Skip to main content
地元のスタジオでレコーディングする、アトランタを拠点に活動するラップアーティスト、カム・ジェームズ
詳細を表示

ヒップホップを聴きましょう

アメリカを体験

1970 年代にニューヨーク市から人気が沸騰したヒップホップは、世界の音の出し方を変えました。今もなおルールを打ち破り、境界線を押し広げています。アメリカ各地で、新旧のアーティストが新たな取り組みに挑戦し続ける活気ある地方文化に触れることができます。地球上で最も新しいサウンドを聴きましょう。

ヒップホップを探求

ブロッコリ・シティ・フェスティバル

この音楽と食の祭典は、社会的良心に従って世界をより健全な場所にすることを目指していますが、注目を浴びているのは現代の進歩的なアーティストや人気のあるアーティストを呼び物にしたコンサートです。カーディ・B.、ミーゴス、ミゲル、H.E.R.、ダニエル・シーザーのようなアーティストが、ワシントン D.C. の RFK スタジアム・フェスティバル・グラウンド(RFK Stadium Festival Grounds)の 4 月のイベントでビートの効いた音楽を聴かせます。ショーの前の数日間は、5 キロメートルのランニングを行ったり、芸術作品を鑑賞したり、講義に耳を傾けたり、インキュベータ市場を訪問したりしてはいかがでしょうか。30,000 枚あるチケットは常に売り切れてしまうので、早めに購入することをおすすめします。旅の初めまたは終わりには、アメリカの首都のモニュメント、博物館や美術館、公園を観光しましょう。

アパッチカフェ

ジョージア州アトランタにあるアパッチカフェ(Apache Café)には、クリエイティブな人々がやって来ます。ここでは、風味豊かなソウルフードを食べ、ジャムセッション中に素晴らしい音楽を聴くことができます。自由参加の夜のステージには、見出されるのを待つ地元の才能あふれる人が登場します。話し言葉で書く詩の会では、リズムに耳を傾けてください。週 1 回のアートマンデーズ – パンゲアズアフロソーシャル(Art Mondays – Pangea’s Afrosocial)というイベントでは、知らない人と出会うことができます。この賑やかな南部の都市をさらに深く知るには、ダウンタウンの主な名所を観光し、公民権の歴史に残る場所について学び、トレンディな地区を訪問し、微笑みとともに提供される南部料理を味わいましょう。

bOb バー

ニューヨーク市のロウアー・イースト・サイド(Lower East Side)では、bOb バー(bOb Bar)で特製カクテルを楽しんではいかがでしょうか。この店では、オールドスクールのヒップホップ、R&B、レゲエ、ダンス・ホール・チューンを回す DJ のパフォーマンスを見ることができます。特徴的なレンガの壁には地元や世界各地のアーティストによる印象的な芸術作品が順番に展示され、鑑賞することができます。この心地よい場所では、ダンスを満喫しましょう。楽しまない手はありません。場所取りをするには、早めに到着することをおすすめします。5 つの賑やかな区があり、世界レベルのレストランやエンターテインメントが集まるニューヨーク市は、一日中エキサイティングな場所です。この都市で夜を過ごすには、他にいくつも楽しい方法があります。

ローリング・ラウド・フェスティバル

毎年 5 月になると、120 を超えるミュージシャンを見るために、ヒップホップファンがフロリダ州マイアミガーデンズのハード・ロック・スタジアム(Hard Rock Stadium)の太陽の下に 3 日間にわたって集まります。ローリング・ラウド・フェスティバル(Rolling Loud Festival)は世界最大級のヒップホップフェスティバルになっています。J・コール、ケンドリック・ラマー、トラビス・スコット、フューチャー、ウィズ・カリファのようなアーティストが美しいマイアミの 3 つの屋外ステージでパフォーマンスを繰り広げる場面を想像してみましょう。限定の観覧エリアにアクセスしたり、他の特典を利用したりしたいなら、VIP エクスペリエンス(VIP Experience)パスにお金をかけることを検討してください。フェスティバルの前後には、サウスビーチ(South Beach)に出かけて、日光浴を楽しんだり、素敵な人々を眺めたりしてはいかがでしょうか。また、カジェオチョ(Calle Ocho)で本格的なキューバ料理を忘れずに味わってください。

ボルチモア・ブーム・バップ・ソサエティ

メリーランド州の港湾都市ボルチモアで開催されるボルチモア・ブーム・バップ・ソサエティ(Baltimore Boom Bap Society)では、最高レベルのコラボレーションを目撃できます。ザ・ワインドアップ・スペース(The Windup Space)では、月に 1 回即興のヒップホップのショーを行う際に、ホスト役のウェンデル・パトリックと DJ ダブル 8 が観客に参加させます。この実験的なショーでは、有名な曲や最新の曲のほか、独創的な歌詞の曲やビートボクシングも体験できます。パフォーマンスでは、市内から集まるさまざまなジャンルのミュージシャンが混ざり合って演奏します。ハープ奏者や室内管弦楽団の演奏ももちろん見ることができます。ここは、18 世紀の歴史的な建物が点在する進歩的な地域にふさわしい融合の場です。

