Skip to main content
馬に乗ってウィラメットバレーのワイナリー巡り

オレゴン州

ウィラメットバレー:オレゴン・ワイン・カントリーで楽しむアウトドア

提供: : Zaida Rios

1 / 1
  • 州:
    オレゴン州

食やワインが好きなのと同じくらい、アウトドアと冒険の休日に憧れているなら、ここに来て正解です。

オレゴン・ワイン・カントリー(Oregon Wine Country)とも呼ばれるウィラメットバレー(Willamette Valley)は、アメリカでも最も風光明媚な地域にあり、高級感と自然の美しさが見事に調和しています。ぶどうの木が生い茂るワイン生産地域を巡り、屋外で過ごす休日を心行くまで満喫しましょう。

来たれ、冒険者たち

オレゴン・ワイン・カントリーには、アウトドアアドベンチャーの選択肢が数え切れないほどあります。まずは、カスケード山脈(Cascade Mountains)の丘陵地帯に向かい、アウトドア専門店で太平洋沿岸北西部の典型的なアドベンチャーであるホワイトウォーターラフティングに申し込みましょう。このラフティングツアーでは、ボートに乗って、マッケンジー川(McKenzie River)、ノースサンティアム川(North Santiam River)、クラカマス川(Clackamas River)のクラス II と III の急流を下ります。ハイキングのほうがお好みに合っているなら、10 フォールズ・キャニオン・トレイル(10 Falls Canyon Trail)、メアリーズピーク(Mary’s Peak)、アイアンマウンテン(Iron Mountain)、マクダウェルクリーク(McDowell Creek)、スペンサービュート(Spencer Butte)など、ウィラメットバレー(Willamette Valley)には写真に収めたくなるトレイルがたくさんあります。

おいしいワインと同じくらい水辺で過ごす時間がお好きなら、楽しいアクティビティが待っているウィラメット川(Willamette River)へ。スタンドアップパドルボードを借りて一人で楽しむのもよし、グループでゆっくり川を下るのもよし、はたまた、カヤックに乗って行くツアー参加するのもおすすめです。中には、途中でワイナリーに立ち寄るツアーを催行している現地会社もあります。カヤックやボードから降りて、見学に参加することも、テイスティングルームに直行することもできます。乗馬がお好きな方も、取り残されることはありません。馬の背中に揺られてワインカントリーの中を巡る乗馬ツアーに参加できます。

マッケンジー川を下るラフティングツアーを楽しむ家族

マッケンジー川を下るラフティングツアーを楽しむ家族
詳細を表示

絶景を満喫できる自転車専用道路

この地の景色は、自転車で味わうのが最高です。実際に、サイクリストが美しい景色の中を走れるツーリングルートが多数あります。ウィラメット・バレー・シーニック・バイクウェイ(Willamette Valley Scenic Bikeway)では、ワインを試飲してあちこち回りながら、ペダルを漕いでワイナリー、農家、風情のある田舎町を訪れましょう。熱心なサイクリストには、ブライテンブッシュ川(Brietenbush River)とクラカマス川(Clackamas River)沿いのカスケーディング・リバーズ・ルート(Cascading Rivers route)がおすすめです。鬱蒼とした森林が続く 112 キロメートルの道沿いで、威厳あふれるエルクの姿を見かけるかもしれません。検討すべきもうひとつのすばらしい自転車専用道路は、マッケンジーパス(McKenzie Pass)です。カスケード山脈(Cascade Mountains)を走るこのトレイルの先には、溶岩だらけのまるで異世界のような風景が広がっています。月面を間近で見ているような気分になるでしょう。

家族旅行なら、カバード・ブリッジズ・シーニック・バイクウェイ(Covered Bridges Scenic Bikeway)をのんびり走りましょう。歴史あるコテージグローブ(Cottage Grove)からスタートし、屋根つきの橋を渡り、最後はピクニックに最適なドリーナ湖(Dorena Lake)に到着します。筋金入りのマウンテンバイカーなら、オークリッジ(Oakridge)、オルシーフォールズ(Alsea Falls)、ブラックロック(Black Rock)に出かけて、絶景を楽しみながらスリリングなトレイルで実力試しはいかがでしょうか。

ウィラメット・シーニック・バイクウェイ沿いのぶどう園を通り過ぎる自転車

ウィラメット・シーニック・バイクウェイ沿いのぶどう園を通り過ぎる自転車
詳細を表示

ワインと食事

すばらしいアウトドアとは景色を眺めながらワインを飲むこと、とお考えの方は、最高の特等席が待っているウィラメットバレーのワイナリーへ向かいましょう。ワインカントリーの南部から北部に向かって旅していると、ミッド・ウィラメット・バレー AVA(Mid-Willamette Valley AVA)やエオラ・アミティ AVA(Eola-Amity AVA)の周囲の美しい環境が目を楽しませてくれます。

最初に立ち寄るのは、ユージーン(Eugene)にあるキング・エステート・ワイナリー(King Estate Winery)です。このワイナリーには、広大なぶどう園、ラベンダー畑、風格のあるテイスティングルーム、併設のレストランに食材を供給している環境に優しい小さな菜園があります。次は、歴史を感じさせるデイトン(Dayton)を訪れます。この町には、感じのよいワイン醸造業者が集まっています。ストラー・ファミリー・エステート(Stoller Family Estate)では、陽が当たるテイスティングルームに席を取り、世界に通用するピノノワールやシャルドネを飲みながら、眼下に広がるぶどう園の風景を眺めてリラックスできます。丘の中腹にひっそりたたずむドメーヌドルーアン(Domaine Drouhin)は、フランスの影響を受けたブルゴーニュやピノにうってつけの場所です。テイスティングツアーを締めくくるのはソーコルブロッサー(Sokol Blosser)。LEED の認定を受けたこのワイナリーは現代的なファームハウス内にあり、ここで一流の赤ワインと白ワインを試飲できます。フレンチオーク樽で熟成させたシャルドネはぜひ味わってみてください。

星空の下、地元のぶどう園でテーブルを囲み、食事とワインのペアリングを楽しむ人々

星空の下、地元のぶどう園でテーブルを囲み、食事とワインのペアリングを楽しむ人々
詳細を表示

アクセス方法

オレゴン州ウィラメットバレーに行くには、空路でポートランド国際空港(Portland International Airport/PDX)に着いたら、車を借りて 258 キロメートル走るか、あるいはポートランドで乗り継いでユージーン空港(Eugine Airport/EUG)に着いたら、車を借りて 83 キロメートル走ります。ウィラメットバレーに到着したら、ナショナル・シーニック・バイウェイの絶景を満喫できるルートを走り、この地の多様な地形を観察してみましょう。マッケンジーパス(McKenzie Pass)、オーバー・ザ・リバーズ&スルー・ザ・ウッズ(Over the Rivers & Through the Woods)、ウエストカスケーズ(West Cascades)をはじめとするシーニック・バイウェイがあります。州間道路 5 号線から遠回りして、シルバー・フォールズ・ツアー・ルート(Silver Falls Tour Route)上にある農地や山脈を回ったり、32 キロメートルにわたるコテージ・グローブ・カバード・ツアー・ルート(Cottage Grove Covered Tour Route)の静かな道をドライブしたりするのも楽しいものです。

さらに調べる