Skip to main content
最大の物の最小バージョンを集めた世界最大のコレクション
1 / 1
  • 州:
    カンザス州

ロードサイドの象徴的なオブジェの発見に特化した、ユニークなアトラクションと博物館です。

エリカ・ネルソンは、「最大の物の最小バージョンを集めた世界最大のコレクション(World's Largest Collection of the World's Smallest Versions of the World's Largest Things)」の創設者です。彼女は、アメリカ中を旅して、世界最大のケチャップのボトルや世界最大の毛糸玉といった「路上のモンスター」を探しています。ネルソンは、それらを写真に収め、その最大の物の最小バージョンを作っています。

ネルソンがかつて、世界最大の物を研究、訪問、写真撮影をした際、それらの「物」のミニチュアのレプリカを作成しました。そして可能である場合は、小さいバージョンを、モデルとなった巨大な実物のある場所へ持って行き、2 つを一緒に写真に収めました。小さいレプリカと写真は、博物館に展示され、オンラインで公開されています。

活動中の芸術家

ネルソンは、様々な材料を使って、世界最大の物の最小バージョンを作っています。例えば、輪ゴムで作った世界最大のボールのレプリカを作成した時は、歯列矯正で使用する輪ゴムのミニチュアを使いました。

ネルソンは芸術家、教育家、そしてアメリカで最も知られる世界最大の物に関する専門家であり、講演も行っています。2017 年に永住の地を得た、彼女が作った移動博物館でコミュニティを訪れること以外にも、彼女は観光招致やマーケティング、経済的な発展を狙い、独自の「世界最大の物」やロードサイドのアトラクションを作りたいと考えている町のコンサルティングも行っています。

出張中でなければ、ネルソンと「最大の物の最小バージョンを集めた世界最大のコレクション」のバンは、カンザス州ルーカスで見つけることができます。

旅行の前に知っておきたいこと

2017 年、「最大の物の最小バージョンを集めた世界最大のコレクション」は、カンザス州ルーカスのダウンタウンに建物を構えました。新しい建物ができたことで、コレクションは移動する展示物やサイドショーのバナーから、新たに「ロードサイド・サイドショー・エキスポ(Roadside Sideshow Expo)」となりました。コレクションは、ルーカスの 214 South Main で見ることができます。開館は不定期、または予約も受け付けています。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
フォックス川沿いのリバーエッジパークでの生演奏

旅行先

オーロラ

シカゴのミシガン湖畔に広がるグラントパークとミレニアムパークの上空からの眺め

旅行先

シカゴ