Skip to main content
フェルメールの風車
1 / 1
  • 州:
    アイオワ州

アイオワ州のある町では、北アメリカで最も背が高い現役のオランダ式風車を通じてその伝統文化を祝っています。

アイオワ州ペラの人々は、そのオランダの伝統文化に非常に誇りを持っています。そしておそらく、この町には北アメリカで最も背が高い現役のオランダ式風車よりも美しいものはありません。フェルメールの風車(Vermeer Windmill)はオランダで最初に組み立てられました。1850 年代のオランダの伝統的な粉引き機をモデルに設計されました。その後分解され、2002 年にペラで再度組み立てられました。風車自体は 4 階建てのレンガ造りの基部の上にあり、37 メートルの高さがあるため、周囲の建物の上を吹く風を捉えることができます。

動く遺産

風車は町の象徴的存在ですが、それだけでなく完全に機能します。地元のレストランでは、風力で挽いた小麦を使用しておいしいパンを作っています。穀物は風車の 1 階にある両開きドアから運び込まれ、落とし戸から石臼に調達されます。

風車は穀物を挽く以外の目的にも使用されます。風車の 2 階と 3 階には博物館があり、製粉業者の家族が住んでいた場所のレプリカや、オランダ式風車のさまざまなモデルのコレクションなどが展示されています。

5 階からは周辺エリアの素晴らしい眺めを楽しむことができます。同様に、周辺エリアでは、かなり遠くからでも絵のように美しい風車の景色を楽しむことができます。フェルメールの風車は、ペラの歴史村(Historical Village)で毎年開催されるチューリップ・タイム・フェスティバル(Tulip Time Festival)のまさに目玉と言えるでしょう。

旅行の前に知っておきたいこと

営業時間は月曜日から金曜日までは午前 10 時から午後 5 時まで、土曜日は午前 10 時から午後 4 時までです。ツアーは 1 日を通してさまざまな時間に出発しています。スケジュールや料金については歴史学会のウェブサイトをご覧ください。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
シカゴのミシガン湖畔に広がるグラントパークとミレニアムパークの上空からの眺め

旅行先

シカゴ

秋のレイク郡の燃え立つような紅葉

旅行先

ガーニー