Skip to main content
ヤキマベールブレーカー

ワシントン州

ヤキマバレーの農場で作られグラスに注がれるまでの物語

提供: Touring & Tasting Marketing and Media

1 の 1
  • 州:
    ワシントン州

ヤキマバレーは、急速に太平洋沿岸北西部の手作り飲料の中心地になりつつあります。

地元産のホップ、ワイン用ぶどう、その他のフルーツの質の高さに刺激を受けたヤキマバレーの職人は、思わず乾杯したくなる飲み物を手作りしています。ワシントン州ヤキマバレーでは、太平洋沿岸北西部で最も多種多様な農産物が生産され、ホップの生産量の割合はアメリカ全土の 78 %を占めることをご存知ですか? いたるところに田畑、農場、果樹園があるので、太陽の恵みをふんだんに受けた土地の産物を簡単に口にすることができます。 この環境は、新たな刺激をもたらしています。 地元の食材に刺激を受けた職人が、ユニークな飲み物を毎月のように生み出しています。

ワイン

ヤキマバレーは、80 軒以上のワイナリーと 5,200 ヘクタールを超えるぶどう園があることで、すでに有名です。 ヤキマバレーとは、1983 年に制定された、このワシントン州最古の産地の呼称です。ここではぶどうの総生産量の約 3 分の 1 が産出されています。 ヤキマバレーのワイナリーの 1 つ、トレベリセラーズ(Treveri Cellars)は、スパークリングワインを専門に生産するワシントン州唯一のワイナリーです。 「お客様は、近隣では見つからないワインについて学び、その味を体験するためにここを訪問されます」と、トレベリ社のジュリー・グリーブは言います。 複数あるヤキマバレーのテイスティングルートをたどることもできます。

ビール

長い間アメリカの「ホップタウン」と呼ばれてきたヤキマバレーは、最近では地元の高級クラフトビールで有名になってきました。 メガン・クインとその 2 人の兄弟は、ヤキマバレーの初期のホップを植えた農民のひ孫です。 現在は、360 ヘクタールを超えるホップ農園を経営しています。この農園では、急成長を遂げているクラフトビール業界と、ホップ畑の真ん中にある自社、ベール・ブレーカー・ブルーイング・カンパニー(Bale Breaker Brewing Company)に供給するホップを専門に栽培しています。 「お客様は、ホップについて学び、その植物に触れて香りをかぐだけではありません。広いパティオや芝生エリアでも楽しく過ごすことができます」とメガンは述べています。

アメリカ国内のホップの 80% 近くが、ヤキマバレーで生産されています。

アメリカ国内のホップの 80% 近くが、ヤキマバレーで生産されています。
詳細を表示

シードル

リンゴは確かにヤキマバレーにとって目新しいものではありませんが、職人手作りのシードルは最近登場したばかりです。 ヤキマバレーの農家の 3 代目クレイグ・キャンベルとその妻のシャロンが、タイトン・サイダー・ワークス(Tieton Cider Works)の設立を決意してからまだわずか 5 年です。 最近、ヤキマにタイトン・サイダー・バー(Tieton Cider Bar)をオープンさせました。このバーは、理解を深めるための飲み比べセットや酒好きが集まるプログラムで評判になっています。 「シードル革命にかかわっていることにワクワクしています。今は、この業界がどこで受け入れられるかを考えています」とシャロンは語っています。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