Skip to main content
ジャズの故郷、ルイジアナ州
ジャズの故郷、ルイジアナ州
詳細を表示

誰もが知っているルイジアナと、誰も知らない驚きのルイジアナ

ルイジアナ州といえば、ジャズの故郷、具がたっぷりの名物ポーボーイ(サンドイッチの一種)、盛大に開催されるマルディグラ(Mardi Gras)を思い浮かべる方が多いでしょう。湿地が多いこの南部の州には、まだあまり知られていない、魅惑の味もたくさんあります。熱々のシーフードガンボ、揚げたてのベニエ、ドライブスルーで買えるダイキリはその一例です。ご存じない方は、ぜひともルイジアナ州の数あるフードトレイルをお試しください。どのルートでも、独特のクレオール料理やケイジャン料理、さらにはその背後の歴史まで、深く味わうことができます。

そして、ザディコの音楽の独特なビート、この世のものとは思えないほど美しいバイユー(湿地帯)、ブードゥー教の巫女がいる神聖な寺院も、ルイジアナならではです。寺院に立ち寄り、ブードゥーのお守りを手にしてみませんか。この地では、ロック、R&B、ブルースのサウンドを統合して作られたスワンプポップの生みの親である、ケイジャンとクレオールのミュージシャンの魂が、才能ある新世代の中に生き続けています。たまり場に集まる、音楽好きの心を震わせる音楽です。未体験の方にもう 1 つお勧めしたいのが、「ブルー・ムーン・サルーン・アンド・ゲストハウス(Blue Moon Saloon and Guesthouse)」での一夜。夜ごとルーツ ミュージックを演奏する、歴史のあるホンキートンクです。ルイジアナ州では芸術が盛んで、アーティストたちは既成の概念に捉われずに創造力を自由に発揮することができます。その結果、多くのギャラリーにはアウトサイダーアートばかりが並ぶという現象が起きています。

 

他のどこにもない場所

スペインの牛追い祭りが転じて、ローラーブレードと角付きのヘルメットに身を固めた人々が「ローラーブル」になりきって追いかけっこをしているのは、ルイジアナ州以外にありません。また、ドッグショーの代わりにカエルショーが行われるのも、刑務所で受刑者が参加するロデオ大会が開催されるのもルイジアナだけです。ルイジアナの人々は、魅力的なパーティを開くにはどうしたらよいか、またその日を一年中心待ちにしながら楽しむ方法を知っています。「肥沃な火曜日」を祝うお祭りであるマルディグラまでの、365 日のカウントダウンは、ルイジアナ全土にとって最も楽しみなイベントです。四旬節とイースターの直前に行われるマルディグラは、パーティ、パレード、ビーズ、コスチューム、伝統的なキングケーキなどの多彩な要素が盛り込まれ、アメリカで最も参加者の多い人気イベントの 1 つです。

ジャズの故郷、ルイジアナ州
ジャズの故郷、ルイジアナ州
詳細を表示

おもしろ情報

ニューオーリンズのロイヤルストリートに立ち並ぶ、スペインの影響を受けたカラフルな建物
詳細を表示

ニューオーリンズのフレンチクォーターを彩る建築物のほとんどは、「フレンチ」ではなくスペイン式です。

ルイジアナ州に多く見られる壮麗な豪邸の 1 つ、ホワイト・キャッスルのノットウェイ・プランテーション・ハウス
詳細を表示

ホワイト・キャッスルにあるノットウェイ(Nottoway's)プランテーションハウスは、南北戦争前に建築された南部最大の豪邸です。ディズニー映画「プリンセスと魔法のキス(The Princess and the Frog)」に登場する豪邸のモデルにもなりました。

シュリーブポート公会堂で収録されていたラジオ番組での「キング」の活躍を記念するエルビス像
詳細を表示

頂点を極めたエルビス・プレスリーの音楽活動は、1954 年、ルイジアナダウンタウンのシュリーブポート公会堂で収録されたラジオ番組「ルイジアナヘイライド(Louisiana Hayride)」から始まりました。

必見スポット

フレンチクォーターのバルコニーに掲げられた各国の旗

ニューオーリンズのフレンチクォーター

「あなたはここへやって来て、マルディグラを目の当たりにし、その渦中に飛び込んだ。」無数の文化と伝統が交差する、この象徴的な街を訪れずして、ルイジアナ州の旅を語ることはできません。国定歴史地区となっているこの街の最高のフードシーン、博物館、音楽を体験し、悪名高い大通り、バーボンストリートを散策してみませんか。

