Skip to main content
サウスカロライナ州チャールストンで過ごす 72 時間

サウスカロライナ州

サウスカロライナ州チャールストンで過ごす 72 時間

1 の 1
  • 州:
    サウスカロライナ州

限られた時間でサウスカロライナ州チャールストンを楽しむには。

ご心配にはおよびません。 この旅行ガイドには、魅力あふれるこの都市を満喫するのに必要な地元の風景や飲食店の情報が満載です。 サウスカロライナ州チャールストンで 72 時間過ごす方法はこちら。

1 日目

午前: アッパー・キング・ストリート・デザイン地区の石畳の歩道をそぞろ歩き。 ここは、個性的なアートショップやレストラン、バーのメッカです。 古びたレンガ造りの舗道をオークの大木が覆う、 チャールストン大学(College of Charleston) のキャンパスで朝の散歩を締めくくりましょう。

午後: レトロなブティックや素朴なアンティークショップが軒を連ねるキングストリートでショッピング。 どの角を曲がっても、他では味わえない唯一無二の体験が待っています。 建築当時の姿を残す尖塔と凝ったデザインのステンドグラスの窓が特徴の セント ミカエル教会(St. Michael’s Church)は、この聖なる市で最古の歴史を誇ります。

夜: ミーティングストリートにあるコメディの中枢、シアター 99(Theatre 99)では、「退屈は死すべし」が合言葉。地元のカンパニーやアップライト・シチズンズ・ブリゲードなどのスペシャルゲストによる即興コントのライブショーが夜ごと上演されます。

建築当時の姿を残す尖塔と凝ったデザインのステンドグラスの窓が特徴のセント ミカエル教会は、この聖なる市で最古の歴史を誇ります。

建築当時の姿を残す尖塔と凝ったデザインのステンドグラスの窓が特徴のセント ミカエル教会は、この聖なる市で最古の歴史を誇ります。
詳細を表示

2 日目

午前: ラベネル橋(Ravenel Bridge)を渡ってマウントプレザントのオールドヴィレッジ(Old Village)へ。サリバンズアイランドへ行く前に腹ごしらえを済ませましょう。 極上のビーチスポット、ステーション 22(Station 22)で、防波島の澄んだ青い海岸線をバックに至福のリラックスタイムを楽しむことができます。  海沿いの散歩で見つかる貝殻やタコノマクラは、潮の満ち引きで取り残された、波の置き土産です。

午後: ビーチ気分のままシェムクリークに立ち寄り、パドルボードでローカントリーの河口をセーリング。 運が良ければ、釣り船からエサのおこぼれに預かろうと集まってくるイルカたちに出会えるかもしれません。

夜: モリソン通り出口で橋を降り、 エドムンドオースト(Edmund’s Oast)を目指します。ここは、伝統的な南部料理が味わえるおしゃれなガストロパブ。 素朴なシャンデリア、長い共同テーブル、そしてオープンキッチンが、シックで控えめな内装をより一層引き立てています。

ナイトキャップにおすすめなのは ザ・ロイヤル・アメリカン(The Royal American)。 円形カウンターにカラフルなビーズや紙テープ、壁には過ぎし日のダンディなアメリカ人を称えるかのように、ヴィンテージのシルクハット、ジョージ・ワシントンやスティーブ・マックイーンなどの似顔絵がところ狭しと飾られています。 

ラベネル橋を渡り、マウントプレザントのオールドヴィレッジへ。サリバンズアイランドへ行く前に腹ごしらえを済ませましょう。

ラベネル橋を渡り、マウントプレザントのオールドヴィレッジへ。サリバンズアイランドへ行く前に腹ごしらえを済ませましょう。
詳細を表示

3 日目

午前: 1 日の始まりに、ビューフェンの ブラック・タップ・コーヒー(Black Tap Coffee) で濃厚なカフェラテか力強い風味のコーヒーを味わい、目指すは ブーン・ホール・プランテーション(Boone Hall Plantation)

スパニッシュモスが垂れ下がるオークの木々が等間隔でずらりと 2 列に並び、未舗装の道路を挟んで空中で絡み合う枝が、うだるような夏の日にも癒しの日陰空間を作り出しています。1681 年設立の このプランテーション は、アメリカで今も稼働するプランテーションの中で最も歴史が古く、最も有名と言っても過言ではありません。

午後: 車で 15 分先の ホーリー・シティ・ブルーイング(Holy City Brewing) で、町一番の地ビールに舌鼓。 数え切れないほどの種類のビールを取り揃え、そのうちいくつかには「ウォッシュアウトウィート」や「プラフ・マッド・ポーター」など、チャールストンローカントリーならではの名前が付いています。店内やテラスに席を陣取り、飲み物を片手に屋台グルメと音楽の生演奏をお楽しみください。

: 最後の夜は、始まりの場所、アッパー・キング・ストリートで締めくくりましょう。 この 10 年間、この界隈は聖なる市の飲み歩きスポットとして人気を集めてきました。「営業停止」を意味する店名の  CFB  は、豊富な種類のローテーションビールと懐かしく温かな雰囲気が魅力。スターズ(Stars) の屋上は、チャールストンを象徴するスカイラインを眺めながら、ビール三昧が楽しめるおしゃれなスポットです。

サウスカロライナ州チャールストンの名所についてもっと知るには、こちらをご覧ください

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