Skip to main content
ネバダ州ライオライトのデスバレー東端にあるゴーストタウンの廃墟
1 / 1
  • 州:
    ネバダ州

ゴーストタウンと幽霊、エイリアンの目撃情報多数

廃墟から未解決のミステリー、超常現象まで、ネバダ州シルバートレイルテリトリーでは、別世界が体験できます。デスバレー国立公園(Death Valley National Park)をはじめ、美しい州立公園が充実したこの地域は、奇妙な美しさを醸し出す背景が、謎に満ちた魅力を放ちます。エクストラテレストリアルハイウェイの旅で、荒涼とした埃っぽい砂漠の道の先にある体験を目指してみませんか。

ゴーストタウンに寄り道

1800 年代半ば、ネバダ州は金と銀で一攫千金を狙う人々であふれていました。鉱床が枯渇すると、鉱山の町は一夜にして消え去りました。廃墟ファンはカメラと想像力を駆使して大忙し。お目当てはゴーストタウンのライオライト、銀行、列車倉庫、5 万本のビール瓶と酒瓶で建てられた家、そして「最後の晩餐」をコンセプトにした不気味なオブジェなどが集まるゴールドウェル・オープン・エア美術館(Goldwell Open Air Museum)です。ベルモントへも足を運んでみましょう。鉱山労働者のキャビンやモニターベルモントミル(Monitor-Belmont Mill)の古い煙突、1876 年当時の姿を残すネバダ州の歴史的建造物、裁判所が見ものの半ゴーストタウン的な街です。近くにある人口 125 人の「生きる」ゴーストタウン、マンハッタンでは、倒れそうな銀行の建物の中にあるスチールのボールトと、ベルモントから盗まれたとされる木造の協会に注目しましょう。

ゴールドウェル・オープン・エア美術館で楽しめる「最後の晩餐」をコンセプトにした不気味なアート作品

ゴールドウェル・オープン・エア美術館で楽しめる「最後の晩餐」をコンセプトにした不気味なアート作品
詳細を表示

砂漠のミステリー

人が住まない広大な砂漠の風景は、人を神秘にいざなう何かがあります。1920 年代から探鉱者と鉱山労働者は、地下墓地やミイラ、古代の人々が住んでいたという謎に満ちた街があるトンネル網の存在を主張してきました。先住民族のパイウート族でも、似たようなストーリーが語り継がれてきました。それが砂漠の地下王国、シンアウアヴ(Shin-au-av)の伝説です。デスバレーには、さらに離れた場所に、干上がった広大な湖底であるレーストラックプラヤ(Racetrack Playa)があります。その表面に格子状の跡を残す「動く石」は、大きいもので重さ 300 キロあり、ひび割れた湖底を移動する不思議な現象で知られています。

ゴールドフィールドの不気味な路傍アトラクション、インターナショナル・カー・フォレスト

ゴールドフィールドの不気味な路傍アトラクション、インターナショナル・カー・フォレスト
詳細を表示
ネバダ州への旅

心霊ホテルを訪問

本格的な西部開拓時代のフロンティア、ネバダ州ピオッシュ。ここを訪れたら、トラベルチャンネル(Travel Channel)の TV シリーズ「ゴーストアドベンチャーズ」(Ghost Adventures)で特集されたオーバーランドホテル&サルーン(Overland Hotel & Saloon)を訪れてみてください、あの世の霊に出会えるかもしれません。1902 年にゴールドフィールドで金が発掘されると、ピオッシュはネバダ最大の都市に成長します。今や住む人々もまばらですが、閉鎖してずいぶん経つゴールドフィールドホテル(Goldfield Hotel)は、幽霊の出現を待ち望む超常現象マニアに人気です。

砂漠の高地にあり、かつて鉱山の町であったトノパーにある 1907 年設立のミツパホテル(Mizpah Hotel)も、「ゴーストアドベンチャーズ」で特集されたスポットです。今も心霊スポットと噂されていますが、今日のミツパホテルは、最新の設備と当時を美しく再現したエレガンスで人々を魅了します。トノパーの真っ暗な夜空と鉱山の歴史、近隣のゴーストタウンを楽しむのに最適な拠点です。

心霊スポットとして有名なミツパホテルは改装されたばかりの歴史あるホテル

心霊スポットとして有名なミツパホテルは改装されたばかりの歴史あるホテル
詳細を表示

エクストラテレストリアルハイウェイの旅

厳重警備のトップシークレット、エリア 51(Area 51)は、何十年もエイリアンの陰謀で騒がれてきた米空軍基地です。エクストラテレストリアルハイウェイとも呼ばれる州道 375 号線を進めば、近くまで行くことができます。ゴーストタウンのクリスタルスプリングス(Crystal Springs)からまた別のゴーストタウン、ウォームスプリングス(Warm Springs)を結ぶ 158 キロメートルの道は、エリア 51 の郊外につながり、その隔絶された道の脇には、小さな砂漠の開拓地が散在します。「世界の UFO の都」とも呼ばれるレイチェルに寄って、リトルエイリアン(Little A’Le’Inn)のエイリアンバーガーを注文してみましょう。地元の人に、ET 体験のことをきいてみれば、このエリアに彼方から何度も来訪者が訪れていることが確信できるはず。

エイリアンにインスピレーションを受けた有名な脇道の象徴的な看板

エイリアンにインスピレーションを受けた有名な脇道の象徴的な看板
詳細を表示

アクセス方法

ラスベガス・マッカラン国際空港(LAS)またはリノ‐タホ国際空港(RNO)への国際線を予約したら、レンタカーで目的地を目指しましょう。

さらに調べる
緑豊かな森に囲まれた紺碧の湖

旅行先

レイクタホ