Skip to main content
ニュージャージー・シンフォニー・オーケストラ(New Jersey Symphony Orchestra)の演奏
詳細を表示

クラシックを聞きましょう

アメリカを体験

フレッド・スタッカー

アメリカそのものの歴史と同様に、アメリカのクラシック音楽は 18 世紀の格調高いヨーロッパ音楽を起源としながら、ブルース、ジャズ、ポップミュージックなどに影響されて多様な音のるつぼの中で進化を遂げてきました。アメリカのいたるところで、創作的で生き生きとした、そして大胆なシンフォニーオーケストラや音楽家たちに出会うことができます。

クラシックの世界を探索

カーネギーホール(Carnegie Hall)

125 年以上にわたり、ニューヨーク州ニューヨーク市の中心に位置するセントラルパークからわずか 2 ブロック先のカーネギーホール(Carnegie Hall)は、クラシックの生演奏の舞台として代表的な場所であり続けています。音楽家や得意客が、音を吸い込まずに反響させる設計とはまさにこのコンサートホールの音響なのだ、ということを物語ってくれるでしょう。当ホールでは、ピアニストから弦楽四重奏団といった一流のクラシック演奏家に加え、著名なジャズやポップミュージシャン達も迎えています。見学客は、カーネギーホールアーカイブ(Carnegie Hall Archives)やカーネギーホールの歴史を展示したローズ博物館(Rose Museum)の置かれた、建物内の舞台裏見学ツアーを予定することもできます。また、周辺には数えきれない程多くのレストランやエンターテイメント施設があります。

ウルフトラップ芸能国立公園

バージニア州ヴィーナにある、ウルフトラップ芸能国立公園(Wolf Trap National Park for the Performing Arts)は音楽のためのアミューズメントパークとも言える場所です。広大な美しい自然、ハイキングコース、レストランに囲まれた園内のファイリーンセンター(Filene Center)では、毎シーズン様々なジャンルで 100 公演程を主催しています。屋外のコンサート場には屋根付きの芝生の席が 7,000 あり、1971 年にロシア出身の世界的ピアニスト、ヴァン・クライバーンが初めての演奏を行なって以来、クラシックの愛好家達を楽しませてきました。ヨーヨー・マ、プラシド・ドミンゴ、エマニュエル・アックスなどのレジェンド達が、このステージに華を添えてきました。

オペラ・イン・ザ・オザークス・アット・インスピレーション・ポイント

山地の美しさと小さな町の魅力を持ったアーカンソー州ユリーカスプリングスは、オペラ・イン・ザ・オザークス(Opera in the Ozarks)にとって理想的な本拠地です。毎年夏に開かれるオペラ祭りは、若いプロのオペラ歌手にとって練習の場ともなっています。ファンたちは質の高い音響とリーズナブルな料金がとても魅力的だと言います。町の歴史地区のいたる所にある、保護されたビクトリア朝の建物に加え、2 つの見どころがあります。まず、息を飲むほどの景色と数々のアンティークが並ぶキャッスル・アンティーク・アット・インスピレーション・ポイント(Castle Antiques at Inspiration Point)、そしてリラックスした雰囲気のアングラーズレストラン(Angler’s Restaurant)です。ここではナマズ料理やバーガー、ビールを屋外のデッキで楽しむことができます。

フロリダオーケストラ

フロリダオーケストラ(Florida Orchestra)は、交響曲コンサートを年間 100 回近くタンパ(Tampa)セント・ピーターズバーグ(St.Petersburg)、クリアウォーター(Clearwater)の 3 都市で開催しています。当オーケストラは、17 世紀のバッハやビバルディによるコンサートを再現したもので、シールなどのポップスターと共演し、年間を通してファン向けに無料の屋外コンサートを行なっています。上演の多くはセント・ピーターズパークのマハフィー・シアター(Mahaffey Theater)で行われています。マハフィー・シアターは、タンパ湾から出てすぐ、ヨーロッパ外で最大の超現実主義者のコレクションを置くダリ博物館(The Dali Museum)のすぐ隣の場所にあります。

サクレッド・ハート・ミュージック・センター(Sacred Heart Music Center)

