Skip to main content
ルイジアナ州ニューオーリンズ(New Orleans, Louisiana) 一度は食べたい伝統料理 10 選

ルイジアナ州

ルイジアナ州ニューオーリンズ(New Orleans, Louisiana) 一度は食べたい伝統料理 10 選

提供: Samantha Crespo

1 の 1
  • 州:
    ルイジアナ州

ルイジアナ州ニューオーリンズ(New Orleans, Louisiana)の文化は、この街でしか体験できない完全なオリジナルです。

建築や音楽から食べ物や飲み物に至るまで、並ぶもののない独自性を誇り、それが訪れるものにとって魅力となっています。 街に根付くケイジャンとクレオールの文化と地元で獲れる新鮮なシーフードがこの街の魅力です。歴史あるレストランから、シェフが伝統料理を再解釈したモダン料理を味わえるダイニングまで、さまざまな影響が融合したおいしい料理に出会うチャンスがあります。 それでは、一度は味わっていただきたい 10 種類のお勧め料理をご紹介しましょう。

1. ガンボ

ガンボには、ニューオーリンズ(New Orleans)が受けた無数の文化的な影響が凝縮されています。’ 伝統的なレシピは、濃いルーにオクラを入れて煮立て、そこにエビ、カキ、カニ、鶏肉、アヒル肉、燻製ソーセージなどの肉を数種類追加します。それをライスの上にかけていただきます。

おいしい肉やシーフードに濃いルーが絡まり、際限のない味わい深さを楽しむことができる一品です。

おいしい肉やシーフードに濃いルーが絡まり、際限のない味わい深さを楽しむことができる一品です。
詳細を表示

2. ジャンバラヤ

この一皿料理には、さまざまな種類の肉やシーフードを使います。季節によっては、エビや、おいしいアリゲーターの肉が入っていることもあります。 長粒米を加えるとだしがよく染み込むため、風味とおいしさが増します。

ジャンバラヤは季節によって入れる具が変わる一皿料理です。 風味豊かな米に、エビやアリゲーターの肉が入っていることもあります。

ジャンバラヤは季節によって入れる具が変わる一皿料理です。 風味豊かな米に、エビやアリゲーターの肉が入っていることもあります。
詳細を表示

3. クロウフィッシュのエトフェ

この伝統料理の核になるのはやわらかいクロウフィッシュです。フランス語の名前が示すとおり、コショウが効いたスパイスのブレンドと、香り高いオニオン、ピーマン、ガーリックとともに蒸し煮にする料理です。 ライスの上にかけて供されると、米が旨みを吸収します。

4. ブレッドプディング

牛乳、卵、砂糖を混ぜた液にパンを浸してから焼き、バーボンの風味と甘さのバランスが絶妙なソースをその上にかけます。 ホワイトチョコレートで香り付けされたものや、ホイップクリームを乗せたものなど、豊富なバリエーションがあります。

5. レッドビーンズ&ライス

この料理は、日曜日のディナーでとっておいたジューシーなポークチョップと一緒に、月曜日に食べることが慣わしになっています。 シェフは 1 日かけて豆を煮て、たっぷりのソーセージやきつね色に揚がったフライドチキンと共にテーブルに並べるという手順を守っています。

ニューオーリンズ(New Orleans)名物のおいしいレッドビーンズ&ライスを作るコツとは? それは豆を 1 日かけて煮込むことです。

ニューオーリンズ(New Orleans)名物のおいしいレッドビーンズ&ライスを作るコツとは? それは豆を 1 日かけて煮込むことです。
詳細を表示

6. バナナフォスター

ブレナンズ(Brennan’s)は、このデザートを発明した功績のあるレストランです。シナモン、ダークラム、バナナリキュールを混ぜてバナナにかけ、アイスクリームを添えて供されるフランべしたデザートです。 今では、ニューオーリンズ(New Orleans)中の上品なレストランでこのデザートを味わうことができます。

フランベされたバナナ、シナモンとラムの贅沢なコンビネーションにアイスクリームを添えたデザートは、ニューオーリンズ(New Orleans)中の上品なレストランでも楽しめます。

フランベされたバナナ、シナモンとラムの贅沢なコンビネーションにアイスクリームを添えたデザートは、ニューオーリンズ(New Orleans)中の上品なレストランでも楽しめます。
詳細を表示

7. 茹でたクロウフィッシュ

カウンターで注文するレストランや市場、またはテイクアウトできる店を探しましょう。 そのような場所を探すときに頼りになるのが自分の嗅覚です。 それぞれの店独自の配合とピリッとした調味料で茹でるクロウフィッシュの香りが漂っていたら、素通りすることは不可能です。

8. オイスターの炭火焼

オイスターバーやカフェ、特に元祖ドラゴズ(Drago’s)では、殻付きのオイスターを炭火で焼き、バター、ガーリック、ハードチーズを混ぜたソースをトッピングして食べます。スモークの香りと塩気が絶妙にマッチした料理です。

9. ベニエ

正方形の生地をどのようにしたらルイジアナ州(Louisiana)に伝わるおいしいお菓子になるのでしょうか。 生地を油で揚げると、ベニエができます。外はサクサク、中はもちもちのベニエに粉砂糖をかけていただきます。 1 日を通じて食されるこのおやつは、アカーディアン(ケイジャン)のフランス入植者がこの地にもたらしたものです。

ベニエは 1 日のうち時間帯を問わず食されるペストリーです。 甘いベニエのお供には、チコリがブレンドされた濃い目のコーヒーをどうぞ。

ベニエは 1 日のうち時間帯を問わず食されるペストリーです。 甘いベニエのお供には、チコリがブレンドされた濃い目のコーヒーをどうぞ。
詳細を表示

10. カクテル

ニューオーリンズ(New Orleans)はカクテル文化が盛んです。いくつかのカクテルはこの地が発祥だとされており、それを最初に作ったバーもあります。 ザ・カルーセルバー(The Carousel Bar)でヴューカレをロックで注文して、積極的に研究を始めましょう。

アメリカのいくつかの定番カクテルを生み出した街、ニューオーリンズ(New Orleans)で乾杯しましょう。

アメリカのいくつかの定番カクテルを生み出した街、ニューオーリンズ(New Orleans)で乾杯しましょう。
詳細を表示

アクセス方法

ニューオーリンズ(New Orleans)のルイアームストロング国際空港(Louis Armstrong International Airport)は街の中心部から 20 分の場所にあります。 空港から市内へは、タクシー、空港シャトル、またはリムジンのレンタルで容易に移動できます。 空路でニューオーリンズ(New Orleans)に入る場合は、ヒューストン(Houston)、ダラス(Dallas)、アトランタ(Atlanta)、シカゴ(Chicago)、ニューヨーク(New York)、マイアミ(Miami)経由の乗り継ぎ便を利用します。 

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