Skip to main content
ワイン生産者、マリア・ポンジーの目を通して見るオレゴン州のウィラメットバレー
1 / 1
  • 州:
    オレゴン州

ポンジーワイナリーは 1970 年にマリア・ポンジーの両親によって設立されました。

父親は機械技師、母親は教師をしていました。 むき出しの情熱と大胆なビジョンを持つというのがポンジー一家の際立った特徴です。そのため、結果的に物事がポンジー一族にとって良い方向に進む傾向があります。

オレゴン州のウィラメットバレー - マリア・ポンジー

ポンジーの両親はワイン生産業を熟知していませんでしたが、ワールドクラスのピノノワールを生産するという新たな夢を追い求めることを決意しました。 一家はブドウを植える小さな土地を探し始めました。 正規の研修を受けていなかったものの、質の高いピノノワールには涼しくて湿気のある気候が不可欠であることを知っていました。 そこで、オレゴン州ポートランドの南西の一画を購入し、ポンジーが 3 歳のときにカリフォルニア州から、緑溢れる肥沃な土地ときらめく河川が続く温暖なウィラメットバレー(Willamette Valley)に移り住みました。

一家が選んだ場所には以前イチゴ農園があったため、土壌は肥えており、 ブドウは順調に成長しました。 一家はオレゴン州で他の人々に先駆けてピノノワールを植え、一家の事業は成長していきました。

ポンジーはワイン業界でずっと働き続けてきました。 姉妹で 1990 年代初頭から両親の事業を引き継いで経営しています。 2 人は、誠実と持続可能性という両親の創業理念を維持し、反映させるつもりだと語っています。

 

関連トピック:

さらに調べる