Skip to main content
オフィシャルトラベル情報
詳細を表示

薬物およびアルコール

カテゴリ

オフィシャルトラベル情報

安全でストレスのない旅を楽しむために、アメリカ旅行中は、薬物とアルコールに関する現地の法律に必ず従ってください。以下に、簡単にご案内します。

喫煙

飛行機の国内線および連邦庁舎内におけるすべての喫煙は、連邦政府によって禁じられています。職場、映画館、ショッピングセンター、レストラン、バーのような公共の場所での喫煙は、多くの州や自治体で禁じられています。その一方で、喫煙を規制していない州や自治体も存在します。喫煙が禁じられている場所には、「No smoking(禁煙)」のサインが明確に示されています。

アルコール

アメリカでは 21 歳から飲酒が可能です。21 歳未満の場合は、アルコール飲料を購入することも、消費することも、生成することも禁じられています。アメリカのレストランおよびバーでは、年齢確認のために政府発行の身分証明書の提示を要求されることが一般的です。コピーではなく、身分証明書の原本が必要であり、それがなければアルコールを提供してもらえません。飲酒した未成年者とアルコールを提供した人物は、刑事責任を問われる可能性があります。

ビーチ、街路、公園、歩道でのアルコールの購入と販売に関する法律は、アメリカの地域によって異なります。アルコール販売が許可されている曜日や時間帯、および、アルコールを販売する店舗のタイプも場所によって異なります。旅行予定地域の条例をご確認ください。

アメリカでは、アルコールまたは薬物服用時の運転(DUI)、あるいは酒気帯び運転(DWI)を規制する法が厳格に施行されています。アルコールまたは薬物服用時の運転は、すべての州で犯罪となりますが、具体的な内容や刑罰は州によって異なります。 

薬物

規制された危険物質や危険薬物を保持することは、アメリカでは違法となります。マリファナの使用と保持は連邦犯罪と見なされます。