Skip to main content
ウィスコンシン州の四季折々の楽しみ方
ウィスコンシン州の四季折々の楽しみ方
詳細を表示

四季折々の楽しみ方

ご存知のとおり、ウィスコンシン州の冬はとても寒いですが、そのおかげで冬はウィンタースポーツのパラダイス。ノルディックスキー、スノーモービル、スノーシュー、アイスフィッシングをあちこちで体験できます。春が訪れて雪が解けると、ドア郡では桜が咲き誇る美しい景色が見られます。春は川や湖に出かけてラフティングや釣りをするのにもぴったりの季節。ウィスコンシン州は五大湖(Great Lakes)のうち 2 つの湖に接しているほか、州内には 15,000 以上の湖があり、広大なミシシッピ川(Mississippi River)も流れています。夏はパティオで食事を楽しんだり山小屋で休暇を過ごしたりするのによい季節。フードトラックもこの季節の風物詩です。世界最大の野外音楽祭であるサマーフェスト(Summerfest)などの野外イベントも数多く開催されます。秋におすすめなのはドライブ。USA トゥデイ紙から「一度は体験したいロードトリップ」の 1 つに選ばれたグレート・リバー・ロード(Great River Road)をドライブしましょう。

 

中西部ならではのグルメ

ウィスコンシン州はお腹を空かせた状態で訪れるべし。なぜなら、新鮮なことで有名なアメリカ中西部のグルメが満喫できる場所だからです。まずは「チーズの都」として知られるモンローを訪れて、ナショナル・ヒストリック・チーズメイキング・センター(National Historic Cheesemaking Center)に足を運んでチーズ製造の歴史を学んでから、周辺にあるチーズ工場でつくりたてのチーズを試食しましょう。続いてはビール。ウィスコンシン州ではビールの人気が高く、ビアガーデンでビールを楽しむ人びとの姿が多く見られます。また、地ビールの醸造所もたくさんあります。有名どころで訪れてみたいのは、3 シープス・ブルーイング・カンパニー(3 Sheeps Brewing Company)、レイクフロントブルワリー(Lakefront Brewery)、キャピタルブルワリー(Capital Brewery)、ニュー・グララス・ブルーイング・カンパニー(New Glarus Brewing Company)です。ウィスコンシン州にはサパークラブが 300 以上もあるので、古風な味わいの地ビールとフィッシュフライを味わいながら地元の人びととおしゃべりに興じるのもいいかもしれません。

 

文化的な名所

著名なアメリカ人建築家のフランク・ロイド・ライトはウィスコンシン州出身で、州の建築史にも多くの足跡を残した人物。州の南部にはフランク・ロイド・ライト・トレイル(Frank Lloyd Wright Trail)があり、彼が手がけた 9 つの建築物を自分のペースで好きな順に見て回ることができます。バイク好きの方には、ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソン博物館(Harley-Davidson Museum)がおすすめ。「ホグ」の愛称で知られるハーレーの世界にどっぷり浸ってください。ミルウォーキーではミルウォーキー美術館(Milwaukee Art Museum)も必見。代名詞ともいえるそのユニークな外観の館内には、それに負けず劣らず印象的な 25,000 点の作品が収蔵されています。宗教的な名所としては、カトリック教会が聖母の出現を公認したシュライン・オブ・アワー・レディー・オブ・グッド・ヘルプ(Shrine of Our Lady of Good Help)があります。

ウィスコンシン州の四季折々の楽しみ方
ウィスコンシン州の四季折々の楽しみ方
詳細を表示

おもしろ情報

フランク・ロイド・ライトが設計を手がけたウィスコンシン州のユニテリアン教会
詳細を表示

フランク・ロイド・ライト・トレイルでは、ウィスコンシン州生まれの建築家であるフランク・ロイド・ライトが設計した 9 つの建築物を見て回ることができます。

クランベリーを収穫するウィスコンシン州の秋の 1 日
詳細を表示

ウォーレンズは人口わずか 400 人の小さな町ですが、毎年 9 月には世界最大のクランベリー祭りが開催され、10 万人の人出でにぎわいます。アメリカにおけるクランベリーの生産量の 60 %をウィスコンシン州が占めています。

ウィスコンシン州にあるレストラン、ソーダポップスのメニューにある、昔ながらのアイスクリームのデザート
詳細を表示

ウィスコンシン州ではデザートもおすすめです。アイスクリームを使ったいわゆる「サンデー」が初めてアメリカで販売されたのはウィスコンシン州のツーリバーズという町で、1881 年のことでした。

必見スポット

ウィスコンシン州にあるグリーンベイ・パッカーズの本拠地、ランボーフィールドの外観

ランボーフィールド

ウィスコンシン州では誰もがみな NFL のグリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)の大ファン。グリーンベイを訪れたら、チームカラーであるダークグリーンとゴールドのウェアを身に着けて、本拠地であるランボーフィールド(Lambeau Field)のガイドツアーに参加しましょう。ちなみに、ランボーフィールドは NFL のチームの本拠地としては最も長い期間継続して使用されている球技場です。もっと本格的な体験をお望みなら、発泡体でできた応援グッズ「チーズヘッド」をかぶって試合を生観戦しに出かけましょう。