詳細

クレオールのネイチャートレイル、オールアメリカンロード周囲の沼地に沈む夕日

クレオールのネイチャートレイル、オールアメリカンロード

ルイジアナ州のいくつもの沼地と海岸線を通り、全長 290 キロにおよぶこの遊歩道は、まるでケイジャン文化の中心地へと続く道です。道すがらワニ、ビーチ、カニ釣り、釣り人、野生の花々といった風景を眺めながら、この美しい遊歩道を散策し、行く先々で海の味覚を楽しみましょう。

詳細

エイブリーアイランド

アイビーリア群に属するこの小さな岩塩ドームの島は、タバスコが名産です。タバスコ工場のツアーに参加し、さまざまな製品を試食した後は、周囲の美しい自然を散策できます。ジャングルガーデン(Jungle Gardens)では、島の静寂に身をゆだね、野生の生き物と触れ合うことができます。

詳細

アチャファラヤ・ナショナル・ヘリテージ・エリアの盆地一帯を散策するにぎやかなエアボートツアー

アチャファラヤ・ナショナル・ヘリテージ・エリア

アチャファラヤ盆地(Atchafalaya Basin)はアメリカ最大の河川湿原です。広葉樹が一面に繁り、いくつものバイユー、戻り水の湖が続き、ザリガニなど、沼地の野生生物が豊富に生息します。この素晴らしい環境を探索する、ウォーター・ヘリテージ・トレール・ツアーは外せません。この地の水、陸地、人が織りなす、豊かで複雑な物語を体験してください。

詳細

バーミリオンビル・リビング・ヒストリー&フォークライフ・パーク

ラファイエットのバーミリオンビル・リビング・ヒストリー&フォークライフ・パーク(Vermilionville Living History & Folk Life Park)では、18 世紀後半から 19 世紀初めのアケーディアン、アメリカンインディアン、クレオールの文化が再現されています。特に、19 のアトラクション、当時を再現した 7 軒の民家、当時の衣装に身を包んだガイドや地元の職人が見所です。

詳細

美しい樫のトンネルが特徴的なオーク・アレー・プランテーション

オーク・アレー・プランテーション

絵に描いたような、南北戦争前の歴史的邸宅。オークアレーのツアーでは、農園主の邸宅のほか、南北戦争野営地の再現展示、奴隷小屋の再現展示を見学できます。ケイジャン料理やクレオール料理のランチビュッフェ、そしてスピリッツのバーや販売店もお楽しみください。

詳細

威厳のあるジャクソンスクウェア

セントルイス大聖堂とジャクソンスクウェア

ジャクソンスクエア(Jackson Square)には、アメリカ最古でありながら、現在も運営され続けているカトリック大聖堂がそびえています。歴史的なランドマークであるこの大聖堂は、ガイドなしでの観光が可能です。カトリック文化財センター(Catholic Cultural Heritage Center)、旧ウルスラ会修道院(Old Ursuline Convent Museum)へ足を伸ばしてみるのもお勧めです。観光の後は、フレンチクォーターの象徴的な公園であり、個性豊かなジャクソンスクウェアを散策してみましょう。

詳細

有名なプリザべーションホールの入口で音楽愛好者を迎えるドラム

プリザベーションホール

古典的なニューオーリンズのライブジャズを体験するなら、ここ。1961 年来の伝統が維持されているライブハウス、プリザベーションホール(Preservation Hall)です。どの晩でも好きなときに、チケットを買って演奏を楽しめます。過去には、ロック、カントリー、ヒップホップといったジャンルの音楽まで演奏されたことも。

詳細

ユネスコ世界遺産ポヴァティポイントのボードウォーク

ポヴァティポイント

ポヴァティポイントは高さ 22 m の土塁、同心半円やその他の盛り土から成る遺跡であり、約 3,400 年前にアメリカ先住民族によって手作業で構築されたと考えられています。ユネスコの世界遺産にも登録されています。

詳細

ルイジアナ州立博物館

9 つある州立博物館のうち 5 つが、フレンチクォーターに立地します。カビルド(Cabildo)、司祭館(Presbytere)、1850 ハウス(1850 House)、マダム・ジョーンズ・レガシィ(Madame John’s Legacy)、そして米国旧造幣局内にあるニューオーリンズジャズ博物館(New Orleans Jazz Museum)です。1 つだけ選んで訪問することも、すべて見て回ることもできます。

詳細

アチャファラヤ盆地の鮮やかな夕日
詳細を表示

ルイジアナ州周辺情報

ルイジアナ州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる