Skip to main content
コロラド州コロラドスプリングスのアートギャラリーを探索します
詳細を表示

新型コロナウイルス感染拡大下でのアメリカ訪問

このような大変な時期だからこそ、アメリカを訪れる旅行者と居住者の健康と安全が最優先事項です。

旅行を計画するときには、国内の目的地の最新の安全ガイドラインや規制について調べることをおすすめします。レストランや観光名所の座席の配置やその他の安全対策については、事前に電話をするかウェブサイトをご覧ください。そうすることで準備ができ、対策について知っておけば安心して出かけることができます。Visit The USA では、アメリカの州、都市、ホテル、航空会社におけるガイドラインを閲覧できるリンクのリストも作成しました。

最新の旅行ポリシーについては、米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention/CDC)のウェブサイトも参照してください。

アメリカ各地では一般的に、以下のような公衆衛生ガイドラインに従っています。

マスクを着用しましょう。多くの州や都市には独自の条例がありますが、CDC は、室内では常に口と鼻を覆うマスクを着用することを推奨しています。また、屋外でソーシャルディスタンスをとることが難しい場合も、マスクを着用することをおすすめします。

身体的な距離をとりましょう。同じグループの旅行者以外の人からは、2 メートル以上距離をとりましょう。小さな店やレストラン、観光名所などでは、客の数を制限することで距離をとりやすくしているところもあります。ソーシャルディスタンスを確保するために、多くの博物館や屋内アトラクションは予約システムを導入しており、行動を促す表示をしているところもあります。

手を洗いましょう。公衆衛生当局は、定期的に手を消毒することや、石けんと温水で 20 秒以上手を洗うことを奨励しています。多くの観光名所、レストラン、店舗では、手指用の消毒液をご利用いただけます。また、除菌ハンドジェルを携帯することをおすすめします。

移動手段を選びましょう。飛行機、電車、バスでは、ソーシャルディスタンスを確保できないため、マスクが必要です。航空会社によっては、乗客数を制限するために一部の座席を使用不可としているところもあります。自動車か RV 車を借りれば、ソーシャルディスタンスの確保が容易になるので、素晴らしきアメリカのロードトリップに出かけることも可能になるでしょう。

安全にご滞在ください。ホテルやリゾート、バケーションレンタルでは、非接触型のチェックインの導入や、衛生管理の強化など、さらなる予防措置を講じています。アメリカを探求する際の宿泊先には、バケーションレンタルやキャンプなどの選択肢もあります。

食事にも気を配りましょう。規制は地域によって異なりますが、アメリカの多くのレストランでは、客の安全を守るための予防措置を講じています。一部のレストランでは、QR コードをスキャンしてスマートフォン上でメニューを表示できるようにすることで、物との接触を減らすようにしています。また、忙しい時間帯の食事を避ければ、レストランの客数も少なくなるでしょう。屋外での食事、店の外での商品の受け渡し、デリバリーなどの方法をとることもできます。

前もって計画しましょう。ホテルやレンタカー、観光名所、レストランなどは事前に予約しておきましょう。人数を制限している場所も多いため、事前に計画を立てることで、滞在を最大限に楽しむことができます。