詳細

ウィスコンシン州にあるフランク・ロイド・ライトの旧自邸、タリアセンの内部

タリアセン

ウィスコンシン州生まれの建築家であるフランク・ロイド・ライトは、タリアセン(Taliesin)と呼ばれる有名な自邸をスプリンググリーンに建設しました。ちなみに彼は、この自邸を 2 度建て直しています。彼が 30 年間暮らし続け、建築界に多大な影響を与えた建築物の一部を設計したこの場所を訪れてみましょう。ここには現在、彼自身が設計したビジターセンターのほか、軽食などを販売するカフェがあります。

詳細

ミルウォーキー美術館でガラスの彫刻を見学する親子

ミルウォーキー美術館

ダウンタウンのミシガン湖(Lake Michigan)のほとりにあるこの美術館は、2,500 点を超える芸術作品を所蔵しています。建造物の上に開閉する羽を備えた印象的な外観は、まさに建築上の傑作です。内部で見逃せないのは、写真のコレクションや彫刻庭園です。

詳細

ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソン博物館

ハーレーダビッドソン博物館

ハーレーダビッドソンはミルウォーキーで産声をあげたバイクブランドで、バイクの代名詞として知られるほど有名になりました。そんなハーレーの歴代モデルが一堂に集まったミュージアムは、ハーレー乗りの方はもちろん、ハーレーにあこがれる方にも必見のスポットです。エルビス・プレスリーの愛車も展示されています。

詳細

ウィスコンシンデルズにあるノアズ・アーク・ウォーターパークでウォータースライダーを満喫

ウィスコンシンデルズ

ウィスコンシンデルズはウィスコンシン川(Wisconsin River)沿いの氷河に削られた渓谷の一帯に広がる町。アウトドアアクティビティのメッカで、「世界のウォーターパークの首都」として知られています。休日を過ごす場所として人気があるこの町には、グルメやショッピングが楽しめる場所のほか、醸造所や蒸溜所もあります。独特の風情が漂うダウンタウンも魅力的です。

詳細

ウィスコンシン州にあるデビルズレイク州立公園から望む風景

デビルズレイク州立公園

デビルズ湖(Devil's Lake)は毎年たくさんの観光客が訪れる人気スポット。ロッククライミング、ボート、カヤック、キャンプなど、一年中いつでもアウトドアアクティビティが楽しめます。夏には太陽が降り注ぐ浜辺でのんびりしたり、冬にはスノースポーツを体験したりできます。中でも特におすすめなのは、イースト・ブラフ・トレイル(East Bluff Trail)、バランスド・ロック・トレイル(Balanced Rock Trail)、デビルズ・ドアウェイ・トレイル(Devil's Doorway Trail)でのハイキング。岩石による自然の造形は圧巻で、遠くに広がる景色は感動的です。 

詳細

ウィスコンシン州グリーンベイの近くにあるシュライン・オブ・アワー・レディー・オブ・グッド・ヘルプの優美ながらも落ち着いた雰囲気の内部

シュライン・オブ・アワー・レディー・オブ・グッド・ヘルプ

グリーンベイの近くにあるシュライン・オブ・アワー・レディー・オブ・グッド・ヘルプはカトリック教会が聖母の出現を公認した場所で、なかなかユニークな寄り道スポットといえるでしょう。ここではミサとゆるしの秘跡の時間が毎日設けられています。庭園は都会から離れた静かな環境にあり、落ち着いた気分で内省することができるでしょう。

詳細

ウィスコンシン州にあるアポストル群島国立湖岸の岩場でカヤックに挑戦

アポストル群島国立湖岸

スペリオル湖(Lake Superior)に浮かぶ 21 の島からなるアポストル群島(Apostle Islands)は、見どころとして歴史の古い灯台がいくつかあるほか、アウトドアアクティビティもいろいろ楽しめる観光名所。水上タクシーや遊覧船で島を巡ったり、野生生物を観察したり、スキューバダイビングを体験したりしましょう。80 キロメートルあるトレイルでハイキングも楽しめます。

詳細

ウィスコンシン州チペワフォールズにあるヤコブ・ライネンクーゲル・ブルーイング・カンパニーのライニーロッジの屋外パティオでビールを試飲する人びと

ライネンクーゲルの醸造所ツアー

チペワフォールズにあるこの醸造所は、ドイツ移民によって 150 年前に立ち上げられました。ここで製造されたビールを最初に飲んだ客は、地元の木こりたちでした。「ライニー」の愛称で知られるこの醸造所は、現在もライネンクーゲル家が経営しており、いろんな種類のドイツの伝統的なビールを製造し続けています。ガイドツアーに参加すると、ビールの試飲ができるほか、お土産としてグラスがもらえます。 

詳細

ウィスコンシン州のグレート・リバー・ロード沿いで出会える牧歌的な風景

グレート・リバー・ロード

ウィスコンシン州内のグレート・リバー・ロードは、ミシシッピ川に沿ってアメリカ東部へと下るルートになっており、ナショナル・シーニック・バイウェイ(National Scenic Byway)に指定されています。400 キロメートル以上に及ぶそのルートをドライブすると、川沿いの町や牧歌的な村、こぢんまりとしたレストラン、歴史的な名所に出会うことができます。そしてもちろん、雄大なミシシッピ川の見事な景観も楽しめます。

詳細

ウィスコンシン州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる