Skip to main content
ユナイテッド・トライブズ・インターナショナル・パウワウで先住民の文化に触れましょう。

ノースダコタ州

ユナイテッド・トライブズ・インターナショナル・パウワウで先住民の文化に触れましょう

North Dakota Tourism/Jason Lindsey
1 の 1
  • 州:
    ノースダコタ州

ダンス、歌、太鼓の演奏で盛り上がるお祭り三昧の週末。

70 以上もの部族を代表する数百人もの先住民がアメリカ全土から集結するユナイテッド・トライブズ・インターナショナル・パウワウ。開催地は、ノースダコタ州ビスマークのユナイテッド・トライブズ・テクニカル・カレッジのローン・スター・アリーナです。約 50 年近くの歴史を持つ 3 日間の大規模イベントは、これまで何千人もの人々をグレートプレーンズに呼び込み、先住民コミュニティーの独特の文化を紹介してきました。

インターナショナルパウワウについて

米国にはもともと、自分の領土を主張し、独自の文化と伝統を発展させた先住民の部族たちが居住していました。先住民の部族たちの伝統のひとつとして、「パウワウ」という集会があります。「パウワウ」では、部族間の違いに目をつぶり、お祭り騒ぎや競い合いが行われました。先住民たちは、ここでお互いの共通点を発見したのです。毎年 9 月に開かれるインターナショナルパウワウでは、今もこの風習が続けられています。タートル・マウンテン・バンド・オブ・チペワ・インディアン族、スタンディング・ロック・ダコタラコタ族、ヤバパイアパッチ族、シセトンワペトン・オヤテ族といったこの地域の部族が披露するダンス、太鼓の演奏、歌、手工芸品はイベントの目玉です。

伝統芸術&工芸品の魅力

先住民の職人は、独特の宝飾品、陶器、ラグマット、かごの他、金や銀、宝石、ビーズ、織物を使った見事な手工芸品を作ることで有名です。こうした手工芸品には、それぞれの部族の美意識と伝統文化が反映されています。北部の部族はブラックヒルズ産の金を好み、南部の部族は銀、トルコ石、宝石を好みます。 パウワウでは、40 人以上のアーティストが、それぞれの部族の歴史と手仕事を紹介する手作りの宝飾品、戦闘用の盾、陶器などを販売します。

先住民の歌と踊り

ダンスはすべての先住民に共通するものです。独自のダンススタイルを持つ部族もありますが、ほぼすべての部族に多くの共通点が見られます。多くの場合、ダンスは物語を伝える手段として世代を通して引き継がれてきました。狩猟や戦いの前に、精霊に成功を願う祈りのダンスや歌もあります。雨乞いのダンスや太陽のダンスは、天候が変わることを精霊に願うものです。 

パウワウでは週末中、伝統的なダンス、衣装、歌のコンテストが続きます。ダンスの重要なビートを奏でるのが、パウワウドラムです。通常 3~4 名のドラマーで演奏します。また、先住民たちのダンスは色とりどりのフープ、鮮やかな羽を用いた衣装や頭飾りが特徴的です。 

例えばジングルダンスに参加する女性は「ジングルドレス」を身に着けます。ドレスには金属製のコーンがたくさん付けられており、ステップに合わせて音が鳴ります。伝統的なダンスには、見物客の参加を促すものが多数あります。友情のダンスがその例です。このダンスでは、祝祭に参加するよう見物客を誘います。

おすすめのグルメ情報

このイベントでは、ホットドッグ、ポップコーン、綿菓子など、現代のカウンティフェアで売られているような油で揚げたお菓子や塩味の軽食が大人気です。その他、パウワウではフライブレッドと呼ばれる揚げパンをはじめとする先住民の伝統的な食べ物を売るお店もあります。メインイベントは、毎年行われる「バッファローフィード」バーベキュー。これはバッファローの肉のステーキとバーガーに、コールスロー、ポテト、軸つきコーンが付け合わせとして添えられたものです。

その他の訪れるべき先住民の史跡

インターナショナルパウワウを訪れる際には、ビスマルクに根付くマンダン族の豊かな文化の歴史にも触れてみてください。例えば、パウワウから約 20 キロ離れた オンアスラント・マンダン・インディアン・ビレッジ(On-A-Slant Mandan Indian Village)で、400 年の歴史を持つ村を散策してみてはいかがでしょうか。ここでは復元されたアースロッジを見学できます。ビスマークでは、 ダブル・ディッチ・インディアン・ビレッジ(Double Ditch Indian Village) でロッジ跡、貝塚、要塞跡をめぐる解説付きのウォーキングツアーに参加できる他、パイオニアパーク(Pioneer Park)の チーフ・ルッキングズ・ビレッジ(Chief Lookings Village) で遺跡見学を楽しむことも可能です。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