Skip to main content
オレゴン・ワイン・カントリーの魅力:ワインと農業
動画のスクリーンショット - ウィラメットバレーのブドウ園
詳細を表示

職人が作ったワイン、ビール、食品

ウィラメットバレーの肥沃な土壌の恩恵にあずかっているのはワイン用のブドウだけではありません。この同じ土壌から、食事に豊かな風味を添える食材も生まれています。地元で生産されたホップは、この地域やオレゴン州のクラフトビールのブルワリーで供されるユニークなビールに使用されています。この地には 4 種類の白トリュフと黒トリュフが自生しており、毎年 1 月から 3 月までのトリュフの旬にはフェスティバルが開催されます。ウィラメットバレーには野生のきのこも豊富です。きのこ狩りに出かけたり、ディナープレートでおいしさを味わったりしてお楽しみください。ワインツアー、グルメスポットを巡る旅、クラフトビールトレイルなど、この地域の豊かな恵みを満喫する機会はたくさんあります。道中では、この地域の豊かな自然の恵みが将来に受け継がれるよう、持続可能な方法を採用している地元の農家やワイン生産者、シェフをご支援ください。

 

アウトドアを満喫

東にはカスケード山脈(Cascade Mountains)と接するウィラメット川(Willamette River)があり、西にはオレゴンコースト山脈(Oregon Coast Range)があるウィラメットバレーに住む人々は、屋外で過ごすのが大好き。滝が多く、56 キロメートルにおよぶバックカントリートレイルがあるシルバーフォールズ州立公園(Silver Falls State Park)を訪れてみましょう。ウィラメット・リバー・ウォーター・トレイル(Willamette River Water Trail)ではカヌー、カヤック、ゴムボートを楽しめます。全長 215 キロメートルのウィラメット・バレー・シーニック・バイクウェイ(Willamette Valley Scenic Bikeway)にはホップ農園、ワイナリー、小さな町が点在しています。全行程を走破するのが難しければ、その一部区間だけでも走ってみてください。ほかにも、スキーやスノーボードが楽しいウィラメットパス(Willamette Pass)、高さ 1,250 メートルの頂上へのハイキングに挑戦できるメアリーズピーク(Marys Peak)、数十種類の鳥たちに出会えるウィラメット・バレー・バーディング・トレイル(Willamette Valley Birding Trail)、鬱蒼とした森の中を自転車で走れるヒストリックシャンプーイ州立公園(Historic Champoeg State Park)などの自然の見どころを訪れてみましょう。また、熱気球に乗ってのんびりしながら素晴らしい眺めを楽しむこともできます。秋または春に訪れると、夕日に染まる木々やワイルドフラワーが一面に咲く花畑の美しい景色が目を楽しませてくれます。

オレゴン・ワイン・カントリーの魅力:ワインと農業
動画のスクリーンショット - ウィラメットバレーのブドウ園
詳細を表示

おもしろ情報

眼前に広がるチェリー・ヒル・ワイナリーのブドウ園
詳細を表示

ワイン・エンスージアスト誌は、ウィラメットバレーを 2016 年のワイン・リージョン・オブ・ザ・イヤー(Wine Region of the Year)に選出しています。ウィラメットバレーには 700 を超えるワイナリーがあり、特にピノノワールの生産で知られています。

写真提供:Andrea Johnson

オレゴン州ユージーンのダウンタウンの上空からの眺め
詳細を表示

映画の熱狂的なファンにとっては、ウィラメットバレーといえば『アニマルハウス(Animal House)』、『スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)』、『カッコーの巣の上で(One Flew Over the Cuckoo’s Nest)』のロケ地としてなじみ深いでしょう。

写真提供:Ben Schorzman/City of Eugene

オレゴン州ウィラメットバレーでのブルーベリー摘み
詳細を表示

ウィラメットバレーには 7 つの農場とフードトレイルがあります。

写真提供:Joshua Rainey

必見スポット

オレゴン州シルバーフォールズ州立公園にある滝のふもと

シルバーフォールズ州立公園

降雨量の多さと春の雪解け水のおかげで、滝で素晴らしいハイキングを楽しめます。さらにシャッターチャンスも豊富です。シルバーフォールズ州立公園のトレイル・オブ・テン・フォールズも要チェックです。約 12 キロメートルのなだらかなハイキングトレイルの途中には 10 本の滝があり、中には裏側を通れるところもあります。ADA に基づきすべての人がアクセスしやすく、景色の良いルートをご希望なら、ノース・リム・トレイルがおすすめです。ゆるやかに傾斜した約 1 キロメートルのトレイルを抜けると、キャニオン・トレイルやテン・フォールズ・トレイルにつながるノースフォールズの素晴らしい眺めが広がります。

