Skip to main content
フロリダ州マイアミの海辺でポーズを取る、多文化的でジャンルを超えたバンド「エクスペリメント」
1 / 1
  • 州:
    フロリダ州

まずは基本からはじめましょう。フロリダ州マイアミにはビーチがあります。ビーチは美しく、フロリダ州は活気にあふれています。

次に、もう少し深く掘り下げてみましょう。マイアミは、白い砂、ターコイズブルーの海、感じのよいパステルカラーに彩られたアールデコ様式の建物に加えて、音楽、アート、グルメが充実した活気あふれる多文化の街です。

多文化的でジャンルを超えたバンド「エクスペリメント」のトランペット奏者エミリアーノはこう説明します。「キューバ、アルゼンチン、コロンビア、アメリカのこれらの文化が、マイアミに提供しなくてはならないものをもたらしています。そしてその結果が 1 つのユニークなサウンドの美しい不調和です。マイアミを拠点に活動するバンドは、ラテンのダンス音楽の定番であるクンビアからサルサまでと、ファンク、スカ、リズム&ブルース、ヒップホップの要素を融合させています。これらのすべての要素が組み合わさってモダンなサウンドを作り上げますが、そのルーツは音楽(そして地政学的な)の歴史の短期集中コースで知ることができます。

カジェオチョ

ラテン音楽がマイアミの鼓動であるなら、毎年恒例の音楽フェスティバルのカジェオチョ(Calle Ocho)が「大静脈」だとエミリアーノは考えています。カジェオチョは世界最大のヒスパニックの祭典です。毎年 100 万人以上が訪れるこのフェスティバルでは、リトルハバナの 28 の街区が会場となり、30 のステージでライブエンターテイメントが繰り広げられます。通りを歩くと、ローカルフードの屋台、ドミノプレーヤー、アーティスト、ダンサーを見かけます。

カジェオチョに軒を連ねる人気のバーや食堂

カジェオチョに軒を連ねる人気のバーや食堂
詳細を表示

リトルハバナのリズム

カジェオチョ以外でも、リトルハバナの通りをぶらぶら歩いているときに、ちょっとダンスをすることも珍しいことではありません。街の音風景は、世界中のサウンドや楽器をもたらすリズミカルな大道芸人で構成されています。キューバのコンガ、ハイチのズーク、ブラジルのサンバ、カリブのレゲエは、いつでも耳にする可能性がある音の一例に過ぎません。美しいダンサーがいるサンバを見るために立ち止まってから、エミリアーノはこう説明します。「ここマイアミではこういうことが起きます。私たちの話し方、踊り方、歩き方、料理のし方は、ここアメリカでダンスフロアを活気付けるために世界各地から集まってきた人々の出身地の影響を受けています。」

リトルハバナの街角で踊る人々

リトルハバナの街角で踊る人々
詳細を表示
詳細情報

アートバーゼル

世界クラスの音楽とダンスだけではありません。スイスおよび香港と並んで、マイアミもアートバーゼル(Art Basel)の開催地です。この国際的なアートフェアには、アートの世界をサポートし育むために、コレクター、ギャラリー、アーティストが集結します。マイアミでは以前よりはるかにギャラリーが増えていて、アートシーンが活気付いています。ラテンアメリカの強力なルーツのもうひとつの証しである色彩豊かな街の活気から、多くのローカルアーティストがインスピレーションを受けています。そして、エクスペリメントはこういったアーティストと提携し、アルバムジャケットやアートワークを作成しています。マイアミ文化をうまく伝え、解釈することのできるアーティストは、互いの作品に多大な影響を及ぼすため、コラボレーションは重要です。エミリアーノが説明するとおり、「この街の美的感覚 1 つとっても非常に多彩で、美的感覚から生まれるアートや音楽の特徴になっています。」

ローカルのサウスビーチ

地元のストリートアートを堪能し、ウィンウッド(Wynwood)の壁画をぜひ見てみてください。「新しいバーやライブハウスがオープンしていて、マイアミの新たなナイトスポットになっています。パーティーに参加して楽しい時間を過ごして、いやなことは忘れる場所です。」そしてウィンウッドは、ありふれたビーチドリンクの代わりに、増加中のブルワリーと高い評判を誇るクラフトビールシーンで有名です。

街に音楽を持ち出すエクスペリメント

街に音楽を持ち出すエクスペリメント
詳細を表示
詳細情報

マイアミのコンフォートフード

マイアミ で有名なもう 1 つのドリンクといえば、キューバコーヒーです。エクスペリメントのメンバーたちは、家族経営の有名レストラン、ヴァーセイルズ(Versailles)にずっと前から通っています。ヴァーセイルズは 50 年の歴史を持つレストランです。店がそれだけ長く続くには正当な理由があります。本格的なキューバ風アメリカ料理を出すこの大きなレストランでは、さりげない気配りで自宅で家族とテーブルを囲んでいるような気分にさせてくれます。

ランチを食べながら話していると、三代目オーナーのニコルが「お客さんはこの店をまるで第 2 の自宅であるかのように感じています。ここは、悲しむため、祝うため、食べるために一日中人々が集まる場所です。そんな日常の一部になれることは本当に特別なのです。」と言いました。そこにエミリアーノがすぐに加わり、「みんな知っています。マイアミヒート(Miami Heat)が勝ったときはいつでも、自分のフライパンや鍋を持ってきて、いつもここに集まってお祝いをします。」

レチョンアサド(キューバ風ポークグリル)でおなかを満たした後は、濃いコーヒーを数口飲めば元気が出て、街に繰り出す準備ができます。「夜にパーティーが少し盛り上がってくると、シガースポットを通り過ぎ、ドラムや、街角で踊って楽しんでいる人々の姿を見かけます。」

 フロリダ州マイアミはいつもエネルギーにあふれ、そこに住む人たちも元気いっぱいです。確かに、絶景を満喫できるビーチでのバケーションのためにマイアミに来たのかもしれませんが、そこでじっとしていてはもったいないと思いませんか?

ヴァーセイルズのテイクアウト用カウンターにてキューバコーヒーで一服

ヴァーセイルズのテイクアウト用カウンターにてキューバコーヒーで一服
詳細を表示
さらに調べる
大西洋に突き出た桟橋、アメリア・バイ・ザ・シー

旅行先

アメリア島