Skip to main content
オフィシャルトラベル情報
詳細を表示

アメリカ祝祭日

カテゴリ

オフィシャルトラベル情報

旅行の計画にあたっては、祝祭日やその他の文化イベントを考慮しましょう。アメリカの学校や官公庁、ほとんどの企業は祝祭日には休みになります。そのため、多くの観光スポット、美術館、イベント会場は通常より混雑するばかりか、祝祭日には休館となる施設もありますのでご注意ください。祝祭日の前後は、航空運賃が上昇する傾向にあります。

以下は、アメリカの主要な祝祭日です:

  • 元旦:1 月1 日
  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの日(Martin Luther King Jr. Day):1 月第 3 月曜日
  • 大統領誕生日(Presidents’s Day):2 月第 3 月曜日
  • アメリカの戦没将兵追悼記念日(Memorial Day):5 月最終月曜日
  • 独立記念日(Independence Day):7 月 4 日
  • レイバーデイ(Labor Day):9 月第 1 月曜日
  • コロンブスデイ(Columbus Day):10 月第 2 月曜日
  • 復員軍人の日(Veterans Day):11 月11 日
  • 感謝祭(Thanksgiving):11 月第 4 木曜日
  • クリスマス(Christmas Day):12 月25 日

アメリカ国内には他にも非公式の休日や特別な年中行事があり、楽しく刺激に溢れた旅行体験ができます。ほとんどの企業は営業をしていますが、サービスが限られることもあり、平常時より旅行のコストが高くなる可能性があります。

  • クリスマス(Christmas Day):12 月25 日
  • スーパー・ボウル・サンデー(Super Bowl Sunday):通常 2 月の第 1 日曜日に開催される毎年恒例のアメリカンフットボールの試合では、ナショナル・フットボール・リーグの優勝者を決定します。
  • バレンタインデイ(Valentine’s Day):2 月14 日は、大切な人に愛と感謝を伝える日です。
  • セント・パトリックス・デイ(St. Patrick’s Day):3 月 17 日は、緑に染まる日で、アイルランドの音楽、食べ物や飲み物を楽しむアイルランド文化の祭典が開かれます。
  • ハロウィン(Halloween):10 月31 日は、コスチュームを身に着けた子どもたちが民家を回り、お菓子やおやつをもらう日です。大人はドレスアップしてパーティにくり出し、ハロウィンを祝います。
  • 春休み:3 月から 4 月にかけて、学校が 1 週間休みになります。この間、ビーチやスキーリゾートは通常よりも混雑します。
  • 夏休み:6 月から 8 月は、ほとんどの学校が休みになります。