詳細

オレゴン州ウィラメットバレーにあるオールバニーカルーセル

オールバニーカルーセル

すべて地元のボランティアの手によって作られたオールバニーカルーセル(Albany Carousel)は、とにかく「素晴らしい」の一言です。キリンからドラゴンまでさまざまな動物をモチーフにした人形はどれも手作業でていねいに彫られ、着色されています。1909 年前後に作られた機械構造のカルーセルは、ボルトからミラーまで、完全に復元されました。今もなお作業中の木彫り職人の姿を見ることがあります。また、1885 年に作られた動物の形をしたカルーセルが展示された小さな博物館もあります。このカルーセルはまさにオールバニーの宝なのです。

詳細

快晴の下のオレゴン州セーラムのオレゴン州議会議事堂

セーラム

オレゴン州の州都で、ウィラメットバレーの文化の中心であるセーラムの広々とした緑地、静かな散策路、ウィラメット川の美しい景色をお楽しみください。歴史あるキャピトル地区、リバーフロントパーク、アンフィシアターは、地元のイベント、コンサート、地域のフェスティバルで常に賑わっています。セーラム市営空港は、アメリカの主要空港からのアクセスも良好です。

オレゴン州のウエスト・カスケーズ・シーニック・バイウェイから見たクラカマス川

ウエスト・カスケーズ・シーニック・バイウェイ

老齢樹の森林を抜け、山岳地帯原始のままの姿を残す山あいの湖、流れの速い川、天然温泉の間を縫うように走り抜ける 346 キロメートルの驚異的なロードトリップに出かけませんか。ドライブをしながら景色を楽しむだけでもよいですし、途中で車を停めてフライフィッシング、マウンテンバイクでのサイクリング、ハイキング、パドリングなどを楽しみながら進むのもお好み次第です。ロードレーサーなら、カスケーディング・リバーズ・シーニック・バイクウェイ(Cascading Rivers Scenic Bikeway)と重なる 144 キロメートルの道のりをペダルをこいで進む時間を確保することが先決です。

詳細

オレゴン州メアリーズピークからの絶景

メアリーズピーク

メアリーズピーク(Marys Peak)はオレゴンコースト山脈(Oregon Coast Range)の最高峰。旅のプランにぜひ入れておきたいハイキングコースです。晴れた日には、標高 1,250 メートルのメアリーズピークからウィラメットバレー(Willamette Valley)、カスケード山脈(Cascade Range)、太平洋の景色を一望できます。旅のベストシーズンは、一面に咲くワイルドフラワーが目を楽しませてくれる春です。

オレゴン州マクミンヴィルにあるエバーグリーン航空宇宙博物館の内部

エバーグリーン航空宇宙博物館

航空史と言われても、自分が乗った飛行機がオレゴンに到着した時間しか知らないという方でも大丈夫。エバーグリーン航空宇宙博物館(Evergreen Aviation & Space Museum)は、特別な知識がなくても存分に楽しめる博物館です。軍用機、ヘリコプター、宇宙船を見学しましょう。第二次世界大戦時代にハワード・ヒューズが造った木製の巨大な飛行艇スプルースグースは、この博物館最大の目玉です。

詳細

オレゴン州スプリングフィールドののどかな風景

スプリングフィールド

この魅力的な町には、あらゆる旅行者を魅了する見所が揃っています。テレビ番組『ザ・シンプソンズ』で、スプリングフィールドは同名の架空の場所のインスピレーション源となりました。制作者のマット・グレイニングはオレゴン州ポートランド生まれです。スクリーンの舞台に影響を与えた実際のランドマークを自由に見て回ってください。もっと冒険したくなったら、マウンテンバイクでダウンタウンからわずか数分のサウス・ウィラメットバレー・フードトレイルへどうぞ。地元の飲食店やブルワリーで軽食をお楽しみください。