Skip to main content
セドナの渓谷を歩くエド・メル

アリゾナ州

アーティスト、エド・メルの目を通して見るアリゾナ州セドナ

1 / 1
  • 州:
    アリゾナ州

アリゾナ州出身のアーティスト、エド・メルは、鉛筆を握れるようになるとすぐに絵を描き始めました。

アウトドアでは影を追いかけ、スケッチをしながら、屋内では目にした自然の力を色と形を劇的に誇張してキャンバスにとらえながら、両方で時間を過ごしました。

アリゾナ州の風景を描く

アリゾナ州フェニックス出身のメルが最初に名をあげたのは、ニューヨーク市でコマーシャルアーティストとしてでした。息をつく暇もない都会の生活から逃れたいと思い、1970 年にアリゾナ州北部のホピインディアン居留区で教職を得ました。

アリゾナ州のコロラド高原で過ごしたことで、愛する故郷と再びつながりを持つようになり、作品でその地形を表現し始めました。 徐々に絵の具を使用して、見たものを描くことが多くなりました。 1978 年までに、風景画家としての彼の運命が築かれました。

メルは、有機顔料の平行な筋が多くを占める風景に印象的な雲がかかる構図の作品によって、美術史における地位を獲得しました。 アリゾナ州の 100 周年公式記念切手の絵も描きました。 彼の名は今や荒涼とした南西部の代名詞になっており、 彼の絵画は世界中のギャラリーやプライベートコレクションで飾られています。

そのような業績の一方で、メルは時折、目にした美しさをどうしたら描くことができるかという考えに取りつかれていら立つことがあります。 メルは、多くの偉大な画家がそうであるように、光と色をいかに理解していようとも、常にもう 1 つ上の次元、つまり雰囲気というものを把握する必要があると考えています。 それは、一般の人には予測し得ない領域です。

アーティスト、エド・メルの目を通して見るアリゾナ州セドナ

アーティスト、エド・メルの目を通して見るアリゾナ州セドナ
詳細を表示
さらに調べる