Skip to main content

島々の紹介 | 楽園からの絵葉書

島々の紹介 | 楽園からの絵葉書
詳細を表示

フロリダ州マイアミから 1,770 キロメートル、ニューヨーク市から 2,655 キロメートルのところに位置するアメリカ領ヴァージン諸島には、アメリカ本土から短時間のフライトでアクセスできます。 陸と海が織りなすこの夢のような景色から、「アメリカのパラダイス」というニックネームが付いています。本当の意味でのオフシーズンがない、一年を通して楽しめる観光地です。冬場の平均気温は摂氏 28 ℃、夏場はこれよりも少し高いくらいで、ほぼいつでもビーチ日和の天候に恵まれます。 アメリカ領ヴァージン諸島は、美しい白砂のビーチとターコイズブルーの海で有名です。 常に世界のトップ 10 にランクされる島のビーチで、日光浴をして心配事を吹き飛ばしたり、ビーチチェアやハンモックに寝そべってリラックスしたりして 1 日過ごすことができます。

刺激的に過ごしたい人のために、爽快なウォーターアクティビティがたくさん用意されています。ワールドクラスのダイビング、海釣り、セーリング、シュノーケリング、カヤック、パドルボードからウィンドサーフィンやジェットスキーまで楽しめます。 難破船、壁、埠頭、礁のすべてを 1 日でダイビングしながら巡ることができるのは、カリブ海地域ではここだけです。 初心者ダイバーでも上級ダイバーでも、手付かずの海で、500 種類以上の魚、40 種類のサンゴ、海中に生息する何百種類もの無脊椎動物をはじめとする多くのものを見ることができます。緑豊かな景観や感動的な眺めが楽しめるランドアクティビティも人々を引き付けています。ここには、乗馬、ハイキング、サイクリング、魅力的なエコツアーなどにぴったりの環境があります。

アメリカ領ヴァージン諸島には、 豊かな文化遺産が現在も残っています。 島々には 7 つの異なる国旗が掲げられてきました。それらの国々は、人、歴史、文化、建築、芸術、音楽、料理にはっきりとした痕跡を残しています。 歴史ある町を訪れて、散歩しながら過去にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。 17 世紀や 18 世紀の要塞、博物館、史跡を見学したり、 地元の音楽のリズムにどっぷり浸ったり、毎年恒例のカーニバルやフェスティバルの期間中に鮮やかな色とりどりの文化的イベントに参加したりしてみましょう。 西インド諸島、アフリカ、ヨーロッパ、およびアメリカの影響が複雑に織り込まれた多様性を体験できます。 その多様性は、地域だけでなく世界にも及ぶ地元の料理で味わったり、 建築や芸術の中に見ることができ、 伝統音楽のケルベのうっとりするサウンドで聞くことができます。 島々を故郷とするすべての人の精神に浸透している力強いエネルギーを感じることもできます。

自然環境と文化遺産の保護と保全を目指す持続可能な観光事業のリーダー、アメリカ領ヴァージン諸島の魅惑的な美しさは、訪れる人のあらゆる感覚を呼び覚ましてくれます。 どの島にもそれぞれ独自の特徴と魅力があります。 ここでは、そのうちのほんのいくつかを紹介します。このパラダイスへの旅の参考にしてください。 

島々の紹介 | 楽園からの絵葉書

島々の紹介 | 楽園からの絵葉書
詳細を表示

おもしろ情報

美しいブルーグリーンの海、 アメリカ領ヴァージン諸島 ヴァージン諸島
詳細を表示

このアメリカ領自体にはニックネームはありませんが、セントクロイ島にはツインシティ(Twin City)、 セントジョン島にはラブシティ(Love City)、 セントトーマス島にはロックシティ(Rock City) というニックネームがあります。

必見スポット

カヤックから眺めたヴァージン諸島国立公園

ヴァージン諸島国立公園

ヴァージン諸島の 2,832 ヘクタールを占めるヴァージン諸島国立公園(Virgin Islands National Park)は、その多くが海となっています。セントジョン島の 60 %が含まれ、 散策できる熱帯雨林、ボートに最適なスポット、いくつもの自然のトレイル、島の豊かな歴史を反映した多くの場所があります。

