Skip to main content
Seeing the U.S. by motorcycle
詳細を表示

車 & オートバイの旅

カテゴリ

オフィシャルトラベル情報

自由気ままに旅をしたいならレンタカーがおすすめです。ロードトリップなら、その時の気分で計画を変えて、近くの観光名所や小さな町を見て回ることができます。アメリカ全土に張り巡らされた全長 75,439 キロメートルの州間高速道路には、観光スポットやちょっとした冒険でいっぱいです。

高速道路網&通行料金

アメリカは国内の至るところにまで高速道路が発達しています。高速道路や橋は無料のものもありますが、有料のものは使用料がすぐにかさんでしまうことがあります。支払い方法はシステムによって異なりますが、たいていの場合、現金かクレジットカード、あるいは料金所で止まる必要のない、クレジットカードで電子決済するパスでも支払うことができます。ほとんどのレンタカー会社の車では電子決済のパスが利用できます。この場合には、移動中に累積した通行料金の合計金額をレンタカーの返却時に支払います。

レンタカーを利用する

ほとんどの空港や主要都市、観光スポットには、便利な場所にレンタカー会社があります。料金を抑えるために、前もって予約するようにしましょう。

アメリカの大手レンタカー会社:

レンタルバイク

オートバイが借りられるレンタカー会社もあります。エンタープライズレンタカー(Enterprise Rent-A-Car)は、ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)のオートバイレンタルを始めた最初の会社です。ほとんどの州ではオートバイ運転者のヘルメット着用に関する法律があるため、事前に確認してください。イーグルライダー(EagleRider)ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)でも、レンタルバイクと国内ツアーを提供しています。

アメリカで車やバイクを借りる際には、次のことに注意してください。

  • 国際運転免許証で運転する外国人向けの規則について、各レンタカー会社に確認しましょう。アメリカでの運転する 1 年以上前に運転免許証を取得していることを義務付けるレンタカー会社もあります。居住国への帰りの便の証明がないと、異なる予約料金を提示する会社もあります。
  • 節約のためにも、オンラインで早めに予約して料金を前払いしましょう。レンタカー料金は場所や地域によって幅があり、曜日によって異なることもよくあります。週末は割安になることがあります。
  • 予定外の料金を課されないよう、走行距離が無制限かどうかレンタカー会社に確認しましょう。
  • 往復で利用する方がお得です。ある場所で車を受け取って別の場所で返却すると、料金が大幅に高くなることがあります。
  • アメリカの法律で加入が義務付けられている自動車保険には、忘れずに加入しましょう。

アメリカのレンタカーに関するヒントはここ をクリックしてください。

オートバイや車を借りたら、以下のヒントをお忘れなく:

  • ドライブ:アメリカでは右車線走行です。
  • 燃料:ガソリンにはレギュラー、プラス、プレミアムの 3 種類があり、ガロン(3.79 リットル)単位で購入します。ほとんどのレンタカー会社で指定されるのはレギュラーガソリンです。給油スタンドの精算機での支払いでは、セキュリティ認証のためアメリカでの郵便番号の入力が必要です。このため、海外で発行されたデビットカードやクレジットカードが使えないことがよくあります。この場合は、ガソリンスタンドの店内で支払いを済ませてください。
  • 障害者専用駐車場:アメリカ各州には、身体障害者向けの駐車場に関して独自の州法が制定されています。外国で交付された障害者駐車許可証で事足りる場合もありますが、臨時の許可証が必要な場合もあります。詳細については、渡航先の州の自動車管理局(Department of Motor Vehicles)に確認してください。
  • ヒッチハイク:州間高速道路でのヒッチハイクは違法です。
  • 野生動物:野生動物、特に人里離れたエリアではシカに注意しましょう。
  • スクールバス:スクールバスのライトが赤く点滅している時は、追い越し禁止です。

アメリカでのドライブに関するヒントはここ をクリックしてください。