柔らかなプルドポークをぜひお試しください。デザートにはチェリーコブラーをお忘れなく。おいしいものを味わい尽くし後は、イエロークリーク公園(Yellow Creek Park)を散歩してカロリーを消費しましょう。ここにはたくさんのハイキングコースがあり、きらめく湖でインスタ向きの写真を撮ったり、保養地でピクニックしたりなど、ケンタッキー州の美しい自然を満喫できます。静かな午後を過ごすなら、ブルーグラスミュージック殿堂博物館(Bluegrass Hall of Fame and Museum)へどうぞ。体験型の展示を見学したり、バンジョーの生演奏を楽しんだり、楽器のデモンストレーションを通じてケンタッキー州の伝統の保護に触れたりすることができます。6 月にはロンプフェスティバル(ROMPfest)が開催されますので、お見逃しなく。このフェスティバルは 3 日間にわたるブルーグラスの祭典で、ケンタッキー州と州の音楽を称える素晴らしいバンドとパフォーマンスが見られます。興奮のさなかで音楽と月光を求める人のために、会場周辺にはキャンプ場が用意されています。

332 km
3.17時間/車で
04
ミズーリ州セントルイスのゲートウェイアーチ国立公園
詳細を表示

ミズーリ州セントルイス:アメリカの象徴

ブルーグラスとバーベキューをバックミラーに映しながら、南部の旅は、見どころ満載のミズーリ州セントルイスへと続きます。最初に訪ねるのは、ミシシッピ川沿いに広がるゲートウェイアーチ国立公園(Gateway Arch National Park)。見事なアーチを余すところなく写真に収めてから、旧裁判所(Old Courthouse)や西部開拓博物館(Museum of Westward Expansion)といった史的建造物を見て回りましょう。子供たちと一緒に楽しい午後を過ごすなら、フォレストパーク(Forest Park)のセントルイス動物園(St. Louis Zoo)は必見です。動物の研究と保護においてトップレベルの動物園で、巨大な白クマが歩き回る北極グマポイント(Polar Bear Point)やビッグ・キャット・カントリー(Big Cat Country)などが見どころです。ブルースを聴きたい方にお勧めなのは、国立ブルース博物館(National Blues Museum)。その日のあなたをブルースアーティストに変える、ワクワクするような体験ができます。音作りの興奮に浸り、最高に素敵な展示を見て回り、セントルイスの豊かな音楽の伝統をお楽しみください。さて、地元のおいしい食べ物を味わわなければ、この街を満喫したとは言えません。地元で人気のレストランは、パピーズスモークハウス(Pappy’s Smokehouse)です。薪でスモークした力強い風味のセントルイス風リブにかぶりつけば、味覚が刺激されること間違いなしです。

406 km
3.83時間/車で
05
ミズーリ州ブランソンの人気ライブショー「ヘイグッズ」
詳細を表示

ミズーリ州ブランソン:注目のオザークスをご紹介

ラグジュアリーなリゾートから活気あふれるエンターテインメントまで、ミズーリ州ブランソンは、オザークスの魅力へと通じる理想の玄関口です。ここではまず、1880 年代が再現されたシルバー・ダラー・シティ(Silver Dollar City)に行ってみましょう。40 を超える乗り物、陽気なエンターテインメント、そして素晴らしいショッピングが呼び物のテーマパークです。スリル満点のアメリカンプランジ(American Plunge)ははずせないアトラクションで、5 階の高さまで上った後、時速 56 キロメートルで水面めがけて急降下します。次はブランソンの有名な大通り、ストリップ(Strip)へ。ディック・クラークのアメリカン・バンドスタンド・シアター(Dick Clark’s American Bandstand Theatre)、ドリー・パートンのディクシースタンピード(Dolly Parton’s Dixie Stampede)、プレスリーのカントリージュビリー(Presley’s Country Jubilee)などのアトラクションが並んでいます。ブランソンで過ごす間は、ちょっと自分を甘やかしてあげましょう。オザーク山地の中心部、シャトー・オン・ザ・レイク・リゾート・スパ(Chateau on the Lake Resort Spa)で、ご自身に山の景色をプレゼントしてみては。80 分のマッサージで旅の疲れを癒やした後には、湖畔のシャトーグリル(Chateau Grille)でお食事をどうぞ。熱々のバターで茹でたエビが、柔らかくて絶品です。さて、ブランソンの旅の締めくくりは、タニーコモ湖(Lake Taneycomo)のサンセットクルーズです。大型リバーボートか豪華ヨットでブランソンランディング(Branson Landing)を出発し、太陽が地平線に沈みつつある街で、ここでしか見られない絶景に浸ります。

