Skip to main content
セント・パトリック・デイの 祭典を楽しめるアメリカの 5 大スポット

カリフォルニア州、ニューヨーク州、マサチューセッツ州、イリノイ州、ジョージア州

セント・パトリック・デイの 祭典を楽しめるアメリカの 5 大スポット

提供: Valerie Conners

1 of 1
  • States:
    カリフォルニア州
    ニューヨーク州
    マサチューセッツ州
    イリノイ州
    ジョージア州

3 月 17 日は、アメリカ中の町が緑一色に変わります。でも驚かないでください。

毎年この日は、アイルランドの伝統を受け継ぐ人達だけでなく、それ以外の人々も、緑色の服を着てパレードや祝祭に参加します。エメラルドグリーンに染めたベーグルやミルクセーキを食べたり、大量のビール(緑色のビールまであります)を飲んだりして、アイルランドの文化を祝います。

イリノイ州シカゴ

シカゴは、アイルランドの伝統を真摯に受け止めています。川を緑色に染めてしまうほどです。

こうしたイベントは、必ず土曜日に行われます。 シカゴ川(Chicago River)が緑色に染まるとパレードが始まり、バグパイプ奏者、アイリッシュダンサー、クライズデール馬が登場します。パレードが終わると、グラントパーク(Grant Park)とディビジョンストリート(Division Street)の周辺エリアで、陽気にはしゃぐストリートパーティーが大々的に始まるのが恒例となっています。

お勧めのアイリッシュパブ:ゴールウェイアームス(Galway Arms)。 伝統的なアイルランドの料理や飲み物のほか、アイルランド音楽の生演奏を楽しめます。

セント・パトリック・デイには、 毎年大勢の人がシカゴ川周辺に集まり、エメラルドグリーンに染まった川を眺めます。

セント・パトリック・デイには、 毎年大勢の人がシカゴ川(Chicago River)周辺に集まり、エメラルドグリーンに染まった川を眺めます。
詳細を表示

カリフォルニア州サンフランシスコ

毎年 10 万人を超える人々が、サンフランシスコの セント・パトリック・デイ・フェスティバル&パレード(St. Patrick's Day Festival and Parade)に参加しています。 祝日前の週末に行われる 2 時間のパレードには、フロート車、アイリッシュダンスの舞踏団、バグパイプ奏者、その他の楽器奏者が登場します。 また、昔ながらの消防車に乗ったブラーニー消防署(Blarney Fire Department)の消防士たちも登場します。

音楽の生演奏、アイルランド料理のほか、ビールも十二分に楽しめます。 余力があれば、ぜひ、 セント・パトリック・デイ・パブクロール(St. Patrick's Day PubCrawl)にも参加してください。マリーナ(Marina)やユニオンストリート(Union Street)沿いにあるバーで、特製ドリンクを楽しめます。

お勧めのアイリッシュパブ:ジ・アイリッシュ・バンク(The Irish Bank)。 ダウンタウンの狭い路地の奥にあり、 毎年、セント・パトリック・デイのブロックパーティーが開催されています。

ジョージア州サバンナ

南部に位置する港湾都市サバンナでは、1824 年以来、 セント・パトリックに敬意を表したイベントが数週間にわたって開催されています。これらのイベントは、3 月 17 日のパレードでクライマックスを迎えます。 草で覆われた街の広場に何十万人もの人々が集まり、テーブルや椅子をセットして、フォーサイスパーク(Forsyth Park)の緑色の噴水を楽しみます。

パレードが終わっても、サバンナの多くのアイリッシュパブでは、パーティーが夜明けまで続きます。

お勧めのアイリッシュパブ:ケビンバリーズ(Kevin Barry's)。 アイルランド音楽の生演奏やギネスで煮込んだブリスケットを楽しめます。

ジョージア州のサバンナで数週間にわたって開催される セント・パトリック・デイの祭典は、ストリートパーティーでクライマックスを迎えます。

ジョージア州のサバンナで数週間にわたって開催される セント・パトリック・デイの祭典は、ストリートパーティーでクライマックスを迎えます。
詳細を表示
Visit Savannah

ニューヨーク州ニューヨーク市

1762 年以来、ニューヨーク市では、 セント・パトリック・デイを緑色で埋め尽くして祝っています。 ここで毎年行われるホリデーパレードの規模は世界最大級です。15 万人が参加し、5 番街の沿道は、2 百万人以上の見物客で埋め尽くされます。

ボランティアによって運営されるこのパレードには、バグパイプ奏者やアイリッシュ・ステップ・ダンサー、警察官、消防士、学校の楽団などが登場します。 パレードが終わったら、ニューヨーク市にたくさんあるアイリッシュパブへ向かいましょう。

お勧めのアイリッシュパブ:マクソアリー・オールド・エール・ハウス(McSorley's Old Ale House)。 市で最も古い歴史を持つアイリッシュパブ。ライト・ハウス・エールとダーク・ハウス・エールの 2 種類の本格的なビールを提供することで有名です。

マサチューセッツ州ボストン

ボストンのセント・ パトリック・デイの祭典は、もはや伝説的と言えます。 ボストンにはアイルランドの伝統と誇りが根深く息づいており、全市民の約 4 分の 1 が、アイルランド人の祖先を持つと言われています。

この日を祝う祭典は数週間前から始まることが多く、アイリッシュバンドのコンサートやアイルランド映画祭のほか、アイリッシュバーや地元の醸造所でパーティーが催されます。その代表的なものが、 ハープーン・セント・パトリック・フェスティバル(Harpoon St. Patrick's Festival)です。 セント・パトリック・デイのパレードは、 サウスボストンで開催されます。大勢の人が訪れるため、開催日はたいてい週末です。 百万人にも及ぶ人々が沿道に連なり、アイルランドとアメリカ双方の国を代表するフロート車やマーチングバンド、バグパイプ隊を見物します。 アイルランドからやってきたエルビス・プレスリーのそっくりさんに、ばったり出くわすこともあります。

お勧めのアイリッシュパブ:ブラックローズ(Black Rose)。 アイルランド国旗が壁を飾る店内で、生演奏の賑やかな歌の集いに出くわすかもしれません。

さらに調べる