Skip to main content
オレゴン州のぶどう園でのテイスティングで注がれるワイン
詳細を表示

オレゴン州での飲酒と喫煙

Jenny Hill

オフィシャルトラベル情報

飲酒

アメリカで飲酒が法律的に認められている年齢は 21 歳です。21 歳より若く見える客には、店から身分証明書の提示を求められることがあります。21 歳以上であることを証明するためには、運転免許証やパスポートなど、政府が発行した身分証明書を提示する必要があります。身分証明書の原本を提示できない場合は、アルコールを提供してもらえません。身分証明書のコピーは不可です。アルコールを注文しない場合でも、多くのバーやクラブでは 21 歳未満の若者の出入りを禁止しています。

喫煙

アメリカでは、レストランや公共の場での喫煙の制限が次第に強化されています。職場禁煙法とも呼ばれるオレゴン州の屋内空気清浄法(ICAA)も、職場内と、建物のすべての入り口、出口、入り口または出口に通じる車椅子用スロープ、窓、吸気口から 10 フィート(約 3 メートル)以内での喫煙を禁じています。

ICAA には「吸入抗原伝達システム」も含まれています。「吸入抗原伝達システム」とは、ガスまたは噴霧の状態でニコチン、カンナビノイド、その他の物質を伝達するのに使用可能な装置です。これには、電子タバコ、ヴェイプペン、電子水タバコ、その他の装置があります。この法律は、個人が電子タバコおよびその他の吸入抗原伝達システムをオレゴン州の職場、レストラン、バー、その他の屋内の公共の場で使用することを禁じています。

飛行機、バスや列車などの公共交通機関でも喫煙は禁止されています。空港、バスターミナル、鉄道駅もその対象です。各州と地元自治体は独自の法律を設定しているので、喫煙をする前にご確認ください。

ほとんどの州では、18 歳からたばこの購入が法律的に認められています。オレゴン州とハワイ州は他の州に先駆けて、その年齢を 21 歳に引き上げました。