Skip to main content
テューペロ・エルビス・フェスティバル

ミシシッピ州

テューペロで過ごす週末

テューペロ観光局の許可を得て掲載
1 of 1
  • States:
    ミシシッピ州

テューペロはミシシッピ州で最大の都市ではありませんが、テューペロの 2 倍の面積を持つ他のどの都市よりも、文化、歴史、音楽、グルメを堪能できるスポットに恵まれています。

テューペロは、ロックンロールの象徴であるエルビス・プレスリーの生誕地として知られていますが、テューペロの魅力はそれだけではありません。年間を通して温暖で晴れの日が多いため、ベテランズパーク(Veteran's Park)の散策や、ナチェス・トレース・パークウェイ(Natchez Trace Parkway)のドライブなどのアウトドアアクティビティに適しています。季節に関係なく楽しめる博物館、ショップ、史跡が数多くあるため、退屈することはありません。ここでは、テューペロですばらしい週末を過ごす方法をご紹介します。家族旅行やロマンチックなカップル旅行、一人旅の計画にぜひお役立てください。

金曜日

 ナッシュビル国際空港で乗り換えて テューペロ地域空港 に降り立つか、 メンフィス国際空港 から車を少し走らせるか、州間道路 22 号線をドライブするなどして、テューペロにたどり着けば、そこにはおいしい料理が待っています。

ノース・グロスター・ストリート(North Gloster Street)にある ブルーカヌー(Blue Canoe) では、ソウルフードと南部の人気料理を常時提供しており、お腹を空かせた旅行者にぴったりです。本格的なバー、豊富な種類のビール、すばらしい生演奏と三拍子揃ったこのお店は、テューペロの旅の始まりを楽しく盛り上げてくれることでしょう。本場ミシシッピ州のバーベキューを味わいたいなら、 ネオン・ピッグ・カフェ(Neon Pig Cafe)がお勧め。店内で食肉処理した地元産の肉を提供しており、クラフトビールは、アメリカ南部でも指折りの品揃えを誇ります。

テューペロにあるブルーカヌー

テューペロにあるブルーカヌー
詳細を表示
テューペロ観光局の許可を得て掲載

土曜日

午前

テューペロでの 1 日目は、 コニーズ・フライドチキン(Connie's Fried Chicken)で本格的な南部の朝食を味わうことから始まります。熱々のコーヒーと定番の朝食にも南部的な要素が見られます。地元の人たちに大人気のブルーベリードーナツを試すまでは、お店から出してもらえないかもしれません。

朝食が済んだらダウンタウンへ向かい、 ファーマーズディーポ(Farmers' Depot)で新鮮な地元産の肉や農産物を見て回りましょう。ダウンタウンで日用品やみやげ物を販売する テューペロハードウェア(Tupelo Hardware)も要チェック。ここは、エルビスの母親が彼に最初のギターを買った店としても知られています。おしゃれなファッションアイテムを探すなら、 ベイリー・ダイアン・ブティック(Bailey Diane Boutique) と MLM クロージャーズ(MLM Clothiers)は外せません。

午後

「キング・オブ・ロックンロール」に敬意を表さずして、テューペロを旅したとは言えません。 エルヴィス・プレスリー・バースプレイス・ツアー(Elvis Presley Birthplace Tour)でエルビスにまつわる 12 のスポットを巡ってみたい方は、ぜひ早めに出発しましょう。グランドツアー(Grand Tour)では、 キングの生家(Elvis Presley Birthplace)を最初に訪れ、エルビスが 1935 年に生まれた簡素な 2 部屋の家を見学することができます。さらに、 エルビス・プレスリー博物館(Elvis Presley Museum)、エルビスが 幼少期に通った教会 、プレスリー一家が将来をかけてテューペロから テネシー州メンフィスへ向かった時に使用した 緑色の 1939 年型プリマス のレプリカなど、エルビスの歴史を物語るさまざまな場所や展示を見ることができます。

お腹が空いてきたら、 スイート・ティー&ビスケッツ(Sweet Tea & Biscuits)でランチを楽しみましょう。

6 月 1 日~4 日にテューペロを訪れる方はラッキーです。毎年この時期、テューペロでは エルビスフェスティバル(Elvis Festival)が開催されます。土曜日の夜には、アルティメット・エルビス・トリビュート・アーティスト・コンテスト(Ultimate Elvis Tribute Artist Competition)の決勝戦と、コーディ・レイ・スローターやブランドン・ベネットなどによるエルビスのトリビュートショーが行われます。

ショーの後は、 カーミッツ・アウトロー・キッチン(Kermit's Outlaw Kitchen)でディナーを楽しみましょう。テューペロのダウンタウンにある築 140 年の建物で、地元産の食材をベースにした料理が味わえるという、地元で人気のレストランです。1 日の終わりには ザ・サースティー・デビル(The Thirsty Devil)へ立ち寄ってみませんか。活気あふれる店内で、家庭料理と魅力的なドリンクを味わいながら、自宅にいるようにリラックスできます。

テューペロのダウンタウン

テューペロのダウンタウン
詳細を表示
テューペロ観光局の許可を得て掲載

日曜日

午前

テューペロでの最終日は、まずダウンタウンにある クレイブ(Crave) で、コーヒー片手にペストリーやピーナッツ・バター・パイをほおばりましょう。次に、 テューペロ自動車博物館(Tupelo Automobile Museum)へ。100 台を超えるクラシックカーと珍しい車のコレクションを見学して、自分の車のエンジンをかけたくなったらしめたもの。すぐそばにはアメリカを象徴する道路が走っています。

午後

ガソリンを入れて、 ナチェス・トレース・パークウェイ(Natchez Trace Parkway)へ向かいましょう。ミシシッピ州ナチェスから 715 km 先のテネシー州 ナッシュビルまで続くこの歴史ある道路は、先住民が何世紀にもわたって歩いてきた小道に沿って整備されています。この道路を南北のどちらに向かっても、博物館や南北戦争の戦場、アメリカ先住民居留地などがあります。美しい風景の中のドライブは、すばらしい旅の思い出となることでしょう。

テューペロの旅をおいしい食事で締めくくりたいと思ったら、迷わず ハーヴェイズ(Harvey's)へ向かいましょう。受賞歴を誇るシェフたちによるサンドイッチやステーキ、シーフード、最新トレンドを取り入れた南部料理が毎晩楽しめます。

ミシシッピ州にはテューペロのほかにもぜひ訪れたい観光地がたくさんあります。マグノリアの州への旅を計画する際には、 ミシシッピデルタ:ブルース誕生の地 もチェックしましょう。

テューペロ自動車博物館

テューペロ自動車博物館
詳細を表示
テューペロ観光局の許可を得て掲載

関連トピック:

さらに調べる