Skip to main content
Taking photos at the top of a mountain
詳細を表示

アメリカ旅行中に使用する携帯電話

カテゴリ

オフィシャルトラベル情報

アメリカに住む人は、携帯電話と固定電話の両方を使います。すべての電話番号は発信元のエリアを示す 3 桁の市外局番で始まり、その後に 7 桁の番号が続きます。

携帯電話

お使いの携帯電話が海外で使用できるかどうか、アメリカで使われる GSM 方式に対応しているかどうかを、旅行前に携帯電話会社に確認してください。

使用している携帯電話会社の圏外で携帯電話およびデータプランを使用すると、通信料が非常に高額になることがあります。メールの受信だけでも、データ通信料に影響します。携帯電話会社の多くは、通信料を節約できるさまざまな海外プランを用意しています。海外プランを利用しない場合は、携帯電話のデータ通信をオフ(または機内モード)に設定し、Wi-Fi ネットワークが利用可能な場合にのみ Wi-Fi にログオンします。

アメリカに旅行で長期間滞在する場合は、携帯電話ショップでアメリカ国内専用の電話機、またはアメリカ国内の電話番号を購入できます。紛失や盗難に備えて、携帯電話は必ずパスワードでロックして個人情報を保護するようにしてください。

固定電話

アメリカには今も公衆電話がありますが、携帯電話の普及に伴い、その台数は減っています。アメリカ全土の公衆電話は 50 万台未満で、1 回の市内通話に 25 セントまたは 50 セントかかります。

ホテル、モーテル、B&B といったほぼすべての宿泊施設には、客室に備え付けの電話がありますが、多くの場合、通話の種類(市内、長距離、フリーダイヤル)を問わず使用料がかかります。

 

プリペイドのコーリングカード

長距離電話の通話料が定額になるプリペイドのコーリングカードを購入することもできます。プリペイドカードは、公衆電話やホテルの電話で使えるので、通話料を節約できます。

緊急通話

緊急通話は、公衆電話やホテルの電話からすべて無料でかけられます。緊急通話には、警察への通報電話 911 や、聴覚や言語に障害のある方が健常者との電話通話を行えるようにする情報通信リレーサービス(Telecommunications Relay Service (TRS))があります。コーリングカードやクレジットカードで支払う通話やフリーダイヤルをかける際には、公衆電話に硬貨を入れる必要はありません。