80 km
1.17 時間/車で
06
アーカンソー州ユリーカスプリングスのダウンタウンを散策するカップル
詳細を表示

アーカンソー州ユリーカスプリングス:趣深い山の歴史

ブランソンを出発したら、アーカンソー州ユリーカスプリングスまで少し迂回します。オザーク山地に囲まれたこの美しい町は、芸術の香り、アウトドアのレクリエーション、歴史的な魅力で観光客を魅了しています。トラムツアーで町の旅を始め、幽霊が出るというクレセントホテル(Crescent Hotel)やグロット・スプリング・ミュージアム(Grotto Spring Museum)など、人気の見どころをご覧ください。街巡りの後は、イントリーグシアター(Intrigue Theatre)でパフォーマンスを楽しみましょう。イリュージョニストのショーン・ポールが、想像を絶するマジックと不思議なショーで驚かせてくれます。そしてユリーカスプリングスでは、何と言ってもファネル・ケーキ・ファクトリー(Funnel Cake Factory)がお勧めです。具がぎっしり詰まったアメリカンドッグや、おいしいトッピングをのせたファネルケーキで地元の人に大人気のお店です。甘いものを堪能したら、ミッチェルズ・フォリー・アンティーク&ファインアート(Mitchell’s Folly Antiques & Fine Art)で午後を過ごしましょう。この魅惑的なお店は、年代物の美術品や骨董品を幅広く取り扱っており、一風変わった魅力が漂っています。最後にベースン・スプリング・パーク(Basin Spring Park)までドライブして、旅を締めくくります。ベースン・スプリング・パークは、地元のアメリカ先住民族や開拓者たちが利用していた、古くからある癒しの泉です。次の目的地に向かう前に、リフレッシュして充電するのにふさわしい場所と言えましょう。

63 km
1 時間/車で
07
アーカンソー州ベントンビルにあるクリスタル・ブリッジズ・ミュージアム・オブ・アメリカン・アートの展示
詳細を表示

アーカンソー州ベントンビル:小さな町の魅力からワールドクラスの芸術まで

癒しの泉で元気を取り戻したら、シートベルトを締めて、美しい景色を眺めながらアーカンソー州ベントンビルへと向かいます。小さな町の魅力、アートシーン、個性的なレストラン、そしてウォルマート(Walmart)の創業地として知られる町で、見どころやアクティビティが豊富です。クリスタル・ブリッジズ・ミュージアム・オブ・アメリカン・アート(Crystal Bridges Museum of American Art)では、ワールドクラスの展示をぜひご覧ください。ジョージア・オキーフ、ノーマン・ロックウェル、アンディ・ウォーホールなどの著名な芸術家の作品を展示するこの美術館は、手つかずのオザークの森に囲まれた建築の至宝です。ジェームズ・タレルの息をのむような「スカイスクレープ、ザ・ウェイ・オブ・カラー。」を含むアートトレイルを歩かずして美術館を後にはできません。さらにベントンビルの旅は、ザ・プリーチャーズ・サン(The Preacher's Son)に行かなければ完成しないでしょう。かつてゴシックリバイバル建築の教会だった場所が、今はエレガントなレストランに姿を変えました。地元産の持続可能な食材を使った、ジューシーな料理が自慢です。自家製のコーンブレッドとホイップバターは、口の中でとろける完璧な組み合わせです。この南部の大旅行の最終目的地へ向かう前に、ウォルマート博物館(Walmart Museum)に立ち寄って、歴史あるチェーン店の誕生に思いを馳せてみましょう。お店の伝統についての展示は訪れる価値があり、ギフトショップのお土産は素晴らしい贈り物になります。

270 km
3.42時間/車で
08
アーカンソー州マウンテンビュー近郊にあるブランチャードスプリングス洞窟と保養地の地下通路
詳細を表示

アーカンソー州マウンテンビュー:オザークの自然と文化の中心地

思わず圧倒されるような景色と自然の驚異が待ち受ける、アーカンソー州マウンテンビューへの旅の呼び声に応えて出発です。この日はオザーク・フォーク・センター州立公園(Ozark Folk Center State Park)からスタートしましょう。オザークの文化を紹介し、保存することをテーマにした、臨場感あふれる体験ができます。工芸作家や職人たちと出会い、ブルーグラスの美しいメロディに耳を傾け、広々としたハーブガーデンをさまよい歩きます。ランチはフライドチキンとビュッフェで有名な、敷地内のザ・スキレット・レストラン(The Skillet Restaurant)にしましょう。次はブランチャードスプリングス洞窟と保養地(Blanchard Springs Caverns & Recreation Area)で、思い切って地下探検を。見ごたえのある洞窟に踏み入れば、冷たく澄んだ川に足を浸してみたくなります。うっとりするようなウォーターワークス(Water Works)の展示も見逃さないでください。オザーク山地にはさまざまな絶景トレイルがあります。挑戦を求める人は、ノース・シルモア・クリーク(North Sylamore Creek)地帯に沿って砂岩の崖を見に出かけましょう。最後は、ピージェイズ・レインボー・カフェ(PJ’s Rainbow Café)へ。田舎風に揚げた料理を提供しており、誰もが喜ぶこと間違いなしです。お腹も冒険心も満たされ、テネシー州メンフィスの空港へ向かえば、旅もそろそろ終わりを迎えます。