詳細

山頂から眺めたマゲンズ湾の景色、 アメリカ領ヴァージン諸島 ヴァージン諸島

山頂:セント トーマス島

セントトーマス島で 一番高い山のてっぺんでパーティーを楽しみましょう。この標高 640 メートルの地点では、開放的な展望デッキからマゲンズ湾(Magens Bay)を見渡すことができます。地元名物のバナナダイキリを飲みながら、景色を堪能してください。

詳細

トランク湾を撮影する人、 アメリカ領ヴァージン諸島 ヴァージン諸島

トランク湾

トランク湾(Trunk Bay)の受賞歴を誇るビーチは、熱帯の楽園を考えたときにまさに思い描くもの。ターコイズブルーの海と白砂きらめく三日月型の海岸線が広がり、遠くには雨林があります。 シュノーケリングで水中散歩を楽しみながら、サンゴ礁をその目で観賞しましょう。

詳細

バック・アイランド・リーフ国定公園

セントクロイ島のそばにある小島、 バック・アイランド・リーフ国定公園(Buck Island Reef National Monument)は、ほぼ全体がエルクホーンコーラルのサンゴ礁で囲まれています。そのため、海がラグーンのように穏やかで泳ぐことができます。 ダイビング、シュノーケリング、ボート、バードウォッチングに出かけましょう。ハイキングをして、わずか 45 分で島を横断することもできます。

詳細

クルーザンラム酒蒸留所

セントクロイ島の 精神をボトルに込めているこの蒸留所では、「急がない」雰囲気を誇りにしています。ここでは、糖蜜から蒸留酒製造所の一連の作業までのラム酒造りの過程の見学ツアーに参加できます。 帰る前に工場のテイスティングバーに立ち寄りましょう。

詳細

サンディポイント国立野生動物保護区

歴史と自然が出会う場所です。ここでは、古代の巻き貝の貝塚だった場所が砂の中の柔らかい部分に変わり、あらゆる種類の鳥が木々に集まり、オサガメが巣を作ります。

詳細

コーラル・ワールド・オーシャン・パーク

広さ 2 ヘクタールの公園、コーラル・ワールド・オーシャン・パーク(Coral World Ocean Park)でアシカと一緒に泳ぎ、サメをなで、イグアナと遊んでみませんか。水族館やマリンプールだけでなく、自然のトレイルやバタフライガーデンもあります。

詳細

フォートクリスチャンの赤と緑のファサード:セントトーマス島の マリオット・フレンチマンズ・コーヴ・リゾート

フォートクリスチャン

300 年前に建てられたこの要塞の赤と緑のファサードは、明るく見えますが、風雨にさらされて風化もしています。長く存在している要塞は、アメリカ領 ヴァージン諸島の複雑な歴史において多くの役割を担ってきました。 フォートクリスチャン(Fort Christian)がある首都シャーロットアマリーのウォーキングツアーに参加して、詳しく知ることができます。

詳細

ブラックビアーズキャッスル

この史跡のツアーに参加すると、17 世紀の監視塔の最上部まで上ることができます。この監視塔は現在、Skytsborg Tower またはブラックビアーズキャッスル(Blackbeard’s Castle)という名前で知られています。 昔の邸宅、歴史あるホテル、プール、海賊の像を集めたこの施設は、シャーロットアマリーハーバーが見渡せる丘の頂上にあります。

詳細

クリスチャンステッド国立史跡のヨーロッパ風の建築物、 アメリカ領ヴァージン諸島 ヴァージン諸島

クリスチャンステッド国立史跡

セントクロイ島が受けたヨーロッパの影響は 他の場所とは異なります。その影響を反映するクリスチャンステッドの 6 つの歴史的建造物が、この都市公園に設置されています。 これらの建造物を見て回ると、この島におけるデンマークという背景とその存在感を実際に理解できます。

詳細

アメリカ領ヴァージン諸島の オフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる