Skip to main content
チャールストンの FIG

サウスカロライナ州

サウスカロライナ州の料理界のスター:8 人のシェフと一度は訪れたいレストラン

提供: Samantha Crespo

Andrew Cebulka
1 の 1
  • 州:
    サウスカロライナ州

サウスカロライナ州では、新鮮で豊富な食材が、昔ながらの地元の伝統料理にインスピレーションを与え、おいしい名物料理が生み出されてきました。

近年、州全域でこの伝統をベースに、独自のスタイルと独創的なレシピが特徴のレストランで豊かな才能を発揮し、食事を楽しんでもらおうというシェフが増えています。 ご紹介する 8 名のシェフは、いずれも栄誉あるジェームズ・ビアード財団アワードの受賞者。州内の 4 つの地域のおすすめレストランを旅行者に紹介することを目的に設けられたサウスカロライナ州シェフ・アンバサダー・プログラムのメンバーでもあります。

ショーン・ブロック

チャールストンにあるマクレイディーズのシェフ/パートナー
ジェームズ・ビアード財団最優秀シェフ:2010 年南東部

州内の生産者から調達した食材や屋上の自家庭園の収穫物を生かすため、ショーン・ブロックのメニューは毎日変わります。 真っ赤な地元産ジミー・レッド・コーンを添えた牡蠣のポシェのように、伝統と独創性の融合を得意としています。

シェフのショーン・ブロックはレストランの屋上庭園や、サウスカロライナ州内の生産者から仕入れた食材を用いて、インスピレーション溢れる、新鮮で伝統的な料理を生み出しています。

シェフのショーン・ブロックはレストランの屋上庭園や、サウスカロライナ州内の生産者から仕入れた食材を用いて、インスピレーション溢れる、新鮮で伝統的な料理を生み出しています。
詳細を表示
詳細情報

ラモーン・ディッカーソン

コロンビアにある 2 ファット 2 フライズ・ウィング・シティのシェフ
2016 年サウスカロライナ州シェフアンバサダー

ラモーン・ディッカーソンは、サウスカロライナ産の骨付き手羽肉に端を発し、ハラペーニョとベーコン、チェダーチーズを混ぜた風味豊かなスタッフィングを手羽肉に詰めることを考え付きました。 彼のレストランやフードトラックでは、美味しく気軽に食べられる料理が味わえます。

コロンビアにあるラモーン・ディッカーソンの 2 ファット 2 フライ ウィング シティ(2 Fat 2 Fly Wing City)は、名物の鶏の手羽肉を使った豊富なメニューと美味しいサイドメニューが自慢です。

コロンビアにあるラモーン・ディッカーソンの 2 ファット 2 フライ ウィング シティ(2 Fat 2 Fly Wing City)は、名物の鶏の手羽肉を使った豊富なメニューと美味しいサイドメニューが自慢です。
詳細を表示
詳細情報

マイク・ラタ

チャールストンにあるジ・オーディナリーおよび FIG のシェフ/パートナー
ジェームズ・ビアード財団最優秀シェフ:2009 年南東部

地元人気の高い 2 軒のレストランに携わるマイク・ラタは漁師、農家、生産者と協業して、オイスターバーとシーフードホールを併設した活気のあるレストラン、ジ・オーディナリー(The Ordinary)をオープンさせました。 伝統的な魚のフライ、磯の香りがする生牡蠣、サクサクのロックシュリンプなどあらゆるメニューが揃っています。

チャールストンにあるマイク・ラタのレストラン、ジ・オーディナリーでは、伝統と独創性が融合した極上のシーフードが堪能できます。

チャールストンにあるマイク・ラタのレストラン、ジ・オーディナリーでは、伝統と独創性が融合した極上のシーフードが堪能できます。
詳細を表示

オーキッド・ポールマイアー

ヒルトンヘッドアイランドにあるワン・ホット・ママズ・アメリカン・グリルのシェフ
2016 年サウスカロライナ州シェフアンバサダー

オーキッド・ポールマイアーが作る料理は、サウスカロライナ州とハワイの味覚の融合。プルドポーク、ジューシーなハンバーガー、ソースたっぷりの手羽先などご馳走がてんこ盛りのコンフォートフードを得意としています。 パイナップル、生姜、醤油でマリネしたマウイウォウィイをぜひお試しあれ。 >

ワン・ホット・ママズ・アメリカン・グリル(One Hot Mama’s American Grille)のオーキッド・ポールマイアーは、風味豊かなコンフォートフードにハワイ風味のアクセントを加えています。

