Skip to main content
ノースダコタ州へようこそ
ノースダコタ州へようこそ
詳細を表示

心のこもったおもてなしと、感動的なイベント

ノースダコタ州には共通する特徴があります。それは、フレンドリーであること。現に「ダコタ」は、先住民スー族の言葉で「友人」という意味なのです。この温かさは、ノースダコタ州を故郷と呼ぶ多くの文化で見られます。この州の 2 大イベントは、文化の祭典です。9 月には、国内最大級の先住民のイベント「ユナイテッド・トライブズ・インターナショナル・パウワウ(United Tribes International Powwow)」が開催されるビスマルクにお出かけください。アメリカとカナダの 70 の部族から、1,500人 の踊り手や打楽器奏者がやって来て、何千人もの観客が集います。もう 1 つの祭典は、通常 10 月初旬に開催されるノルスクホストフェスト(Norsk Høstfest)で、こちらも素晴らしい文化的体験となることでしょう。開催地はマイノット。北欧を除いては世界最大の北欧フェスティバルであり、バイキング村や北欧のキッチン、そして、数々の食べ物や工芸品の屋台が並びます。

 

ノースダコタ州の見どころ巡り

ノースダコタ州では、いたる所で歴史、文化、自然に触れられます。ウエストファーゴにあるボナンザビル(Bonanzaville)で、20 世紀初頭の開拓者の町を散策してみるのはいかがですか。ファーゴにあるプレーンズ美術館(Plains Art Museum)では、創造力が鍛えられます。昔のアメリカ人たちが「火が消し止められた地獄」と呼んでいたバッドランズにも出かけてみましょう。現代では、訪れる人々はノースダコタ州のバッドランズを、美しく、岩が多くて素晴らしいと評しています。テディ・ルーズベルトは非常に感銘を受けて、ここに牧場を 2 つ作りました。メドラにあるセオドア・ルーズベルト国立公園(Theodore Roosevelt National Park)では、南地区に入る前に、マルタ十字の小屋(Maltese Cross Cabin)を見学してみてください。エルクホーン牧場(Elkhorn Ranch)地区はメドラの北にあり、公園の 3 つの地区の中で最も人里離れた場所となっています。ワットフォードシティに近い北地区と、メドラにある南地区のそばには、乗馬、ハイキング、サイクリングができるマー・ダー・ヘイ・トレイル(Maah Daah Hey Trail)の入り口があり、この全長 232 キロメートルのトレイルが公園のすべての地区を結んでいます。メドラでは、毎晩開催されるメドラミュージカル(Medora Musical)を楽しみながら、同時にピッチフォーク・ステーキ・フォンデュをぜひお試しください。

ノースダコタ州を流れるミズーリ川(Missouri River)回廊地帯とルイス & クラーク・トレイルに沿って進んでみましょう。ビスマルクマンダンに着いたら、エイブラハム・リンカーン砦(Fort Abraham Lincoln)へ。第 7 騎兵隊が、リトル・ビッグホーン(Little Bighorn)とオンアスラント・マンダン・インディアン・ビレッジ(On-A-Slant Mandan Indian Village)に向けて出発したときの本拠地となった所です。この地域には他にも、ビスマルク市内のミズーリ川を見下ろす断崖にあるチーフ・ルッキングス・ビレッジ(Chief Looking’s Village)や、ビスマルクの北を流れる川のすぐそばのダブル・ディッチ・インディアン・ビレッジ(Double Ditch Indian Village)などの村があります。ノースダコタ州の多彩な歴史に触れるなら、州議会議事堂の敷地内にあるノースダコタ・ヘリテージ・センター&州立博物館(North Dakota Heritage Center and State Museum)を訪ねてみましょう。ここもビスマルク市内です。ウォッシュバーンでは、ルイス&クラーク・インタープリティブ・センター(Lewis and Clark Interpretive Center)とマンダン砦(Fort Mandan)を訪ね、サカガウィアの故郷、スタントンのナイフ・リバー・インディアン・ビレッジ(Knife River Indian Village)に立ち寄りましょう。それから、フォートユニオン交易所国定史跡(Fort Union Trading Post National Historic Site)へ。1800 年代初頭に、地域の部族と毛皮商人との間で平和的な交易活動が行われていた拠点です。映画『レヴェナント』で語られたヒュー・グラスは、イエローストーン川とモンタナ州境の合流地点に近い、ミズーリ川のほとりの交易市場で猟師をしていました。

