Skip to main content
ラウドン・ワイン・カントリーのブドウ園で栽培されているブドウ

バージニア州

ラウドン・ワイン・カントリーの最新グルメ情報

提供: : Touring & Tasting Marketing and Media

1 / 1
  • 州:
    バージニア州

ブルーリッジ山脈とポトマック川の間に佇むバージニア州ラウドン郡は絶え間なく進化を続けています。

東海岸を代表する食のデスティネーションであり有名なワイン地方でもあるラウドン郡はアメリカの首都から約 50 キロメートルの場所に位置し、ワシントン D.C. のワインカントリーとして知られています。ラウドン・ワイン・カントリー(Loudoun Wine Country)には 40 を超えるワイナリーが集まっており、馬農場や歴史ある邸宅が並ぶ合間を縫うように延びる曲がりくねった道沿いに点在しています。この界隈のブティックワイナリー(少量のワインを手作業で生産するワイナリー)は雰囲気の良いテイスティングルームを備えていますが、その形態は素朴な納屋から驚くような建物まで様々です。少人数でのテイスティング、ためになる各種のツアー、創意に富んだフードペアリング、賞に輝いたワイン生産者との会話など、多彩な楽しみ方ができます。さらに、ラウドンには一度は訪れておきたいビールやシードルの醸造所もあります。それでは、ビールとシードルも楽しめるラウドンのワインカントリーに向けて出発しましょう。

ブローヴィンヤーズ

家族経営のブロー・ヴィンヤーズ(Breaux Vineyards)は、人気のブドウ園。ゲストに多彩なテイスティング体験を楽しんでもらうために、大小様々なテイスティングルームを備えた広大な施設を新たにオープンしました。  メインのテイスティングルームは常連客や 8 名以下の小グループが利用できます。オーナーのポール・ブロー・ジュニアがルイジアナ州出身であるため、ニューオーリンズのフレンチクォーターを髣髴とさせるデザインが印象的な美しいテイスティングルームです。VIP イベントの会場に最適なのは、窓の外にブドウ園のパノラマビューが広がるタワールーム。大人数のグループの場合は、開園当初からあるフランス風の二枚扉でつながっている施設を利用できます。

クリサリスヴィンヤーズ

クリサリスヴィンヤーズ(Chrysalis Vineyards)は、ゲストがラウドンの農業に触れるための 165 ヘクタールを超える新しい農業地区を含みその敷地を拡大してきました。  クリサリスはロックスリー・エステート・ファームステッド・チーズ・カンパニー(Locksley Estate Farmstead Cheese Co.)と提携し、チーズ生産設備と先進的なテイスティングルームを増設しました。そのテイスティングルームでは、テイスティングをしながらワインに関するデジタル情報を確認することができます。農園では牛肉、卵、その他の農産物を購入することもできます。テイスティングルームは 2015 年にオープンし、農場の初のチーズは 2016 年に販売されました。 

ストーン・タワー・ワイナリー

ストーン・タワー・ワイナリー(Stone Tower Winery)の最新施設には、テイスティングルーム、ミーティングスペース、ブルラン山地(Bull Run Mountains)に面したブドウ園を一望できる美しいデザインのテラスが揃っています。 このワイナリーでは、ワインの酒蔵内で座って味わうテイスティングや、ワインとチーズのペアリングなど、一味違う特別な体験をすることもできます。

グリーンヒル・ワイナリー・アンド・ヴィンヤーズ

歴史ある町ミドルバーグ郊外のグリーンヒル・ワイナリー・アンド・ヴィンヤーズ(Greenhill Winery and Vineyards)は、ラウドン郡の中心部に位置するユニークなブティックワイナリーです。  このワイナリーでは、バラエティ豊かなツアーに参加できるだけでなく、テイスティングルームやマナーハウスでの試飲を楽しむこともできます。屋外やラウンジのシート、バッチボールやピクニックエリアなどの設備も充実しています。

新しいエールトレイル

ラウドン郡では、クラフトビールシーンが盛り上がりを見せています。すでに 20 を超える地ビール醸造所がありますが、その数はまだ増えています。  これらの醸造所の自慢は、ビール職人が精魂こめて作った少量生産の自家製ビールです。歴史あるダウンタウンの中心部や醸造所が自家製ホップを栽培する農園など、郡の至る所に醸造所があります。

ラウドンのラケッツ近くにホップの加工処理施設ができる予定があり、これが完成すると中部大西洋で初の商業規模施設となります。ラウドンのすべての醸造所はロコ・バージニア・エール・トレイル(LoCo Virginia Ale Trail)の一部を成しています。そのため、このトレイルを辿れば、すべての地ビール醸造所とユニークなビールや地元で人気の料理が楽しめるパブを訪問できます。

新たな旋風:シードル

最近ラウドンで話題のもう 1 つの新顔は、発酵させた無加糖のリンゴジュース「ハードサイダー」です。 歴史の町ミドルバーグにあるマウント・ディファイアンス・シーダリー・アンド・ディスティラリー(Mt. Defiance Cidery and Distillery)では、辛口のシードルをブレンドした定番から、ジンジャー、蜂蜜、ブルーベリーで香り付けした斬新なシードルに至るまで、様々なクラフトシードルを作っています。

コーコランヴィンヤーズ(Corcoran Vineyards)も最近シードルの販売を開始しました。コーコランの「ノットヘッド」(Knot Head)は地元産の 7 種のリンゴだけをブレンドして作ります。バーボンの樽に入れて一定期間寝かせるため、カクテルのウィスキーサワーを思わせる喉越しと味わいを楽しめるシードルに仕上がっています。

評判のデスティネーションレストラン 

ラウドン郡では、料理だけにとどまらず全体的な食事体験を堪能できます。レストラン選びにはラウドン・ディスティネーション・レストラン(Loudoun Destination Restaurants)が参考になります。このリストに名を連ねるレストランは、5 つのカテゴリーにおける評価に基づいた審査を経て選ばれた優秀なレストランです。 

ラウドンで評判のデスティネーションレストラン、グッドストーン・イン・アンド・レストラン

ラウドンで評判のデスティネーションレストラン、グッドストーン・イン・アンド・レストラン
詳細を表示
さらに調べる