Skip to main content
ワシントン州のオリンピック国立公園にあるハリケーンリッジ
1 / 1
  • 州:
    アラスカ州
    アリゾナ州
    カリフォルニア州
    コロラド州
    フロリダ州
    イリノイ州
    アイダホ州
    モンタナ州
    ワイオミング州
    ケンタッキー州
    ニューメキシコ州
    ニューヨーク州
    ペンシルベニア州
    プエルトリコ
    テネシー州
    ノースカロライナ州
    バージニア州
    ワシントン州
    ウィスコンシン州

アメリカには、世界にある 1,121 件のユネスコ世界遺産のうち 24 件があります。

これらの物件は自然や文化として普遍的に価値を有すると認められている遺産で、東アフリカのセレンゲティ国立公園(Serengeti National Park)、エジプトのピラミッド(Pyramids)、オーストラリアのグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、アメリカのグランドキャニオン(Grand Canyon)など、さまざまな種類のユニークな物件が登録されています。アメリカのサリー・ジュエル内務長官(当時)は、2014 年にサンアントニオミッションズ国立歴史公園(San Antonio Missions National Historic Park)が世界遺産に推薦された際に、「世界遺産はアメリカにまつわるすべてのストーリーとアメリカの人びとや美しい土地の驚くべき多様性を世界に伝える絶好の機会を提供するものです」とコメントしました。「サンアントニオの伝道施設群は、我が国のラテン系の人びとの遺産の重要な一部であり、ラテン系の人びとがアメリカ建国に貢献したことを物語っています」

イリノイ州のカホキア墳丘群州立史跡

1982 年に世界遺産に登録

カホキアは往時は他に類を見ないほど栄えた集落でした。ミシシッピ川の沿岸にあったこの集落の住人たちは、日常生活を送る実用的な住居から非常に大きい公共的な施設まで、さまざまな建造物を建設しましたが、何世紀もの年月を経た現在もその壮大さの名残が感じられます。ここには現在、案内センターなどの施設があり、丸一日観光を楽しめます。敷地内は自由に見て回れますが、ガイド付きのツアーに参加することもできます。

カホキア墳丘群州立史跡にある巨大な墳丘

カホキア墳丘群州立史跡にある巨大な墳丘
詳細を表示

ニューメキシコ州のカールズバッド洞窟群国立公園

1995 年に世界遺産に登録

カールズバッド洞窟群国立公園(Carlsbad Caverns National Park)には、岩だらけの斜面と渓谷、サボテン、草や茨、まばらな木々という景観が広がる起伏に富んだ大地の下に、確認されているだけで 118 以上の洞窟が存在しています。これらの洞窟はすべて、硫酸によって石灰岩が溶かされた結果、形成されたものです。カールズバッド洞窟(Carlsbad Cavern)は、2 億 5,000 万年から 2 億 8,000 万年前にこの地が内海だったころに形成された化石礁の中にあります。

カールズバッド洞窟に形成された驚くべき地下地層

カールズバッド洞窟に形成された驚くべき地下地層
詳細を表示

ニューメキシコ州のチャコ文化国立歴史公園

1987 年に世界遺産に登録

この遺跡には非常に大きい公共的な建造物や儀式のための建造物が見られます。それらの建造物からは、大昔にそれらを建設した人びとが天体の動きについて高度な知識を有していたことがわかっています。ここでは現在、ガイドツアーや夜空のプログラムに参加したり、トレイルでハイキングやサイクリングを楽しんだり、夜にキャンプファイヤーを囲んで語らったりしながら、850 年から 1250 年ごろにこの地に住んでいた人びととその生活について深く学ぶことができます。

チャコ文化国立歴史公園に残る素晴らしい遺跡

チャコ文化国立歴史公園に残る素晴らしい遺跡
詳細を表示

フロリダ州のエバーグレーズ国立公園

1979 年に世界遺産に登録

エバーグレーズ国立公園(Everglades National Park)は、約 6,000 平方キロメートルという広大な面積を誇るアメリカ最大の亜熱帯の自然地区。マナティー、アメリカワニ、めったに目にすることがないフロリダパンサーなど、数多くの絶滅危惧種や希少種の生物にとっての貴重な生息地です。ここには人気のアクティビティがバラエティ豊富にそろっていて、キャンプ、ボート、釣り、ハイキング、バードウォッチング、レンジャーガイド付きのプログラムなどが楽しめます。