歴史ある教会に共通する 3 つのことといえば、最高の音響、印象的な建築様式、すばらしいオルガンではないでしょうか。ミネソタ州ダルースのサクレッド・ハート・ミュージック・センター(Sacred Heart Music Center)のあるランドマークのネオゴシック様式の大聖堂も例外ではありません。フェルジメーカー(Felgemaker)製のオルガンはもとより、クラシック演奏家にとって完璧な自然の調性によって、リバーブを吸収した大音量のすばらしい音響を生み出します。過去にここで演奏したのは、アカペラ合唱団のトニック・ソルファ、ロバート・ロビンソン、パバロッティ・オブ・ゴスペル、そして「オペラ座の怪人」の上演など、どれもフェルジメーカーに最適です。ダルースで人気の場所といえば、ライブ音楽やビールが楽しめるブラックリスト・アーティサン・エール(Blacklist Artisan Ales)、スペリオル湖を望む英国スタイルのサー・ベネディクト・タバーン・オン・ザ・レイク(Sir Benedicts Tavern on the Lake)です。

ウォルト・ディズニー・コンサートホール

人目を引く、フランク・ゲーリー設計のウォルト・ディズニー・コンサートホール(Walt Disney Concert Hall)は、カリフォルニア州ロサンゼルスのダウンタウンにあります。ここではロサンゼルス・フィルハーモニックが毎年行う 250 回のコンサートの多くが上演されています。テレビ番組(ザ・シンプソンズ)や映画(アイアンマン)などで登場しましたが、チェリストのゴーティエ・カプソン、コンサートピアニストのラン・ラン、ロサンゼルス・マスター・コラール、さらにクラシック以外のアーティストなど、著名なスターをホストすることで有名です。また、徒歩圏内に現代美術館(Museum of Contemporary Art)や、食事、映画、ゲームが楽しめるグランド・セントラル・マーケット(Grand Central Market)もあります。

カーティス音楽学校

作曲家兼指揮者のレナード・バーンスタイン、ソプラノ歌手のヘレン・ジェプソン、クラシックピアニストのシューラ・チェルカスキーらは、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるカーティス音楽学校(The Curtis Institute of Music)の卒業生です。学生達は、世界一流の音楽学校で学位を得るための努力をするとともに、定期的にコンサートやリサイタルで上演を行い、音楽ファンにレジェンドの卵と出会う機会を提供しています。フィラデルフィアのセンターシティ近郊に位置するカーティスは、ファーム・トゥ・テーブル(農場から食卓へ)式のタルラズガーデン(Talula’s Garden)から、ウェイターが歌うオペラのサイドディッシュ付きのイタリア料理店、賑やかなビクターカフェ(Victor Café)まで、周辺に数多くの素晴らしいレストランがあります。

オペラ・オン・タップ

オペラ・オン・タップ(Opera on Tap)では、伝統的なオペラに真逆の発想を加えました。ミュージックホールの枠組みから出て、人々に届けるようにしたのです。ニューヨーク州ブルックリンから始まった小さな地元の上演場では、伝統的な訓練を受けた歌手や演奏者達が無料、またはわずかな費用でカジュアルなオペラコンサートを行なっています。アメリカの町中で注意していてください。「本物のオペラ座の怪人(The REAL Phantom of the Opera)」のような興味深いひねりのきいたクラシック、ジャズを聞きながらのブランチ、そしてキャロルなどが、休暇中どこからでも聞こえてきます。

屋外フェスティバルで演奏するバイオリニスト
詳細を表示
クラシックのお話
体験

クラシック音楽の新しい側面:最新のイベントとアーティスト

時代の先端を行く作曲家、演奏会場、イベントが提示するクラシック音楽の新たな側面

体験

アメリカで最も美しい景観が楽しめるクラシック音楽祭

アメリカで最も美しい景観のクラシック音楽祭で音楽と眺めにひたりましょう。

体験

アメリカのクラシック音楽の

過去の巨匠から現代の作曲家までアメリカの有名音楽家についてご紹介します。

体験

都市で聴くシンフォニー:アメリカのオーケストラとオペラ

アメリカのどこに旅したとしても、おそらく近隣にクラシック音楽のアンサンブルがあるはずです。

さらに調べる