ロサンゼルスフッド・ライフ・ツアーズ

3 時間のフッド・ライフ・ヒップホップ(Hood Life Hip Hop)ツアーでは、目的地にぴったりのサウンドトラックを聴きながら、ツアーガイドの運転でカリフォルニア州ロサンゼルス周辺の悪名高い場所を巡ります。見学するのは、ドクター・ドレー、イージー・E、アイス・キューブ、シュグ・ナイト、スヌープ・ドッグのような 1990 年代のギャングスタラップのレジェンドたちが住んでいた地区や、『ストレイト・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)』のような映画が撮影された場所です。「Welcome to Compton」という看板の前でポーズをとり、ワッツ・タワー(Watts Towers)と呼ばれる彫刻作品を見学し、ロスコーズ・ハウス・オブ・チキン・アンド・ワッフルズ(Roscoe’s House of Chicken and Waffles)に立ち寄ります。ツアーの T シャツを記念に買って、自宅で着ましょう。

スクリュード・アップ・レコーズ&テープス

およそ 20 年前に時間を戻して、DJ スクリューという名前でよく知られているロバート・アール・デイヴィス・ジュニアが開拓した革新的なサウンドを聴いてみませんか。テキサス州ヒューストンにあるスクリュード・アップ・レコーズ&テープス(Screwed Up Records & Tapes)では、ラップの歌を組み合わせたり、リズムがより理解されるように遅回しでテンポを遅くしたりして作った特徴的なサウンドをフィーチャーしたミックステープを購入できます。デイヴィスは 2000 年に 29 歳で亡くなりましたが、彼の影響は「スクリューヘッド(Screwheads)」として知られる大勢の後継者が存在するヒューストンのヒップホップ界に残っています。このアメリカ第 4 の都市は、芸術、プロスポーツ、博物館や美術館、スペース・センター・ヒューストン(Space Center Houston)で繁栄しています。

セルバンテスマスターピース

1,000 人収容のかつてのカジノが、毎晩音楽を楽しめる人気スポットになりました。コロラド州デンバーのこの歴史的な会場は、実際には 2 つのスペースがあります。観客は、ボールルーム(Ballroom)とジ・アザー・サイド(The Other Side)の間を行き来して両方のショーを見ることができます。バルコニー席から、すでに有名になったパフォーマーを見てみましょう。ファンになりたいと思うようなパフォーマーも出演するかもしれません。ここではかつて、ジェームズ・ブラウン、カウント・ベイシー、マディ・ウォーターズ、ミリー・ジャクソンのようなレジェンドがパフォーマンスを行いました。伝統は新しい世代が奏でるビートとともに続いていきます。昼間は、パブリックアート、クラフトビール、マイルハイシティと呼ばれるデンバーの山の景色を楽しみましょう。

ショーを行うヒップホップグループ
詳細を表示
ヒップホップの物語
体験

アメリカのヒップホップ:音楽を支えてきた都市を巡る旅

1970 年代のブルックリンの通りから飛躍した後、ヒップホップが世界的な文化の試金石になるまで時間はかかりませんでした。

体験

アトランタがアメリカのヒップホップの中心地になった理由

アトランタ出身の才能あるヒップ・ホップ・アーティストやそういったアーティストが出演するクラブのこととなると、ロサンゼルスとニューヨーク市は接戦を演じています。

体験

会場ガイド:あまり知られていないヒップホップスポット

これからご紹介する都市には、史跡、博物館や美術館、世界レベルのレストランがたくさんあります。休暇先のリストにすでに入っている場所かもしれません。

体験

音楽にインスパイアされた、アメリカのストリートアートの隠れた名作

ヒップホップが出現して間もない頃、グラフィティは大型ラジカセや B ボーイと肩を並べる欠かせない存在でした。

体験

ポップカルチャーにおけるヒップホップ:音楽は世界をどのように変えたか

ニューヨーク市のストリートで作り出されたジャンル、ヒップホップは、音楽的衝撃を超え続け、アメリカ文化のさまざまな側面に影響を与えています。

体験

ジョージア州アトランタ:24 時間で楽しむベストプラン

アトランタの音楽と文化を満喫できる 5 つのアクティビティをご紹介します。

アトランタを拠点に活動するヒップホップアーティスト、カム・ジェイムズが街を探索
体験

ジョージア州アトランタのヒップホップアーティスト、カム・ジェイムズ

自分の作る歌詞で人々の心に入っていくアトランタのラッパーに話を聞きました。

さらに調べる