「草の川」として知られるフロリダ州のエバーグレーズ

「草の川」として知られるフロリダ州のエバーグレーズ
詳細を表示

プエルトリコのラフォルタレサとサンフアン国定史跡

1983 年に世界遺産に登録

サンフアンにあるこの巨大な要塞群には、サン・フェリペ・デル・モロ(San Felipe del Morro)、サンクリストバル(San Cristóbal)、サン・フアン・デ・ラ・クルス(San Juan de la Cruz)の 3 つの要塞のほか、ラフォルタレサ(La Fortaleza)が含まれます。また、16 世紀から 19 世紀の間に建造された街の城壁の大部分もこの史跡に含まれます。この史跡では、レンジャーのプレゼンテーションに参加したり、要塞を見学したり、ビデオプログラムを見たりできます。プエルトリコのこの観光名所でリラックスしながら楽しい時間を過ごすのもいいでしょう。

サンフアン国定史跡にある、堂々たる雰囲気のサン・フェリペ・デル・モロ要塞

サンフアン国定史跡にある、堂々たる雰囲気のサン・フェリペ・デル・モロ要塞
詳細を表示

さまざまな州にあるフランク・ロイド・ライトの建築作品群

2019 年に世界遺産に登録

この世界遺産は、著名な建築家のフランク・ロイド・ライトが手がけた 8 件の建築物の作品群です。これらの建築物からは、アメリカとヨーロッパの近代建築デザインに与えた彼の影響がいかに大きかったかを知ることができます。8 件の建築物とは、ペンシルベニア州ミルランにある落水荘(Fallingwater)、イリノイ州オークパークにあるユニティテンプル(Unity Temple)、イリノイ州シカゴにあるフレデリック・C・ロビー邸(Frederick C.Robie House)、ウィスコンシン州スプリンググリーンにあるタリアセン(Taliesin)、ウィスコンシン州マディソンにあるハーバート・キャサリン・ジェイコブス邸(Herbert and Katherine Jacobs House)、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるホリーホック邸(Hollyhock House)、アリゾナ州スコッツデールにあるタリアセンウェスト(Taliesin West)ニューヨーク州ニューヨーク市にあるソロモン・R・グッゲンハイム美術館(Solomon R.Guggenheim Museum)です。

ウィスコンシン州スプリンググリーンにあるフランク・ロイド・ライトの邸宅タリアセンの外観

ウィスコンシン州スプリンググリーンにあるフランク・ロイド・ライトの邸宅タリアセンの外観
詳細を表示

モンタナ州のグレイシャー国立公園とカナダのウォータートンレイク国立公園

1995 年に世界遺産に登録

モンタナ州グレイシャー国立公園(Glacier National Park)とカナダのアルバータ州にあるウォータートンレイク国立公園(Waterton Lakes National Park)は、両方の公園を合わせて 1932 年に世界初の国際平和自然公園に指定されました。この世界遺産では、原生林、高山地帯の草原、険しい山々、美しい湖の景観を体験できます。また、総延長が 1,125 キロメートルを超えるトレイルもあり、息を呑むほどの絶景が広がるハイカーたちのパラダイスとなっています。公園のウェブサイトではさまざまな情報を提供しているので、高山の素晴らしい景色を楽しむ旅の計画に役立てましょう。

グレイシャー国立公園にあるハイライントレイルでハイキング

グレイシャー国立公園にあるハイライントレイルでハイキング
詳細を表示

アリゾナ州のグランドキャニオン国立公園

1979 年に世界遺産に登録

グランドキャニオン(Grand Canyon)は「世界の自然七不思議」の 1 つに数えられている大渓谷。約 1700 万年前にコロラド川(Colorado River)の浸食によって誕生したその地形は、現在も形成が続いています。全長が 446 キロメートル、幅が最大 29 キロメートル、深さが 1.6 キロメートルのこの渓谷では、地層の違いによる色の演出と浸食によるユニークな形状を見て楽しむことができます。そのグランドキャニオンがあるグランドキャニオン国立公園(Grand Canyon National Park)には、毎年 500 万人近くの観光客がやって来ます。この壮大な渓谷を訪れる際は、たくさんある見どころとアクセス方法を事前に確認することをおすすめします。