ワン・ホット・ママズ・アメリカン・グリル(One Hot Mama’s American Grille)のオーキッド・ポールマイアーは、風味豊かなコンフォートフードにハワイ風味のアクセントを加えています。
詳細を表示
Michael Hrizuk
詳細情報

フォレスト・パーカー

マウントプレザントにあるオールド・ヴィレッジ・ポスト・ハウスのシェフ
2016 年サウスカロライナ州シェフアンバサダー

サウスカロライナ州で生まれ育ち、地元で料理の修行を詰んだパーカーが作る料理には、この土地ならではの味が生かされています。 獲れたての新鮮なエビやカニがたっぷり詰まったオムレツをブランチにいかがでしょうか。 ディナーには、ポークチョップのピメントチーズグリッツ添えがおすすめです。

サウスカロライナ州で生まれ育ったシェフ、フォレスト・パーカーはマウントプレザントにあるオールド・ヴィレッジ・ポスト・ハウス(Old Village Post House)で、シュリンプ&クラブオムレツのように新鮮な地元の食材を使用した料理を提供しています。

サウスカロライナ州で生まれ育ったシェフ、フォレスト・パーカーはマウントプレザントにあるオールド・ヴィレッジ・ポスト・ハウス(Old Village Post House)で、シュリンプ&クラブオムレツのように新鮮な地元の食材を使用した料理を提供しています。
詳細を表示

ジェイソン・スタンホープ

チャールストンにある FIG のエグゼクティブシェフ
ジェームズ・ビアード財団最優秀シェフ:2015 年南東部

ジェイソン・スタンホープは、ゴールデンレーズンと松の実入りマテガイのマリネといった新しい名物料理を FIG で生み出しています。 地元の農家から調達する在来作物や自家製パスタなど、上質な食材へのこだわりが特徴です。

チャールストンにある FIG のシェフ、ジェイソン・スタンホープが作る極上のサラダやオリジナルのメインディッシュの付け合わせには、在来作物が使われています。

チャールストンにある FIG のシェフ、ジェイソン・スタンホープが作る極上のサラダやオリジナルのメインディッシュの付け合わせには、在来作物が使われています。
詳細を表示

ロバート・スティーリング

チャールストンにあるホミニーグリルのシェフ/オーナー
ジェームズ・ビアード財団最優秀シェフ:2008 年南東部

ホミニーグリル(Hominy Grill)の料理は、地元産の旬の食材を使い、ロバート・スティーリングがすべて手作りしています。柔らかなさやえんどう豆と濃厚なチーズ入りグリッツを乗せた野菜プレートや、シェリー酒入りのシー・クラブ・スープなど、昔ながらのチャールストン料理がおすすめです。

チャールストンにあるロバート・スティーリングシェフのレストラン、ホミニーグリルでは、伝統的なメニューにヒントを得た手作りの料理が味わえます。

チャールストンにあるロバート・スティーリングシェフのレストラン、ホミニーグリルでは、伝統的なメニューにヒントを得た手作りの料理が味わえます。
詳細を表示
詳細情報

テリィ・ヤングブラッド

グリーンビルにあるパスレルビストロのシェフ
2016 年サウスカロライナ州シェフアンバサダー

バーカウンターに座り、テリィ・ヤングブラッドがサウスカロライナ料理にフランスのアクセントを加えている様子を眺めてみましょう。ブリーチーズとラタトゥイユのそばクレープ包みや、チョコレートガナッシュとチョコレート・ヘーゼルナッツ・ジェラートを添えたバナナ・ブレッド・プディングなどはその代表です。

グリーンビルにあるパスレルビストロ(Passerelle Bistro)のシェフ、テリィ・ヤングブラッドは伝統的な料理にフランス料理のアクセントを加え、さらに現代的なひねりをきかせた料理を生み出しています。

グリーンビルにあるパスレルビストロ(Passerelle Bistro)のシェフ、テリィ・ヤングブラッドは伝統的な料理にフランス料理のアクセントを加え、さらに現代的なひねりをきかせた料理を生み出しています。
詳細を表示
Getz Creative

アクセス方法

サウスカロライナ州へのアクセスは簡単です。ジョージア州のハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港およびサバンナ/ヒルトンヘッド国際空港、ノースカロライナ州のシャーロットダグラス国際空港などの主要空港から直行便または経由便を利用できます。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