旅の仕上げは、930 ヘクタールのインターナショナル・ピース・ガーデン(International Peace Garden)です。アメリカとカナダの国境にあり、隣り合う 2 つの国の平和の象徴となっています。春と夏には、起伏のある森林、2 つの湖、ハイキングやサイクリングコースの周りにたくさんの花が咲き乱れます。庭園内の国境を超えて、自由に行き来してみましょう。

ノースダコタ州へようこそ
ノースダコタ州へようこそ
詳細を表示

おもしろ情報

ノースダコタ州にあるヒマワリ畑
詳細を表示

ノースダコタ州が太陽の光がさんさんとふりそそぐ土地であることは、ひまわりの栽培、ハチミツの生産量においてアメリカトップであることで証明されています。

ノースダコタ州にあるルイス&クラーク・インタープリティブ・センターの彫像に囲まれてポーズ
詳細を表示

ルイス・アンド・クラーク探検隊は遠征中、ノースダコタ州に 214 日間滞在し、そのうち 146 日間はウォッシュバーン近郊のマンダン砦(Fort Mandan)で過ごしました。これは、2 年以上にわたるミズーリ川河口から太平洋までの旅の中で、1 ヵ所で過ごした最長記録です。

必見スポット

セオドア・ルーズベルト国立公園のウィンドキャニオンの上空からの眺め

セオドア・ルーズベルト国立公園

セオドア・ルーズベルトはアメリカ第 26 代大統領に就任する前、この地で長年を過ごしたことから、自然保護主義者となり、カウボーイのような生活をしていました。バッドランズをドライブして公園の 3 つの地区すべてを訪れ、当時を再現したルーズベルトのマルタ十字の小屋を見学しましょう。ペインテッドキャニオン(Painted Canyon)では、息をのむような景色が楽しめます。ここでは「火が消し止められた地獄」と形容される荒涼とした風景と、放牧されたバイソンが、最高の風景を競い合っているかのよう。訪れる人の少ないこの公園で見られるのは、地平と青空を隔てる線だけです。

ノースダコタ州のエンチャンテッドハイウェイ沿いの彫刻を見学

エンチャンテッドハイウェイ

リージェントの町の周辺にあるのは単に、のどかな道沿いに広がる大草原や、何キロメートルにもわたる舗装道路というだけではありません。ギネス世界記録に載った巨大な金属彫刻の作者である地元のアーティストにとっては、一種のキャンバスでもあるのです。48 キロメートルのルートに沿って、ガチョウの群れ、バッタ、魚、漁師、ブリキの家族などの作品が登場します。このハイウェイの終着点、あるいは始点はリージェントです。リージェントには、すべての作品の彫刻のミニチュアを売るギフトショップや、エンチャンテッド・キャッスル・ホテル(Enchanted Castle Hotel)があります。

ノースダコタ州マンダン砦の団体ツアー

マンダン砦

ここはウォッシュバーン近郊のミズーリ川沿いにある砦のレプリカで、探検家のルイスとクラークが 1804 年から 1805 年の冬を過ごし、近くの村でサカガウィアと出会い、周囲の人々や環境についての観察を記録し始めた場所です。復元された砦を見学して、勇敢な探検家たちの生活がどのようなものだったかを想像してみてください。近くには、ルイス&クラーク・インタープリティブ・センターがあり、旅の遺産を見ることができます。

ノースダコタ州ジェームズタウンの国立バッファロー博物館の展示

国立バッファロー博物館

ジェームズタウンにあるこの博物館は、プレーンズの歴史をテーマにしています。建物にはフロンティアビレッジ(Frontier Village)内の丸太小屋を使用しており、復元された建物、家屋、商店が並ぶ 19 世紀の街並みを見ることができます。博物館では、この地域のバイソンの歴史に触れたり、プレーンズインディアンの工芸品を見学したりできます。コレクションの中には、かつてこの地に生息していた伝説の白いバッファロー「白雲」の等身大の剥製も含まれています。「世界最大のバッファロー」像では記念撮影をお忘れなく。

