Skip to main content

アメリカ領サモア

アメリカ領サモア
詳細を表示

アメリカ領サモアの本島のトゥトゥイラ島(Tutuila)にあるパゴパゴに着陸した瞬間から、南太平洋ならではの景色が未知の場所への旅を誘います。 火山とクレーターが、ダークブルーの海まで続く鮮やかな緑色の熱帯雨林を横切ります。 ここで見る景色にはフィルターをかける必要はありません。いくつもの方法で体験することができます。例えば、地元のガイドが案内するカヌーツアーに参加して、トゥトゥイラ島の最高峰のマタファオ山(Matafao)までハイキングで上って、景色を楽しんではいかがでしょうか。

アメリカ領サモアの海岸線は、緑の深い内陸部と同様に魅力的です。複数のビーチがありますが、アクセスできるのはアレガ(Alega)ビーチとアバイオ(Avaio)ビーチです。 もっと小さな島を訪れると、さらに静かな海岸でのんびり過ごすことができます。

この地の歴史と文化は、隣り合って存在する昔ながらの村と現代的な町と結び付いています。 美術館や博物館、市場、小規模な地域社会は、アメリカ領サモアの歴史を守り、生き生きとした文化を反映しています。旅人は、これらの場所で日常生活の一部となっている儀式に参加できます。パルサミやタロのような伝統料理を作りたてで味わえるレストランや宿でも、島ならではの体験が楽しめます。

アメリカ領サモア

アメリカ領サモア
詳細を表示

おもしろ情報

アメリカ領サモアの国立公園の一部、ポーラリッジの森
詳細を表示

名前にはどのような意味が込められているのでしょうか。 サモアとは「聖なる大地」を指します。

必見スポット

「フラワーポット」としても知られている 2 つの岩、ファトゥマフティの透き通った海

ファトゥマフティ

パゴパゴハーバー(Pago Pago Harbor)への入り口の近くにある 2 つの海食柱の間を泳いでみませんか。これらの岩でできた島が、どのようにしてそこにたどり着いたかという伝説も学びましょう。

詳細

レインメーカー山という名前で知られている国立自然ランドマーク

レインメーカー山

パゴパゴハーバーを見下ろすこのアメリカ領サモアのランドマークを眺めるには、反対側にあるアラヴァ山(Mount Alava)に登るのが一番です。

詳細

オフビーチ

人けのない静かな場所に行きたいなら、マヌア諸島(Manu’a Islands)のオフを目指しましょう。アメリカ領サモア一の美しいビーチがあるとされています。

詳細

ファガトゴマーケット

ファガトゴマーケット(Fagatogo Market)で獲れたての魚を買い、果物や野菜の屋台を見て回り、ゴスペル音楽を生で楽しみましょう。ここでは、アメリカ領サモアの文化が誇らしげに示されています。

詳細

タウエセ・P.F.・ スニア・オーシャン・センター

このアメリカ領の海の生き物や海洋資源について詳しく知るには、タウエセ・P.F.・スニア・オーシャン・センター(Tauese P.F.Sunia Ocean Center)に行くことをおすすめします。 ここは、アメリカ領サモア国立海洋自然保護区(National Marine Sanctuary of American Samoa)が運営する施設です。

詳細

探索する: アメリカ領サモア

The Ace Hotel Rooftop in Downtown Los Angeles, California
詳細を表示

探索する: アメリカ領サモア

Hot Air Balloon flying over Asheville, North California
詳細を表示

アメリカ領サモア周辺情報

アメリカ領サモアのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる