Skip to main content
アメリカの空港に到着
詳細を表示

アメリカの税関

アメリカの税関手続きのヒント

通常、1 日に約 100 万人がアメリカに入国します。アメリカの入国管理、税関、農業の各規定を順守しているかどうかについて、誰もが、アメリカ国土安全保障省の税関国境警備局(CBP)の審査官による審査を受けます。

手続きについて事前に知っておくと、アメリカへの入国手続きが簡単かつ大幅にスムーズになります。

税関および関税規則

税関エリアでは、書類の提出と申告を行います。申告するものがない場合でも、米国税関国境警備局は旅行者の携行品を形式的に検査することがあります。以下の点に注意してください:

  • 免税品:18 歳以上の個人 1 人あたりタバコ 200 本までと葉巻 100 本まで、21 歳以上の個人 1 人あたりアルコール飲料 1 リットルまで、および、合計で最高 100 ドル相当のギフトおよび商品を免税で持ち込むことができます。
  • 現金:米ドルまたはそれ以外の通貨であるかどうかにかかわらず、10,000 ドル以上の現金は申告の対象となります。
  • 持ち込み禁止品目:偽造品、キューバ産の葉巻、ほとんどの農産物(植物および肉)、銃器、文化財、自動車、薬物および薬物関連の器具。非合法な薬物を所持していると、起訴されます。持ち込み禁止品目および制限品目の全リストはこちらでご確認ください。

税関の規則の全リストはこちらでご確認ください。

ペット連れの旅行 

ペットを連れて旅行をしたい場合は、それぞれの動物に関する各種規定をご確認ください。アメリカに入国する前に、適切な必要書類を用意するのをくれぐれもお忘れなく。入国前に動物の健康診断書または検疫が必要になることがあります。利用する航空会社に特有の規則について確認しておきましょう。例外はありますが、基本的に店舗やレストランはペット同伴禁止です。パティオや屋外の座席があるレストランは、ペット同伴が認められることがよくあります。ペットを受け入れているかどうか、追加料金が必要かどうか、予約の前にホテルや宿泊施設に確認しましょう。