Skip to main content
アメリカのブティックで買い物をする女性
詳細を表示

アメリカの消費税と税金還付について

アメリカでの税の取扱いは複雑です。特に、税込みの表示価格に慣れている場合はなおさらそう感じます。アメリカでは商品やサービスの表示価格に消費税が含まれていません。旅行者にとっては慣れないかもしれませんが、これはアメリカ国内で税率が大きく異なるためです。以下に、アメリカでの税に関する簡単なガイドを示しますが、具体的な手数料については、請求書の受領時に遠慮なく質問していただいて構いません。

消費税

商品やサービスにかかる消費税の金額は、州によって異なります。アラスカ州、デラウェア州、モンタナ州、ニューハンプシャー州、オレゴン州は消費税がかからないため、これらの州はショッピングを楽しめる場所として人気があります。ニュージャージー州、ミネソタ州、ペンシルベニア州などの一部の州では、衣類に消費税がかかりません。一部の州では、免除対象の衣類に価格制限を適用し、多くの場合、アクセサリー、スポーツ用品、装飾衣類を除外しています。州の消費税は、だいたい3~7.5 %の範囲です。ただし、郡や都市によっては、付加消費税が課される場合があります。そのため、高額の買い物をする場合は、事前に消費税を問い合わせることをお勧めします(消費税はレシートにも印字されます)。

サービスにも税がかかる場合があります。ホテルの客室やレンタカーなどのサービスには、通常、高い税率が課せられますが、税率は州や都市によって異なります。

特定の州の消費税については、税率をご覧ください。この税率の表には、都市または郡の消費税は含まれていません。 

税金の還付

アメリカ政府は海外からの旅行者に消費税を還付していません。アメリカ国内で徴収された消費税は連邦政府ではなく、それぞれの州に支払われます。車などの高額な商品を購入し、それを輸出する場合は、商品を購入する州の 税務当局 にお問い合わせください。支払われた消費税を還付する基準について、州の税務当局から情報が提供されます。ルイジアナ州テキサス州などの一部の州では、海外からの旅行者は非課税で買い物ができます。