Skip to main content
ベネチアンプール
1 / 1
  • 州:
    フロリダ州

国家歴史登録財に指定された唯一のプールでは、毎日水を抜き、自然の力で濾過された水を入れ直しています。

アメリカ最大の淡水プールであるコーラルゲーブルズのベネチアンプール(Venetian Pool)には、水を新鮮で清潔に保つためだけに、夏の間は毎日水を抜き、再度水を入れるという独自のシステムが採用されています。操業を停止したサンゴ岩の採石場の遺構から 1924 年に作られた公共プールは、アメリカに地中海スタイルのプールを取り入れるべく、ベネチアの洞窟をモデルにしています。眺めのよい橋は、ゴンドラをプールそばに止めるための係船柱と併せて、プールを見下ろせるように造られました。ただし、この施設は後に廃止されています。プールは、多数の天然の洞窟ともつながっているため、泳ぎながら探索することもできます。

夏の間毎日水が入れ替えられるプール

ベネチアンプールの水は、特有の天然の濾過システムのおかげでいつも透明で真っ青です。最初の頃は、毎日排水し、敷地内の被圧地下水泉から新鮮な水を補充していました。しかし、この手法は、水の自然環境保護活動家から地元の帯水層が枯渇していると警告を受け、非難の的となりました。それを受けて、プールの水を帯水層に戻し、天然のフィルターによって廃水を浄化できる新しいシステムが考案されました。フロリダ州の暑い春と夏の間、この補水システムは適切に機能し、プールは毎日きれいな水で満たされています。

プールを常に排水することで、交響楽のコンサートなどのイベントに使用することも可能になりました。これには、採石場だったプールが空になることで自然の音響を楽しめるというメリットがあります。ベネチアンプールは国家歴史登録財として保護されている唯一のプールであり、今後も順調な運営が続くでしょう。

旅行の前に知っておきたいこと

この公営プールはマイアミ郊外のコーラルゲーブルズの町にあります。入場料は非居住者の大人が 13 ドル、地元住民は 5.50 ドルです。営業時間は季節により異なるので、詳細は市のウェブサイトを確認してください。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
大西洋に突き出た桟橋、アメリア・バイ・ザ・シー

旅行先

アメリア島