「世界の自然七不思議」の 1 つに数えられているグランドキャニオン国立公園

「世界の自然七不思議」の 1 つに数えられているグランドキャニオン国立公園
詳細を表示

テネシー州とノースカロライナ州にまたがるグレートスモーキー山脈国立公園

1983 年に世界遺産に登録

グレートスモーキー山脈国立公園(Great Smoky Mountains national park)はアメリカで最も多くの観光客が訪れる国立公園。圧倒的な美しさを誇る自然環境に、3,500 種以上の植物が生息しています。人間の手もそれほど入ったことはありません。この素晴らしい国立公園には、ドライブコースやサイクリングとハイキングのトレイルがあります。キャンプや釣りもできますが、なんといってもおすすめは自然観察です。

グレートスモーキー山脈国立公園にあるアパラチアントレイルの途中にあるクリングマンズドーム

グレートスモーキー山脈国立公園にあるアパラチアントレイルの途中にあるクリングマンズドーム
詳細を表示

ハワイのハワイ火山国立公園

1987 年に世界遺産に登録

ハワイ島にあるこの国立公園は、世界で最も活発な火山であり、現在も島の地形の形成に影響を及ぼし続けている、マウナロア(Mauna Loa)とキラウエア(Kīlauea)の 2 つの火山の自然環境を保護する国立公園です。ここでおすすめのアクティビティはハイキング。海水面から火山の頂上まで、ユニークな地形の景観を楽しむことができます。多種多様な生物と豊かな歴史もこの国立公園の魅力です。

ハワイ火山国立公園にある海岸沿いの溶岩原でハイキング

ハワイ火山国立公園にある海岸沿いの溶岩原でハイキング
詳細を表示

ペンシルベニア州の独立記念館

1979 年に世界遺産に登録

ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるこの建物は、アメリカ独立宣言とアメリカ合衆国憲法が採択された場所です。これらの文書に明示された「自由」と「人民主権」は、アメリカの歴史の土台をなすほど重要な意味を持つ普遍的な原則であり、世界中の立法者に多大な影響を与えてきました。周辺には、第一合衆国銀行(First Bank of the U.S.)、旧国会議事堂(Congress Hall)、旧市庁舎(Old City Hall)、フランクリンコート(Franklin Court)、自由の鐘センター(Liberty Bell Center)といった観光スポットもあります。

独立記念館の前を通る馬車ツアー

独立記念館の前を通る馬車ツアー
詳細を表示
詳細情報

アラスカ州とカナダにまたがるクルエーン/ランゲル=セントイライアス/グレイシャーベイ/タッチェンシニー=アルセク

1979 年に世界遺産に登録

これらはいずれも国立公園や州立公園の名称で、アメリカとカナダの両国にまたがる世界遺産として登録されており、氷河と高峰という印象的な自然の景観が広がる場所です。グレイシャーベイ国立公園および保護区(Glacier Bay National Park and Preserve)には、極地以外では世界最大となる氷原や、世界有数の長さと絶景を誇る氷河があります。

アラスカ州のグレイシャー湾沿いにそびえ立つ雄大な山々

アラスカ州のグレイシャー湾沿いにそびえ立つ雄大な山々
詳細を表示

ケンタッキー州のマンモスケーブ国立公園

1981 年に世界遺産に登録

現在知られている中では世界最長の洞窟群と地下通路がある世界遺産。その総延長は、調査された部分だけでも 644 キロメートル以上に及びます。マンモスケーブ国立公園(Mammoth Cave National Park)は 130 種以上の動植物の生息地であり、特に洞窟で生活する野生動物には豊かな生息環境を提供しています。ここでは、洞窟ツアー、地上でのハイキング、カヌー、ピクニック、乗馬、サイクリング、キャンプなど、豊富なアクティビティが楽しめます。国立公園のウェブサイトで情報をざっとチェックして、準備を万端にして地下の冒険に出かけましょう。