ビスマルクにあるノースダコタ・ヘリテージ・センター州立博物館の外観

ノースダコタ・ヘリテージ・センターと州立博物館

ビスマルクにあるノースダコタ州の公式歴史博物館で、6 億年前から現代までの進化の歴史に触れることができます。数多くの化石、恐竜の骨、その他の展示品が収蔵されています。常設展示では、著名なアメリカ先住民や入植時代について、また、軍事史やエネルギー開発におけるノースダコタ州の役割などに焦点が当てられており、州の過去と未来の両方を垣間見ることができます。

ノースダコタ州マイノットのスカンジナビアン・ヘリテージ・パークに建つスターヴ教会のレプリカ

スカンジナビアン・ヘリテージ・パーク

マイノットにあるこの公園は、ノースダコタ州の発展に貢献した北欧出身の開拓者の功績を伝えるものです。敷地内には、高さ 9 メートルのダーラナホース(スウェーデン伝統の木彫りの馬)、屋根が芝で覆われたスタッブル(食糧を保管するために使われたノルウェー式の小屋)、風車、旗、そして注目のスターヴ教会の実物大レプリカなど、この地に根付いた北欧の伝統的な建築物やシンボルが展示されています。

ノースダコタ州のナイフ・リバー・インディアン・ビレッジ国定史跡にあるアースロッジ内部

ナイフ・リバー・インディアン・ビレッジ国定史跡

3 つの村の遺産が見られるこの施設は、サカガウィアがルイスとクラークに初めて会ったスタントン近くにあります。博物館には、この地から生まれた芸術品や工芸品が展示されており、復元されたアースロッジでは、かつての住居での生活を肌で感じ取れることでしょう。アースロッジの住居、貯蔵所の遺構、要塞の水路や通路などの遺跡を見学できます。

ノースダコタ州ファーゴのプレーンズ美術館を見学

プレーンズ美術館

ファーゴにあるプレーンズを重視した美術館で、地域および全米のアート作品、アメリカ先住民のアート、歴史的な写真や壁画など、約 4,000 点の常設コレクションが収蔵されています。博物館は市内の活気あふれる中心街にあり、クラフトビール醸造所やさまざまなショップ、個性的な飲食店に囲まれています。

ノースダコタ州デビルズレイクで楽しむ釣り

デビルズレイク

デビルズレイクは夏も冬も楽しめる、アウトドアを愛する方のレジャースポットです。特に釣り、ボート、狩猟、ウォータースポーツが好きな方におすすめです。湖は、グレアムズアイランド州立公園(Graham’s Island State Park)、ホワイト・ホース・ヒル国立禁猟区(White Horse Hill National Game Preserve)、フォートトッテン州立史跡(Fort Totten State Historic Site)に囲まれています。スピリットレイク居留地内のデビルズレイクのほとりには、スピリット・レイク・カジノ&リゾート(Spirit Lake Casino & Resort)があります。宿泊を計画したり、エンターテイメントやお食事を楽しんでみてはいかがでしょう。

ノースダコタ州のインターナショナル・ピース・ガーデンで自撮りする人々

インターナショナル・ピース・ガーデンとミスティカルホライゾン

ダンシース近郊、アメリカとカナダの国境にあります。タートル山脈に広がる 930 ヘクタールの庭園で、2 国間の平和に捧げられています。両国を自由に散策したり、緑豊かな山間部の庭園にいながらにして、両国に一度に足を踏み入れたりできるのです。見どころには、9-11 記念公園(9-11 memorial)、花の旗、花時計、温室、ゲームウォーデン博物館(Game Warden Museum)などもあります。さらに、近くのミスティカルホライゾン(Mystical Horizons)は、大草原に残されたノースダコタ州のストーンヘンジとして知られています。

ノースダコタ州のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
ミズーリ川にかかる鉄橋

旅行先

ビスマルク