Skip to main content
ニューヨーク市の自由の女神像
詳細を表示

アメリカの概要

アメリカの政府、言語、宗教

50 州は共通の政府と言語で結ばれているかもしれませんが、アメリカの文化は多様性に満ちています。

政府

アメリカは代表的な民主主義国家で、立法、司法、行政の三権分立を基本としています。アメリカの首都ワシントン D.C. には、アメリカ国会議事堂(Capitol Building)、ホワイトハウス(White House)、アメリカ最高裁判所(U.S.Supreme Court)など、これらの政府機関に関連した重要な施設が数多くあつまっています。

国全体に適用される連邦法があります。また、各州、郡、村には独自の役所があり、喫煙や酒類販売などに関する法律を制定しています。

言語

アメリカには公用語はありませんが、英語がもっとも広く使われており、多くの州が英語を公用語として定めています。ラテン系アメリカ人の人口増加に伴い、スペイン語で情報提供を行う機会も増えています。英語以外でアメリカ国内で最もよく話されている言語として、スペイン語、中国語、タガログ語、ベトナム語、フランス語、ドイツ語、韓国語、ロシア語、イタリア語があります。

宗教

宗教の自由はアメリカの建国の礎の一つです。公式の国教はありませんが、無数の宗教があり、霊的信仰を信じるさまざまな団体があります。小さな町でも大都市の中心部でも、旅行者も礼拝所を利用することができます。