マンモスケーブ国立公園にある巨大な地下空間

マンモスケーブ国立公園にある巨大な地下空間
詳細を表示

コロラド州のメサヴェルデ国立公園

1978 年に世界遺産に登録

メサヴェルデ国立公園(Mesa Verde National Park)にある見事な遺跡が織りなす景観からは、大昔のアメリカ先住民の部族の文化と伝統がはっきりと伝わってきます。遺跡の保存状態はアメリカでもきわめて良好の部類に入ります。この遺跡からは、アメリカ南西部で暮らしてきたプエブロ族の昔と今の生活様式の関連性がよくわかります。公園内では、600 点の岩窟住居跡など、確認されているだけでも約 5,000 点の遺跡が保護されています。季節によっては見学できないスポットもあるので、事前にしっかりと計画を立ててから訪れることを強くおすすめします。

メサヴェルデ国立公園にある岩窟住居跡

メサヴェルデ国立公園にある岩窟住居跡
詳細を表示

バージニア州のモンティチェロとバージニア大学

1987 年に世界遺産に登録

アメリカ第 3 代大統領であり、独立宣言の起草に携わったトーマス・ジェファーソンによって設計されたモンティチェロ(Monticello)は、数キロメートル離れてはいますが、バージニア大学(University of Virginia)の中心部にある邸宅です。モンティチェロは、建物を自然の景観に融合させた点や、計画と設計で独創性を発揮した点、そして見事なまでのバランスと装飾により、新古典様式の優れた代表作とされています。一方のバージニア大学は、啓蒙時代における卓越した教育機関の代表的な存在となっています。

上空から眺めたモンティチェロとその周辺のシャーロッツヴィルの景色

上空から眺めたモンティチェロとその周辺のシャーロッツヴィルの景色
詳細を表示

ワシントン州のオリンピック国立公園

1981 年に世界遺産に登録

オリンピック国立公園(Olympic National Park)には、壮観な海岸線、風光明媚な湖、雄大な山々と氷河、そして広大な温帯雨林があります。このように多様性に富んだ生態系が存在しているため、一度に 3 つの国立公園を訪れたような気分になれます。公園内にはビジターセンターが 5 ヵ所あり、海岸沿いに広がる大自然を満喫するための詳しい情報を提供しているので、どのセンターから観光をスタートしても問題ありません。

オリンピック国立公園にある橋を渡るハイカー

オリンピック国立公園にある橋を渡るハイカー
詳細を表示

ハワイのパパハナウモクアケア

2010 年に世界遺産に登録

ハワイの北西に位置する約 2,000 キロメートルの範囲に連なる小島と環礁、そしてその周辺の海洋自然も世界遺産に登録されています。手つかずの自然が残るこの一帯は非常に貴重で、世界最大級の海洋保護区の 1 つとなっています。ハワイ先住民にとっても、ヨーロッパ人が到来する以前の考古遺跡があるほか、精神的にも伝統的にも重要な場所となっており、現在も文化的な意味で同じくらいの大きな価値があります。なお、この国定公園への訪問は現在、特定の目的に限定されているため、一般の観光客は訪問できません。

ルイジアナ州のポヴァティポイントの記念碑的土構造物群

2014 年に世界遺産に登録

ルイジアナ州北東部、モンローの近くにあるポヴァティポイントの記念碑的土構造物群(Poverty Point Monumental Earthworks)には、3,400 年以上前にアメリカ先住民のコミュニティの人びとによって造られた、印象的な盛土や同心円状に設計された半円などの形状の遺跡があります。これらの巨大な遺跡は、現代的な道具や車輪、家畜動物を使用せずに造られています。膨大な数の人工物も発見されており、考古学者がそれらを手掛かりに、どのような人びとが何の目的でこの構造物群を造ったのかを詳しく解明しようと取り組んでいます。

ポヴァティポイントにある盛土の 1 つから見渡す風景